ピンサロバカ一代~素人童貞のピンサロ紀行~

素人童貞だけど女好き。だから風俗へ行く。でもお金がない。だからピンサロ1本勝負!

素人童貞だけど、そんな事を悲観せず前向きに生きる男の生き様を描いた物語。主にピンサロに関する体験、妄想、思考を基に、その地域情報を含め、くだらない話から役立つ情報まで広く浅く網羅していきます。
ピンサロ探検隊

ホテル型

ピンサロの未来がここにある!秋葉原ホテル型サロン『カワイイハイスクールリターンズ 秋葉原校』神速体験談-進化型プレイ編-

素人童貞ピンサロ

 事前行為編はコチラ

 こんにちわ。バカイチです。

 今日は昨日に引き続き、新型サロン・ホテル型ピンサロ『カワイイハイスクールリターンズ 秋葉原校』のお店体験記をご紹介いたします。

  前回は「事前行為編」としてこれまでの受付に該当する一連の流れをご説明いたしました。

  電話予約からレンタルルームへの移動。そしてルーム到着の報告。レンタルルーム内の写真も公開しました。

  今回はこのルーム内で行われたプレイを通じ、ホテル型ピンサロの魅力を伝えると共に浮き彫りになった問題店も合わせて考察していきたいと思います。

 では参りましょう。

 「ピンサロの未来がここにある!秋葉原ホテル型サロン『カワイイハイスクールリターンズ 秋葉原校』神速体験談-進化型プレイ編-」

  
 ルーム内は蒸し暑かった。暖房がついているというわけでもなくとても暑かった。

 隣の部屋から楽しげな声が聞こえる。声と一緒に水音も聞こえる。どうやらシャワーを浴びているようだ。

 私もその気になればシャワーを浴びることができる。嬢が来る前にポコチンをキレイにすることができる。だが、やめておいた。

  余計なことをすることで過剰サービスを求められると構えられたくないし、無用な詮索もされたくない。それに前もってキレイにしてきている。

 私はベッドに座り正面を見据える。ベッドと同じ高さに鏡が設置されている。これは使える。間違いなく使える。責めている姿を映すも良し、責められている姿を映すも良し。

 嬢のアへ顔、フェラ顔、体つき。色々と使えるであろう。

 今はおっさんがひとり映っているだけだが、もう少しすれば…。

 それにしても暑い。あまりの暑さに冷房を入れた。テレビのリモコンを見つけたので電源をいれたみた。DVDが自動起動し、AVが流れた。

 前の人が見ていたのだろうか…。

 相当な熟女ものだった。

 嬢はまだ来ない。5分ほどで来るといっていたが、もうすぐ10分が経つ。レンタルルームは30分。プレイ時間も30分。今入室してから約10分が経つ。

 延長料金が頭をよぎる。と、同時にホテル型の問題点を発見。

 待ち合わせ型であればこの手の問題は起こらない。しかし、先入室のスタイルであれば前のお客の遅延行為や嬢の準備スピードによりルーム時間がオーバーしてしまう。

 現に今既に10分過ぎている。

 そもそもプレイ時間30分に対してルーム時間30分というのは、いったいどういう計算か。

 あれやこれやと考えていたら…
  
 「○○○号室に行きます」

 との声が聞こえてきた。

 (きたか!?)

 とっさに身構える。ドアの向こうからガサガサとした音がきこえる。店舗型に置き換えるならば、さしずめ案内のマイクアナウンスといったところか。

 ノックが鳴る。開ける。元気よく嬢が飛び込んできた。コートにローファ。紺のソックス…ときたら中は当然制服。尋ねてみると…

 「ジャジャーン!」

 との効果音つきで白いセーラー服が露になった。

 嬢の手にはカゴ。中にはボトルに入ったアルコール液とおしぼりが数枚入っていた。はっきりとは確認できていないがローションらしきものもあったと思う。

 嬢は「鏡恥ずかしいねー」といい部屋の照明を暗くする。瞬く間に暗くなる。ちょうど『旧カワハイ』程度の暗さになった。

 (なるほどこういうのも自由か。明るさも個人の自由に選べる)

 冷静に考えれば当たり前のことであるが、店舗型サロンに慣れきっていた私にはとても新鮮なことに思えた。

 明るさを整えたところで、嬢は私の横に座り、手を握り「あったか~い」といいながら密着してキス。そしてハグ。その流れで上に跨る。

 この流れはまさにピンサロ。シャワーを浴びるとか、部分的に洗浄するとか、それを匂わせるとか、そういった行為は一切ない。ホテル型であるが、あくまでもピンサロ。Noシャワー。これが基本。

 プレイも(D)キス、相互タッチ、乳揉み、舐め、耳舐めなどあり。脱衣に関しても当然に全裸。なんたって個室、なんたって密室、なんたって二人きり。もちろん嬢も全裸だった。

 ただし、これは「決まり(確約)」ではないと思う。

 おそらくは「そう」だと思うが、今回の嬢はノリが良すぎた。また後で分かったことだが、ホテヘル経験があるため「密室全裸」に抵抗がなかったと思われる。

 ゆえに嬢全裸に関しては、相手の意志を尊重して対応してほしい。

 では話を先へ。

 互いに全裸になったところで、愚息を消毒。そして完全に横になった状態でフェラが始まる。ベッドに仰向け。正真正銘のマグロ。嬢は私の足元で四つん這い状態になりフェラをする。

 体全体を動かすダイナミックなフェラ。唾液たっぷり。ジュポジュポ、ジュポジュポと音を立てるもんだから、なんともエロイ。さらにそれに合わせてお尻を降るもんだから、これまたエロい。鏡越しにみるともっとエロい。
  
 時に乳首も舐めてくる。その際、乳が愚息に当たったりする嬉しいハプニングもあり。

 やはりプレイスペースに余裕があるのはいい。いつものプレイも体勢が変わればまた違ったものに思える。ということでせっかくだから私も責めてみることにした。

 嬢を抱き寄せ手マンを開始。軽く触れてみるといい具合に濡れている。嬢もいい声で鳴く。指を少し入れるだけで…

 「ダメダメ、私吹きやすいから!」
  
 との嬉しい言葉。

 これはやらねばなるまい!

 据え膳食わぬは男の恥。目の前に山があるから登る。マンがあるなら吹かせる。

 私は右手で嬢を抱き、左手で手マンを本格的スタート。さらにせっかくだからと、嬢を鏡の正面に据え、M字に開脚させ…

 「丸見えだよ」

 と、らしくない言葉責め。

 「恥ずかしいよぉ」

 嬉しい反応に手マンのリズムも加速する。呼応するように濡れ具合も加速する。いやらしい音が聞こえる。

 ピチャピチャっとした音からビチ、ビッチャビチャジュゥォと籠った音へと変わっていき、さぁ~いよいよだ!さぁ~いよいよだ!さぁこい!さぁこい!

 …… ……

 …… ……
  
 (まだか、まだかっ!)

 (ま、まだか。まだなのか…)

 チラっと嬢をみる。  
  
 (頑張ってくれている。必死で声を上げてくれている。申し訳ない)

 グチュグチュチュチュチュッチッチチュ…

 断念した。

 言い訳をさせていただくなら利き手ではない左手だったから…ということにしておいてほしい。そしてこの件についてはこれ以上触れないでほしい。男のプライドを守るためにも…。

 プレイは自然とフェラに戻った。壁にもたれ足を広げ、その間に入り生フェラ。さきほどと同じように身体全体を動かすアクロバティックな動き。身体を大きく動かすことでひねりを加え、さらに乳を意図的に触れさせる。

 テクニックは十分。それに見下ろす光景がまた素晴らしい。尻を振る仕草が例えようもなくエロイ。

 私は果てた。嬢は最後の一滴、いやそれ以上に吸い尽くしてくれた。その後、私優先の後処理を施してくれて、残り時間は全裸で密着。横になる私の上にピッチリと重なるように密着、談笑。

 すっかり萎えていたとはいえ、愚息と秘部のきわどい邂逅があるにはあった。

 この談笑時に「ホテヘル経験があること」「少なからず逸脱したサービスを求められること」「やはり店舗型のほうが安心であること」などを聞く。
 
 やはり密室、やはり個室。二人っきりという誘惑。監視がないという油断、企み、妄想。

 これぞホテル型の魅力といえば聞こえはいいが、この『カワハイR』あくまでもピンサロである。止む無くホテル型に移行したとはいえ、基本プレイ、基本ルール、モラルやマナーは店舗型とまったく同じ。

 ルームが広くなりプレイスペースが増大した。しかしそれは、プレイに余裕が出ただけであって逸脱行為の要求や本番の強要を是とする理由には断じてならない。

 繰り返しいうが、この『カワイイハイスクールリターンズ 秋葉原校』あくまでもピンサロ。“ホテル型”のピンクサロンなのだ。このことは絶対に忘れてはならないし、勘違いもしてはならない。拡大解釈、類推解釈もしてはならない。

 確かにプレイの自由度は増した。事前にシャワーを浴びることもできる。監視の目もない。

 だからといって必要以上の事が出来るかというと、そんな事は絶対にない。あってはならいし、求めてもならないし、強要するなど言語道断。

 ホテル型になったことで、ピンサロにおける基本ルールのなかでプラスアルファの自由が生まれた。

 明かりを調節できたり、音のない環境に集中できたり、鏡を使用できたり、寝てプレイできたり、その結果シックスナインが容易になったり、仁王立ちフェラが可能になったり…

 あくまでも基本はピンサロ。原理原則は店舗型と同じ。ただ、プラスアルファの自由が生まれただけ。

 ということで終了のタイマーが鳴る。時計を見ると入室から45分が経過している。もしかしたら延長料金を取られるかとおもったが、意外なことに受付の前は素通りだった。

 手を繋ぎエレベータに乗り、お別れのチューをして、駅前でバイバイ。
 
 これにて全行程が終了。ひとまず先日の事前行為編、そして本日の進化型プレイ編の二つを「ホテル型ピンクサロン『カワハイR』利用の手引き」として本日は了とさせていただく。

 次回、最後の一遍は全二作を通じた総括、そしてホテル型サロンの未来における個人的見解を述べてみたいと思います。

 それでは今日はこの辺で…。長々とお付き合いありがとうございました。


~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~
にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

ピンサロの未来がここにある!秋葉原ホテル型サロン『カワイイハイスクールリターンズ 秋葉原校』神速体験談-事前行為編-

素人童貞ピンサロ  

 こんにちわ。バカイチです。

 今日はお店体験記をお届けいたします。

 紹介するお店はコチラ。

 ピンサロの未来を測る試金石。度重なる行政指導により一念発起!堂々巡りの悪しき習慣を脱皮して、店舗型から無店舗型へ決死のモデルチェンジ。

 新風営法に未来を託す!

 ご存知、秋葉原ホテル型ピンサロ『カワイイハイスクールリターンズ 秋葉原校

 先日多忙の合間を縫ってやっと体験して参りました。

 受付のない無店舗型。スタッフ巡回はおろか常駐スタッフすらいないプレイルーム、完全密室。

 「ホテル型ピンサロ」

 この言葉に何かを期待する方もいるでしょう。思わぬハプニングを夢見る方もいるでしょう。逸脱行為を企む方もいるでしょう。

 お店の危惧しているところは、まさにそこ。

 無店舗型の罠というか監視の目が届かぬことへの不安。苛立ち。焦燥感。

 ルーム代が掛かる。移動時間による回転率の低下。嬢のモチベーション、給料体系、エトセトラ…。問題は山積みです。おそらく単純計算で売り上げ減は必死でしょう。が、お店サイドが気にしているのは経済的な面ではなく、経営的な面。

 ズバリ!ピンサロとして成り立つかどうか。密室内でピンサロの基本ルールが守られるか。女の子を守れるか。

 問われているのは、いや試されているのは、我々利用者のモラル。

 それを図るためのメンバーズオンリー。試験的営業だったのではと推測されます。本日11月25日をもってプレオープンは解除され、一般の新規客にも開放されるようになりました。

 そこで、今回は体験談を通じて利用におけるモラルはもちろん、無店舗型になり利用方法、プレイ内容などに変化がみられておりますので、その辺りも含め、ピンサロの未来を担うホテル型サロン『カワハイR 秋葉原校』じっくりと紐解いていきましょう。

 それではお付き合いください。

 「ピンサロの未来がここにある!秋葉原ホテル型サロン『カワイイハイスクールリターンズ 秋葉原校』神速体験談-事前行為編-」


 『カワハイ』『めちゃラブ』『ディーバ』『スクールデイズ』

 遡っては…

 『アゲハ』に『ちょいとマスカッツ』

 さらに遡っては…

 『IKB84 マジっすか学院』だったかな。

 このグループの歴史を振り返り、それを記事に起こす際、何かタイトルをつけるならば私はこうつける。

 「お上との闘い」もしくは「お上からの逃避行」はたまた「不運」「虐げられしものたち」

 いずれにせよ、開業しては休業し、再開しては移転し、移転してはまた休む。そして諦める。この繰り返し、負の連鎖を続けてはいつしか店舗は追い込まれ、気がつけば残り1店舗。

 その1店舗もこの夏に指導を受け、秋に休業、これまでと同じように再開の道を模索していたところ神の啓示か、はたまた諦めの境地か。。。

 これまでの悪しき習慣を捨て、あらたな道へ進む覚悟を決める。

 お上との闘い、お上からの逃避行を止め、お上と上手に付き合うことを決断。これ以上迷惑を掛けぬよう、これ以上歴史を繰り返さぬようにと、根を張ることを決意。

 そうして生まれたのが、ホテル型サロン『カワイイハイスクールリターンズ 秋葉原校』略して『カワハイR

 これまで個性的且つ遊び心に富んだ学園サロンを提供してきた同グループを私はイチファンとして特に応援している。

 さて、前置きはここまでにして本編へ。

 利用当日、まず電話にて混雑具合を確かめた。

 というのも新形態に移行してから出勤の女の子が少ない。それに電話予約はタダなので、事前に予約しておくに越したことはないと判断したから。

 幸いなことにフリーであれば最短で30分後にいけるとのこと。

 ではそれで…と予約の意志を伝える。すると、『カワハイ』もしくは『スクールデイズ』などの利用の有無を尋ねられる。むろん「有り」と回答、「ありがとうございます」の返事。

 これにて「メンバーズオンリー」の確認作業終了。はたしてメンバーズオンリーにする意味はあったのか??

 それはさて置き、予約完了後、口頭にて電話番号、名前を伝達。着信履歴と照らし合わせているのかどうか?予約は無事受領される。

 そうして、「予約時間5分前(初めてであるから)に秋葉原駅昭和通り口に来るように」と指示され、1度目の電話が終了する。

 2度目の電話は秋葉原についてから。

 約束通り5分前に昭和通り口から電話。予約名を伝えると、今から「レンタルルームへ移動してもらう」とのこと。レンタルルームに着いてからは『カワハイ』から来た旨を告げて30分(1000円)を選択すること。そうして部屋番号が決まったら「再度お店に電話するように」とのことだった。

 私は指示通りレンタルルームへ向かう。ルームは驚くほど駅の近くにあった。一応説明しておくと…
 
 昭和通り口を出て左手。約10メートル先にある「アコム」の入ったビル8階(8~10階がレンタルルーム・受付は8階)。出会い喫茶などが入居した見るからに怪しげなビル。およそ駅から徒歩20秒程度で着くと思われる。 
 さて、レンタルルーム着。

 受付の兄さんに指示通り『カワハイ』「30分」と伝える。料金1000円を支払い、部屋に案内。細い通路を中心に左右に隙間なく部屋が並べられている。

 室内は予想通り狭かった。が、ナニするには十分。入口左手に簡易シャワー。その奥左手に簡易ベッド。反対側には大きな鏡。簡単な荷物置き。テレビが一つ。エアコン完備。

 綺麗ではないが汚くもない。ただ各室でシャワーを使用するからか。部屋がやけに蒸し暑かった。

 写メを取ってきました。構図的にわかりにくいかもしれませんが、どうぞご参考ください。

20141124_181910

20141124_181932

 なお両隣りからニャンニャン声が結構な音量で聞こえていました。壁はレオパレス並みに薄いでしょう。

 さて入室後、三度目の電話。部屋番号を伝えると女の子が向かうとの返答。これにてあとは待機するのみ。俗にいう、いざ!案内っ!の時点までようやっとこぎつけた。

 ここまでの流れを簡単にまとめると…

①空き状況の確認⇒電話予約

②電話番号、名前を伝達の上、予約完了

③秋葉原昭和通り口から電話⇒レンタルルームへ移動

④レンタルルーム着。部屋番号電話

 これだけ見ても店舗型時代とは大きくことなる。受付して即案内。スタッフとの無駄な絡みはない旧体制とは違い、新体制は電話が必須。電話が恥ずかしい、煩わしいと考えていては遊べるものも遊べなくなる。

 今後を考えるとこの手の形態が増えてくると思われます。今から電話に慣れておきましょう。

 なお非通知設定では通じませんので、あしからず。

 では今日はここまでにして、密室内における「進化型プレイ」は次回のお楽しみ…ということで失礼いたします。
 
 つづく。

 To Be Continued.


~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~
にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング
嬢報共有投稿 クエスト申請書 同士BBS
相互リンクも随時受け付けております。お気軽にご連絡ください。
最新コメント
twitter / pinsarobaka

ピンサロ体験談

最新ピンサロイベント情報

セレクション

新人名鑑

フラットシート特集

回転特集

割引募集掲示板

お願い!ピンサロランキング

ピンサロランキング

Q.第120回:ホワイトデー動向調査2017

お返しをする
貰ってないけどお返しをする
会いにいくのがお返し
普通に抜くだけ
敢えていかない
その他

ブログ内の検索はこちらから
ピンサロ情報の仕入先
スーパー風俗ランキング
口コミ風俗情報局!
にほんブログ村 その他ブログへ


エログ-(エログランキング)
  • SEOブログパーツ


更新確認は⇒RSS
Subscribe with livedoor Reader
My Yahoo!に追加
Add to Google

livedoor プロフィール
無料アダルトサイト検索 A-Pagerank
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ