ピンサロバカ一代~素人童貞の激安ピンサロ情報~

素人童貞のピンサロ紀行。志を誓いあった同志と共に、神奈川、千葉、埼玉、東京のピンサロ店を日々開拓。神奈川は川崎から小田急相模原、本厚木、平塚方面まで。千葉は西船、千葉栄町など総武線上のピンサロをメインにその周辺地域。埼玉は草加、川越、大宮その他点在する全域のピンサロ。そして東京は、現代ピンサロ最激戦区の池袋、五反田、新宿をはじめ、大塚、巣鴨の場末サロンもきっちりフォロー。ピンサロ専門ブログとして日本一の情報量と珠玉の口コミ、フラ系やナック系の大手ピンレポからピンサロの遊び方に用語や知識、その他性病対策までをまとめたピンサロ情報の決定版。

素人童貞だけど、そんな事を悲観せず前向きに生きる男の生き様を描いた物語。主にピンサロに関する体験、妄想、思考を基に、その地域情報を含め、くだらない話から役立つ情報まで広く浅く網羅していきます。
ピンサロ探検隊

天声ピン語

【シリーズ変態】昭和×平成 天使の顔面騎乗(いまはまだ)誰にも教えたくないピンクサロン その弐

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

偽装場末サロンと食って掛かったピンサロが、まさかまさかの超正直なピンサロだった。HPに公開された情報はほぼ全て真実。しかし、頭に残る●サロの文字。現にその可能性を感じさせる変態プレイの数々。

ここからは可能な限りリアルな描写にて驚きのプレイを追体験して行こう。

これまでのお話はコチラから⇒「昭和×平成 天使の顔面騎乗 その壱」


言葉は体で交わすもの

出会って2秒で身体が触れた。出会って5秒後にはキスをしていた。30秒後には耳を犯され、首筋をマーキングされ、舌を吸い出されて絡ませあった。

フェザータッチで背中を刺激され、乳首が弱点と見破られ、乾く間もなく舐められ続けた唾液が蒸発し始めるまでの冒頭5分。

交わした言葉は、「抱っこ」「ダメ!舌出して」「きもちぃーね」の三言だけ。

言葉を交わすよりも先に舌を絡める。少女の体は、わたしの膝の上で常に密着していた。


いたずらな天使のテーゼ

突然少女が脱ぎだした。

羽織っていたパーカーを脱ぐと、きれいな淡いブルーのベビードル。その下には赤のブラジャー。それらを瞬く間に脱ぎ捨て、「舐めて」とおっぱいを差し出した。

小柄なだけあって胸は小さい。しかし、それを気にするそぶりもなく堂々と胸をさらし、わたしの頭を胸元で抱きしめた。

ふくらみは小さくともおっぱいはおっぱい。小さくもとっても柔らかく、子供のように小さな乳輪と乳首がロリっぽさに磨きをかけていた。

わたしは両手で押し上げるように持ち上げ、かわいい乳首に吸い付き、吸いながら何度も何度も舌を転がしつづけた。

少女はそのたびに「きもちぃ、きもちぃよ」と声を上げ、"ぎゅう~"っと頭を抱いて、おっぱいに押し付けるようにして耳に吐息を吹き掛けた。

わたしは嬉しくなって、もっと喜んでほしいと精一杯舐めた。少女もそれに応えるよう、わたしの脇から手を伸ばし、Tシャツの上から乳首を刺激しはじめた。

小さな指を高速で動かされると、突然の快感に乳首舐めが止まってしまう。すると、「ダメ、ちゃんと舐めて!」と叱られるから、「うん」とすぐに乳首に食らいつく。そしたらまた、「きもちい」って、ちゃんと反応してくれるのが嬉しくて、いつもは見せない努力を見せてしまう。

今度ばかりは乳首を刺激されても、おっぱいを舐める舌を止めない。快感に震えながらも我慢して舐め続けていると、、とうとう直に刺激された。

当然、声が出て、舌が止まる。しかし、今度は何も言ってこない。お叱りを受けない。

心なしか悲しい気持ちになりながらも、少女が乳首責めを続行してくるため、その快感に身を任せていた、そのとき…

あっん、ダメダメダメっ」 ふいに言葉がでてしまった。

すると、少女が、「えーダメなの。ざーんねん」と急にしらふになって、全ての手を止めて距離をとった。

わたしはすかさず、「ダメじゃない、ダメじゃないから!」と叫んだ。

我ながらなんとも情けない。Mプレイお決まりの流れだが、やり取りがDNAレベルで染み付いてしまっている。

少女はお約束通り、「ふふ~ん」と勝ち誇った笑顔を見せて、ご褒美の濃厚ディープから濃密すぎる耳舐めそして乳首舐めを与えてくれた。

乾いた乳首が少女と同じように勃っていくのがわかった。

男の膝上でM字になり、小さな体をさらに小さくして身を屈めて乳首を舐める少女。これを天使と呼ばずして、なんと呼ぶのだろう。

ここまでまだ序盤。プレイはここからさらに激しくなっていく。


駅直結 マンコまでの距離0ミリメートル

お洋服ぜんぶ脱いでほしい~な

少女はそう言って膝から降りた。

全部?
そう全部

答えながら少女は、Tばっくを抜いで全裸になった。わたしも急いで衣服を脱いだが、汗で張り付いたタイトパンツがなかなか脱げなかった。

全裸になると、「バッグを床に置いて、横になって」と言ってきた。

シートはベンチであったが、ロングサイズ。足こそ伸ばせないが、膝を立てれば十分横になれる。

わたしは言われるがままバッグを床へと下ろし、頭を壁側にして仰向けに寝た。

その瞬間、、目の前が真っ暗闇に覆われた!!

と思ったら、"むにゅっ"とした食感が唇に広がり、「舐めて」と甘い声が聞こえた。

まさかまさかの顔面騎乗。しかも予告なければ、こちらに断りを入れることすらしない。

思えば少女は遠慮がなかった。キスにしても乳首にしてもナニをするにしても、「いい?」とか「ここ好き?」とか余計なことは聞いてこない。

とにかくヤル。気にせずヤル。男が好きなものと確信しているかのように全ての行為に躊躇いや迷いがなかった。

顔面騎乗もそう。寝た瞬間にマウント。よいしょっと頭をつけたら闇がすぐに覆ってきた。しかも、腰を浮かすことなく直付け唇にダイレクトにマン圧がのしかかってくる。それもピンポイントに、わたしの唇のど真ん中に割れ目を圧し詰めてくる。

わたしは言われるがままに口の中から舌をだし、直結している割れ目に添って上下に動かした。

少女は「あぁんっん、きもちぃよ」とここでもしっかり反応してくれる。わたしの舌の動きに合わせて若干腰を上下にずらし、舌をクリへと導いていく。

伝えたように唇とマンコの間に隙間はない。圧しつける直付けだから、こちらはただ舌を出して動かすだけ。だから、舐めたい場所というよりは、舐められたい場所は彼女の意のままだ。

クリならすこし腰を下げ、割れ目にほしいなら腰を頭に近づける。

わたしは彼女に褒めてほしくて、息苦しくはあったが頑張って舌を動かし続け、手はちっぱいを刺激しつづけた。

おそらくパイパンに剃り上げられているのだろう。マンコこそ見えないが、唇に伝わるチクチクとした触感が生々しくて妙にリアルだった。

神がM男に与えたもうた最大のご褒美。

天使の直結顔面騎乗

半強制的な行為であったればこそ、わたしは遠慮なく舐めることができ、だからこそ神に感謝した。

ここからプレイは凄みを帯びていく。


つづく。

to be continued

⇒このあと全裸のままベッドプレイへと移っていく。まさか…とも思えるプレイの連続に、最後の最後は連結ドッキングにて… coming soon



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

【シリーズ変態】昭和×平成 天使の顔面騎乗(いまはまだ)誰にも教えたくないピンクサロン その壱

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

抱っこ」と目の前の少女は言った。

わたしが両手を広げると、少女が勢いよく飛び込んできて、跨るように対面した。少女の顔が近づいてきて、そのまま言葉を交わすこともなくキスが始まった。

奥へ奥へと送り込まれる彼女の舌を防ぐように舌が絡み合い、互いの唾液が口の中で混ざりあって喉を通過し体内へと流れ込んでいく。

わたしの頭を抱きしめるように耳の穴を左右交互に頬張り、伸ばした手を背骨に添えて優しく刺激していく。

卑猥な唾液音が脳内に反芻し、ゾクゾクとした快感が無限に増幅されていくように感じた。

汗で濡れた首筋、うなじも容赦がない。舌を目いっぱい口から出して、拭うように拭き取ってくる。舌が大きく、細かく動くたびに、男らしからぬ声を少女の首筋に吹き掛けた。

もうこのまま委ねてしまおうか、、目の前の少女に。先入観といういらぬ物を取っ払い、素直に非を認め、スイッチを切り替え、麻薬にも似た快楽に溺れてしまおうか。

場末サロンだと思ってごめんなさい。
振り替え店だと疑ってごめんなさい。
どうせババアだろうとタカをくくってごめんなさい。

もう枯れたはずの下町に、こんなにも可憐な少女がいたなんて、、しかもこの濃密に過ぎる時間、出会って2分足らずでリピートを予感し、しかもそれが自分の予想を超えて帰結する。

壊滅したはずの郊外で、まさかこんな天使に出会うとは。いや、この地だからこそありえることか。

なぜなら、かつてこの沿線は王国を築いていたのだから

噂通りその娘たちが流れてきているのなら、この辱めも十分あり得る...

ちんぐり返しをされ、肛門を拭かれるという恥辱と興奮に打ち震えるなか、意味のない先入観ほど無駄なものはないと冷静に考える自分がいた。


先入観という足を引っ張る魔物

話は1時間ほど前に遡る。

お盆前のとある平日。時刻は午後20時をまわったあたり。わたしは乗り慣れない地下鉄に揺られ、とあるピンクサロンへと向かっていた。

都内某所。

ひと昔は10軒弱ほどのピンサロが密集し、そこから数駅先にも人気のピンサロ店が存在し、沿線特有の海外文化も影響してか、そこは下町文化と異国情緒が混在する夜の街として賑わいを見せていた。

ところが、ここ数年は治安上の問題か、それとも増え過ぎた異国人の流入を止めるためか、あるいはその両方か、、地域を上げての取り締まりが厳しくなり、ピンサロ含めそれら夜の店も異国人も沿線上から消えていった。

そんな矢先、とある情報を入手する。

久方ぶりに街にピンサロができたという。

早速調べてみると、街の雰囲気に似合わない若く可愛い娘が映るHPを確認できた。さらに昔を知る者の心をくすぐるキャッチコピーも確認された。

わたしは思った。。。もしかして●サロ??と。

しかし、すぐに打ち消した。ネット全盛のこのご時世、さすがにそれはない。そんなことをすればすぐに摘発されてしまう。それにもし仮にそうだとすれば、すでに噂が出ているはずだ。

ひとまず、このくだらない妄想は除外して、次なる疑問を投げかけた。

それは、偽装学園サロンではないかということ。

公開されたHPは偽りで、そこに映る若い娘は撒き餌で、実際はババアがでてくる振替店ではないか。もしくは、在籍するにはするが吉原もびっくりの究極のパネマジ、それとも実際に在籍しているのはごく少数で、かわいいと予想される娘は飾り…

要は、悪意ある場末サロンではないか、という疑念。

地域の特性上、どうにも公式HPに映るすべてが信用できなかったし、昔を知る者と沿線住民に向けられたメッセージが、●サロ疑惑を完全に消し去ることを許さない。

しかしながら、場末にせ曰くつきにせよ、調べるには突撃あるのみ。仮に場末であればあるでネタになるし、仮に●サロであればあったで秘匿すればいい。

季節柄、夏の怪談にでもなれば儲けもの。

そんな先入観ありきの考えで訪問してみたら...この様だ。

20歳そこそこの写真通りのかわいい少女に喉を抉られるような圧迫ディープキスを受けて、想定外の嬉しさに悶えてるんだ。

そのときに思った。

疑ってごめんなさい。わたしが間違っていました。だからこのまま、このまま続けてください、、って。

騙され続けた風俗人生のせいか、色眼鏡で物事を見るようになっていた我が不明を恥じ入るばかり。それどころか、ここまで真っ正直な風俗店がかつてあっただろうか。

ダメ、舌出して!

わたしの娘でもおかしくない少女に(ちなみにわたしに娘はいない。妻と呼べる存在もいない)差し出した舌を吸われながら、己の不徳を恥じ、そしてこれから起こるであろう痴態に心が悦びに目覚めた。

さぁ変態しよう。


つづく。

to be continued

⇒ここはヘルスかピンサロか?昭和のオヤヂと平成生まれの少女が互いの痴態を包み隠さずぶつけあう唾液と汁の肉弾戦。早くも神のご褒美が炸裂する!?

登場する店舗は書き上げた後で公開させていただきます。ここのところ少々多忙で少しばかりお時間をいただくとは思いますが、おそらく期待を超える内容になります。しっかり伝えていきたいと思いますので、どうか気長にお付き合いください。



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

首都圏ピンサロ動静・2018夏

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

命の危険を感じる猛暑に西日本豪雨、異常進路の台風が来たりと、いろいろ大変な日本列島。

先週末は首都圏でも台風の影響で花火大会が中止になったり延期になったり、フジロックの開催が危ぶまれたりと話題に事欠きません。

そして、ピンサロ業界に目を向けてみても、7月は各地で色々な動きがありました。もうまとめるのだけでも大変です。

先日、東京2020までちょうど2年を切ったそうですが、そろそろ本腰を入れて健全化対策に打ってでたのでしょうか。

それでは、猛暑に7月におきた主な出来事をまとめてみました。情報漏れもあるとは思いますが、どうぞご参考くださいませ。


7月リニューアルしたピンサロ店

☆上野『リズム
main_photo
⇒上野『ラブゲーム』からの移転。場所や女の子は以前とまったく同じ。


☆千葉栄町『バイキング 
index_photo
⇒『バズーカ』から徒歩5分圏内の新店舗へ移転。女の子に特に変わりなし。


☆千葉栄町『キュンキュン』 
index_logo
⇒『アゲイン』からいつもの場所に移転。胸キュンガールたちも一緒に移籍。


☆埼玉越谷『らぶこれくしょん
collection
⇒『らぶれぼりゅーしょん』からの移転。女子高生専門店からアイドルサロンへ変身っ!推しの発見は乃木坂タイプ別アイコンを要チェック!


☆大塚『愛に恋
lovecamon
⇒超老舗サロンが電撃復活!恋しくなったら愛に来て、、キャッチコピーが秀逸です。 


☆大塚『サロンド48』 
48
⇒店内改装を終えて営業再会。会って回転できる(大塚)アイドルサロン。 


☆立川『キャンギャル』 (旧キャンディーガール)
cangal
⇒店内改装を終えて名前を変えて営業再会。吉祥寺に難を逃れていたキャンディーガールが立川にカムバック。 


☆錦糸町『エルミタージュ』8月2日(木)グランドオープン!!
hermitage1
⇒『アリュール』からの移転。女の子も全て完全移籍。自慢の大サイズフラットは健在か?2日より盛大なオープニングイベントを開催!

hermitage


☆池袋『ちょこらぶ』7月30日(月)リニューアルオープン!!
love
⇒本家本元『チョコレートラブ』が東口に三度帰還。池袋最高の店内環境と評された店舗にて、ピンサロ再激戦区のトップを狙う!在籍80名×最安4000円のリニューアル記念がいまめっちゃあっちぃ!

choco


☆竹ノ塚『ペガサス』本格オープン営業中!!
pegasasu
⇒埼玉&草加の人気嬢が次々に竹ノ塚に集結。オリジナルHPも新Verにリニューアル。なんだか胸アツのよ・か・ん!


以上です。

7月も移転からのリニューアルが主だった動きで、完全新規のオープンはなし。閉店した店舗は、まだ確定ではございませんが、本厚木『愛モード』のHPが閉鎖されていました。

郊外サロンにも五輪の波が押し寄せているのでしょうか…少し心配です。

さて、8月はどのような動きが待っているでしょうか。7月度大人気だった新宿『キララ』は、今月もオープンの勢いそのままに走り続けるのでしょうか。

予報では猛暑の8月になるとのことです。行列の参加する方は熱中症対策を万全に、また外回りの営業マンも定期的にピンサロ店内で涼み、体力の回復に努めましょう。

では、後日改めて8月のピックアップイベントを「ピンサロまとめ」にてご紹介いたします。ざっとみたところ、猛暑に相応しいイベント多数です。

夏を楽しむためにもぜひチェックください。



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

二兎を追うもの一兎も得ず。真の満足を得るためには、足を使って、金と時間を惜しまないこと。これぞ勝利への近道なり。

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

同志の皆さんお久しぶりです。「ファイベン」です。

最近はちょっとした理由で体験談の投稿をせずにいました。

ぶっちゃけると、オキニ隠しです。

フリーで爆死することの多いわたしですが、たまには良嬢と遊びたいと指名することもあります。

結果、当然のように満足するわけですが、その回の体験談投稿を自粛してしまいました。(※池袋、新宿以外の場所です)

なぜ人はオキニ隠しをしてしまうのでしょうか。独占欲からでしょうか。決して自分だけのものではないのに、、不思議ですよね。

それはさておき、(と勝手に置きますね) 今回は新宿『キララ』に行って参ります。

体験談も既に多く投稿されているので、簡潔にまとめようと思います。どうかお楽しみいただけると嬉しいかぎりです。


投稿者はこんな方 

【年齢】 20代
【職業】 学生
【ピンサロ暦】 約1年
【主戦場】 池袋
【流儀】 その時々
【属性】 S
【嬢選びの重点】 ランカー
【希望年齢】 20代中盤迄
【ストライクゾーン】 一般的
【好みのタイプ】お姉さん・OL系・白ギャル・清楚・美乳・ちっぱい・ロリ・パイパン
【趣味嗜好】乳首舐め(♂)・乳首舐め(♀)・トーク

実体験に基づく体験談を投稿いたします。どうかお読み下さい。


先入観は時に危険

遡ること6月20日。新宿に新店『キララ』がオープンしました。しかしどういうわけか、私は敢えて『キララ』から目を逸らしていました。

たぶん、甘く見ていたのですよ...オープンして間もない、まだ低レベルのピンサロだろうと勝手に予想していました。

大間違いでした。

いつもならメルマガ登録をするのですが、このときばかりはしませんでした。

今考えるとなんという愚行!大バカ者です!

肝心のメルマガ割の内容ですが、オープンから1ヶ月ちょっとの間、早い時間ならフリー3000円。夜行っても5000円。

安すぎません!?

気づいたのはオープンから約1週間後。即登録しました。

これには私の勘違いがありました。

ピンサロ暦の浅い私は、こんな安い料金で営業できるわけがない。どうせ初日だけの特別価格だろう。。と思っていたのです。

そしたらまさかオープン後1ヶ月にわたって激安営業を継続しているとは…。

そんなことも知らずに別のピンサロへと足を運び爆死していた私。

猛烈な後悔です。何がいちばん悔しかったかというと、私が地雷を引いて前の同志がフリーでランキング上位を引いたという屈辱でした。

これは個人的な経験則でしかありませんが、新宿のピンサロは当たり外れが非常に大きい地域のような気がします。業界を代表する人気嬢も多くいますが、それと同じぐらい地雷も多いという印象を受けます。

だからこそ新店である『キララ』は不安が大きく、フリーで行ったら爆死するのではないか…と嫌な予感を感じていました。

レモン系各店から混成されたメンバーで、ランカーも含まれていたようですが、やはりまだ情報に乏しく、突撃できる確証が持てません。

そんななか、日に日に新宿『キララ』の体験談が紹介されていきます。それらを読む限り、女の子のレベルはかなり高いようで、フリーで当たりを引いたという報告が次々と私の心をえぐっていきます。

そうです、、予想に反して『キララ』は完全な優良店だったのです!!

嫉妬と羨望が渦巻くなか、、早めに気づけて良かった!と一安心する私。

それよりもなによりも…

太っ腹すぎるぞ『キララ』 メルマガフリー3000円をいつまで続けるんだ!

ここまでやられたら行くしかありません。しかし、よくよく考えてみると、割引の使用方法によってはフリー3500円や4000円で利用できる他の優良ピンサロも多くあります。

それなら3000円とあまり変わらないのではないか…そう考えると迷いが生じます。

それと、これは個人的理由ですが、歌舞伎町の雰囲気が少し苦手なこともあり、それなら少し高くても他地域に行こうと思ってしまうこともあります。

しかし、同志皆様のお陰で、『キララ』が優良店であることが判明したのです。それを分かっていながら背中を向けるなどできません。

気づいたら歌舞伎町へ向かい、「ピン探マップ」を元に『キララ』へと向かっていました。


待ち時間の憂鬱

場所がわかりにくいとの評判もありますが、それも納得です。裏通りに面しているので、土地勘のない方は迷うかもしれません。

「ピン探マップ」を参考にすると、ほぼ迷わず行けると思います。そして、ようやく『キララ』へと到着です。

自動ドアを開けるとすぐ先にボーイさんがおり、「フリーですぐいけますか?」と聞くと1時間待ち。

ここで私は驚くべき行動に出ました。

諦めて帰宅したのです!そうです、1時間待ちを拒否してしまったんです。

新宿なら時間をつぶせる場所もたくさんあるのに、なぜか面倒臭くなってしまったんですよ。

後から考えたら、このとき行っておけばよかったと、、激しく後悔です。

それから丁度1週間後、再び『キララ』へ訪問。しかし、なんとフリーの待ち時間が2時間半!マジかよっ!!

ボーイさんに説得されますが、普段から優柔不断な私です。ここまできてまた帰るのか?2時間半ならなんとかならないのか?また後悔するかもしれないよ?

どうする?どうする「ファイベン」??

心の中で自分に問いかけます。

結果、また帰っちゃいました...

2時間半待ちはさすがにきついと思いまして、でも今思えばそれでも行けばよかったと思います。

それからしばらく『キララ』からは離れていましたが、毎日激安イベントのメルマガが届いては行きたくなる気持ちと戦います。
固定観念も時には危険

そうこうして、いよいよ3度目の正直です。

激安キャンペーン終了間近に再び『キララ』へと突撃とします。

↑ここまでは3度目の訪問当日の朝に書いたものです。この続きは、はお店に行った後に書きます。

果たしてどのような結果で、どのような心境が変わってるでしょうか?

まずは松屋にて昼飯を食べながら事前サーチ。同志体験談や掲示板を読み漁る限り、その日は目立った地雷はいなさそうです。

私は相当ストライクゾーンが狭く、少しの欠点でも見つかると即地雷認定してしまう理不尽な性格です。これはさすがに良くないので、もっと精神的に強くなりたいと願っています。

何かあったら怖いので、指名料2000円も財布に入れ、そこそこの準備を行った上で新宿駅へと出発です。

『キララ』の前に着いたのは午後15時前後。ドアを開け、ボーイさんにメルマガを見せ、フリーと伝えます。

えーと、18時回っちゃうんですけど大丈夫ですか?

「・・・(嘘でしょ..?マジかよ...)」

結局、今回もお断りすることになりました。

ここまで来たのですから、いい加減待てばよかったのですが、18時以降だと料金が4000円になってしまい、3000円で利用するという目的を果たせないことが確定。

一気に無気力感に襲われました。

やっぱり激安価格の威力は凄まじいですね。フリーで約3時間待ちって、、しかも平日昼ですよ。

これぞ体験談の力でしょうか。いくら安くとも新宿です。ライバル店もメルマガ割で安くしているなか、ここまで混雑するというのは、ただ安いだけじゃないでしょう。

本当に悔やまれます。オープン当初のガラガラなときに行っておくべきでした。

心を落ち着かせようと歌舞伎町内を徘徊しますが、暑さと自責の念でどこへ行こうにも足が重いです。

なんということだ!これは性病感染への警鐘なのか?地雷の前兆か!?

自分を無理やり説得させ、カフェにて作戦を練り直します。

とりあえず3000円で抜こう、という思いだけはどうしても捨てきれず、新宿界隈のホームページを漁っていると、『ピンキー』と『ミルキー』なら共に割引使って20分3000円であることに気づきました。

もうここしかない…出勤情報を見たところ、なんということでしょう。この日に限って出勤が少なめ。

もう嫌な予感しかしません。 
 
もし地雷にあたったら…

不安しかありません。別のお店を探します。

もはや新宿じゃなくてもいい!とりあえず抜いてもらいたい!ですが他に3000円のピンサロといったら大塚をはじめとする場末店ばかり。

3000円で『キララ』で抜く!

大事な目的を果たせなかったことからテンションも一向にあがりません。気づいたら性欲などどこ吹く風。悔しさだけが胸に残っていました。

後回しにすればするほど大変なことになるということは人生で多々あることですが、この新宿『キララ』への1ヶ月に渡る挑戦で再認識させられました。

結局、落人ように私は歌舞伎町から逃げていきました。
まとめ

いかがだったでしょうか。というか、何を語っているのでしょうか、わたしは。。

これだけ文字を使ってもまだピンサロを利用できていません。結局利用しませんでした。

もしかしたら私と同じような経験をされた方や、今後このような状況に陥る方もいるかもしれません。

優良店を絶対に安く遊びたい!3000円で地雷を踏みたくない!

二兎を追うもの一兎も得ず

昔から言われていることですが、「実利だけを得たい」と追求した結果、時間と体力だけを失ってしまいました。

満足を得たいなら足を使う。時間を惜しまない。金を惜しまない。

もっと心に余裕のある遊びができるよう早く一人前のピンサラーになりたいと思う今日この頃です。

この記事を書いているのは、当日の夜ですが、あまりの不甲斐なさに気力を失ったままの状態です。

また次があると切り替えてピン活頑張ろうと思います。次は良いことあるはず!と。

純粋なピンサロ体験談を求めていた方には本当に申し訳ないです。私自身このような結果に終わることが完全に予想外でした。

最後までお読みいただきどうもありがとうございました!


管理人より

「ファイベン」さん、ありがとうございました。

ウロウロした挙句、結局遊ばなかった。こんなことなら一店舗目で素直に待っておけばよかった。これってありますよね。

少しでも安く、少しでも待たずに、それでいてフリーでいい娘と遊びたい。これは皆が思うことですが、実際には難しいですよね。だからといって予約券を購入して、お金のモノを言わせて遊ぶというのもしっくりこない。

この辺は個人の価値観ですが、あえて苦言を言わせていただくと、好みと違うからと言ってすぐに地雷認定してしまうのは良くないと思います。好みではなくてもプレイが良かったり、一生懸命だったりする子もいますので、その辺を拾い上げる余裕があれば、もっとピンサロが楽しくなると思います。

なんか偉そうな事を言ってしまってすみません。

今回の教訓が活かされた次のお話しを楽しみにしています。オキニ隠しせずに投稿くださいね(笑)



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

【性春プレイバック】16の春 僕はおんなを知った~最終話・懺悔~ 

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

パチンコに勝った勢いだけで脱(素人)童貞を図る高校1年の春。

なにがしたい!という明確な目的もなく、おんなを知りたいという曖昧な邪心だけで風俗店の扉を叩き、謎の便意と極度の緊張と格闘しながら待つこと約1時間。

いまやっと大人への扉が開かれる!!


初めて知るおんな

開かれた扉の先には、、おんなが居た。

ネグリジェのようなセクシーなランジェリーを纏い、女中のようにひざまづき頭を下げていた。

おんなはすぐに頭を上げ、わたしを見た。その瞬間、表情を強張らせた。

丸い目を大きく見開き、顎を引き少し背中を退けぞらせて、全身を網膜に捉えるようにしていると、わたしには映った。

いまも昔も変わらない身体検査。受付でチェックされ、これからという時にも調べが入る。

僕らはこうして身なりの大事さを学び、大人になっていった。

数秒が数分にも感じられた扉を挟んだ攻防。

おんなはちらっと背後にいたであろうスタッフに目配せをした。そして、得心したようにまばたきをし、「どうぞ。」となかへ招き入れてくれた。

「は、はいっ!く、靴はぁ?」
「そこで脱いで」と足下を見た。

靴のかかとを踏み潰していたことを後悔した。


姉御肌のお姉さん

室内には布団が一枚隙間なく敷かれていた。部屋の角にはバスタオルが何枚も積み重ねられており、おしぼりなどが入ったカゴと、コンドームやローターなどが備蓄された引き出しがあったと記憶している。

「そこ座って」

おんなはわたしを布団の上にバスタオルを敷いて座らせた。

なぜか正座をするわたし、、おんなはそれをスルーし、澄ました瞳で言った。

わかいよね、、めっちゃ。

おそらく未成年でしょ!と言いたかったに違いない。口調や態度、言葉尻や行間の間からは、怒りとも飽きれとも、驚きさえも感じ取られた。

おんなは沈黙するわたしの腿に手を添えて、正面を向くように手招いた。

ピンクの照明がおんなとわたしを照らす。年の差にして10近くは離れていただろうか。細かな表情までは思い出せないが、決してブスではなかったし、太っているとかそういったこともなかった。

イメージ的には近所にいる面倒見のいいお姉さん、、だろうか。少し気が強くて怒りっぽい、でも最終的には受け入れてくれるといった風の…

ここから先は「おんな」ではなく「お姉さん」と表現しよう。


尋問

確かめるように、お姉さんは言う。

やっぱりわかい。わかすぎるんだよね~

いたずらっぽくひとりごちる。

いまだ足を崩さないわたしを見て…

緊急してるの?もしかして初めて?

お姉さんが優しく問いかける。

ここで初めて声をだすのだが…

は、は、はじ、はじっ、めって、、ですっ。

喉が渇きすぎて声が掠れる。しかし、伝わったようだ。
 
お店が?こういうことが?

どどどどっちもです

そうなんだ~、やっぱりね。わかいもんねーキミ。ひとりできたの?

ブンブン。首を振る。

友達と?

ウンウン。頷く。

友達も初めて?

ウンウンウン。夢中で頷く。

そうなんだー、でもキスぐらいはあるんでしょ?

ブンブンブン。首を振る。

えーキスも!?じゃーファーストキスなの?えーまじでー、超プレッシャー。。

……。。 沈黙する。

お姉さんが私を見つめてくる。わたしは視線をそらすように下を向く。それでも見つめてくる、、ように感じたそのとき…

ふぅ~。。」と大きなため息。そして、「じゃ~」と言って姿勢をただし、わたしに向き直るようにして正座した。

だいぶお姉さんだけど、よろしくね

膝と膝がぶつかると、唇と唇が交錯した。


人生で一度きりのファーストキッス

正座のまま硬直するわたし。目は見開かれ、口は半開きのまま、両方の手は腿の横で固く握られている。

はい、ファーストキス いただき。

唖然とするわたしを見て、すこし気まずそうな表情をみせるお姉さん。しかし、次の瞬間…

ここからは本当の、、ね。

と再び唇が交わる。しかし、さっきとはまるでちがう。

唇を覆うようにわたしの唇の上から唇を重ね、そのまま吸い付いてきたり、甘味みしたり、舌を押し付けてきたり…

お姉さんの手が固く握られた拳に触れて、手を開き、手を繋ぐように仕向けてくる。

お姉さんは唇を話すと、「力を抜いて…」とささやよくように耳を舐めた。

ゾクッとした快感がはしったあと、急に力が抜けていく。耳の穴に舌が入ってきて、這うように動く。

くすっぐたいような、気持ちいいような、寒気を覚えるような不思議な快感が、体から力を抜いていく。

声をだしていたか、体を震わせていたか、、まるで覚えていない。だがこのあと、お姉さんの舌が口の中に入ってきたのは間違いなく覚えている。

生まれて初めてのディープキス

唇のやわらかさ、匂い、そのいやらしさ、人間の舌が持つなめらかな触覚…このとき刻まれた記憶はいまも忘れはしない。

初めてオナニーしたときの快感を追い求めるように、わたしはいまもこのときのキスを追いかけている。

全身を貫いたあの衝撃。人生で一度きりしか経験できない初体験というギフト。もう二度と貰えないと知っているのに、それをもう一度、もう一度だけと…諦めきれずに追い求めている。

人生で一度きりのファーストキスは、わたしの今後の人生に大きく影響を残した。

それはいい意味でも、悪い意味でも…だ。


プロのテクを買う それが昭和ロマン

後で分かったことだが、我々には遭えて彼女たちが人選されていた。

『リッチドール』のスタッフは、我々が未経年であることを知ったうえで、さらに童貞であることも見抜いたうえで、初めての思い出が素敵なものになるようにと、お店の中でも指折り数える人気嬢を、待たせてでも宛がってくれたらしい。

わたしが初めてを捧げた相手は、けっして若くはなかったが、十分きれいで、優しく母性に溢れた女性だった。経験も豊富で場馴れしていて、面倒見が良く童貞の扱いもうまい、まさに百戦錬磨のプロフェッショナル。

いま思うと初めての相手が彼女でよかったと心から思う。もし年が近かったら虚栄心か邪魔をしただろうし、相手も童貞の扱いに困っただろう。それなりに歳の離れたベテランだったからこそ、何も考えずに身を委ねることができ、だからこそお姉さんも受け入れてくれたんだと思う。

異性に対して、風俗に対して、性行為に対して、想像を裏切らないとてもいい印象を与えてくれた。

いまでこそ右を見ても左をみても(偽装)素人嬢のオンパレードだが、当時、風俗といえば、プロのテクニックを買う。大人のオンナの嗜みを体験するのが売りだった。

やっぱりプロは凄い!!

それが風俗を利用する最大の目的であったのだが、いつのころから風俗に素人性を求めるようになったのだろう。

素人女性を風俗店に求めるなんて、大いなる矛盾であるはずなのに。

やはり風俗たるもの、仕事きっちり、もてなししっかり、男を立てて、ちんぽも勃てる。一般では体験できないテクニックや日常では経験できない淫猥な行為など、お金でしか買えない欲望を満たすものだ。

女がオンナである武器と技術を風俗店を媒介として売る。お客は非日常への憧れと磨き抜かれた性戯を買う。

それが風俗、それが昭和のロマンであったはずだ。

わたしは『リッチドール』の計算されたもてなしと、 昭和の風俗に彩られたプロフェッショナルな接客に、この日大人の男に仕立てあげられた。

いまだ半人前のだが…


よっ!待ってました、、ご開帳

お姉さんは緊急を解こうとしてくれるのか、甘く優しくささやくように、キスや耳舐めを続けてくれた。

そして、緊張が解れてきた頃合を見計らい、膝を崩し…

はい、ジャンバー脱いで、次はそれ、ばんざーい。

脱いだ先から服を畳んでくれる。あれよあれよとすっぽんぽんにされて、「じゃ寝て。」と布団に寝かされた。

ちんぽは勃っていた。待合室ではまったく勃起しなかったのに、いまは完全フル勃起。

わたしは年の離れた兄がいたため、実は中学の頃から完全体(ズルムケ)だ。中学入学を機に兄の手ほどきで強引に剥いた。痛みが強く何度も何度も止めようと泣き叫んだが、包茎だといじめられるからと、最後は兄の手で、剥かれた。

あのとき兄はいじめられていたのだろか。疎遠になったいま、なぜか当時の事が思い出される。

早くも一部だけ大人のわたしを見て、「ここはもう立派なんだね。」と言った。

お姉さんも服を脱いだ。キャミソールのようなものを脱ぐとブラはつけていなかったか、、確かにそう記憶している。

記憶ではパンツだけ履いていて、そのパンツをわたしの目の前で挑発するようにゆっくりと艶めかしく、ストリッパーのように脱いだのを覚えている。

ここからはもう記憶が曖昧だ。

言われるがままに、触り、舐め、見た。質問されたことには、すべてウンウンと態度で応えた。

印象に残っているのは、やはり生のオマンコだろう。

焦らすように挑発するように、想い出に残るようにと目の前で脱がれたパンツ。黒々としたマン毛がタワシのように生い茂って、まだはっきりと具は見えない。

お姉さんはパンツを脱ぐと、わたしの目をじーっと見つめ、「見たい?」と聞いた。

言葉を発することなく、うなずくわたし。

お姉さんは答えを予想していたように布団に腰を下ろし、両足をM字に開脚し、右手の指でマン毛を掻き分け、そして二本指で逆ピース。
 
扉は開かれた。


挫折

初めて見た生のオマンコは、、、想像以上に、グロかった。

アワビとか赤貝のようだと伝え聞いていたが、そんなもんじゃない。なんというか、神聖な存在と認識していた中学生の夢を壊すには十分すぎる現実だった。

しかし、いまもたまにこの光景を思い出しオナニーする。それこそ当時は何度も何度も思い出し、毎日狂ったようにオナニーした。

初めてみる異性の、大人のおんなの裸体、初めて触れるおっぱい、初めて見るオマンコ、その味、臭い、その手触り。

そして、初めてちんぽを舐められたときの喜び。

この日わたしはイカなかった。ただしくはイケなかった。常時フル勃起を維持していたのだが、緊張のあまりか、それとも経験不足か、体は気持ちいいと感じているはずなのに、脳がそれに溺れることを許さなかった。

興奮のなかどこか冷静で、心のなかにイケナイことをしている罪の意識が常にあった。

パチンコに行ったこと。勝った勢いのまま風俗にきたこと。未成年であること。仲間内で先駆けておんなを知ること。

そして、それ以上に初めてが風俗でいいのか...ということ。

生まれて初めてちんぽ舐められているとき、『リッチドール』の天井を見上げながら、なぜか感傷的な自分がいた。

自らの意思で風俗店の扉をたたいたはずなのに、本当はタクローの強気に乗っただけで、まだ自分がそのステージに立つ準備ができていないことを感じていた。

イク気配のない、しかしフル勃起のちんぽを懸命にナニしてくれるお姉さん。

舐めて、しごいて、擦り合わせ、、揉ませて吸わせ、マンコを与え、69も教えてくれた。

しかし、わたしの心の余裕がなく、なにをしても、なにをされてもイクことができなかった

わたしはとてつもない罪悪感に襲われ、「ごめんなさい。」と半泣きで謝った。

自分の意思が足りないことを深く後悔し、こんなにも一生懸命してくれたのに期待に応えられなかった自分が情けなかった。

お姉さんは、「初めてはみんなこんなもの」と慰めてくれたが、「わたしのほうこそごめんね。初めてなのに、こんな感じになっちゃって…」と悔やんだ。

わたしはそれが余計に辛くて、恥ずかしくも涙した。

最後は「また来てね。がんばってね。」と抱擁と優しいキスでお別れ。

扉を出ると、スタッフが出迎えてくれた。

「どうでした。楽しめましたか?」と声をかけてくれたが、「はは、はい、、た、たのしかったです。。」とはにかむのがやっとだった。

「お連れさんがまだプレイ中なので、宜しければあちらでお待ちください」とトイレのある部屋でタクローの戻りを待った。

わたしが終わって15分ほどあとだろうか、これ以上ない笑顔でタクローが戻ってきた。

その姿を一目見た瞬間に、タクローが大人になったことを悟り、また落ち込んだ。


懺悔

帰路、タクローが自転車を並べてまくしたてるように一連の出来事を語りつづける。風の音が邪魔をして、全てを聞き取ることはできなかったが、おおよそのことはわかる。

女性の裸のエロさ、すばらしさ、ファーストキスの衝撃、乳の柔らかみ、マンコの戦慄、感触、神秘性。

私も同じ体験をした。ただひとつ異なることは、、射精に至らなかったこと

タクローはお店と相手の期待に応え、わたしは応えられなかった。せっかくお店の好意で素晴らしい嬢を人選してくれたのに、男になれなかった。

その差は、おそらく意識の問題

タクローはチャンスがあればいつなんどきでも女を知ろうと思っていたのだろう。方やわたしといえば、その機会はまだまだ先。そのチャンスを作ろうという気すらなかった。女を知る、女を抱こう、という意識がまったくなかった。

しかし、タクローは違った。女を抱きたいという断固たる決意があった。その意思の強さが、初体験で射精という結果につながったのは間違いない。

いま思えばパチンコの大勝もタクローの力が大きかった。よくよく考えれば、パチンコの誘いも、風俗の誘いも全てはタクローの意見だった。

もしかしたら、タクローは初めから全てが計画の内だったのかもしれない。

結果的に仲間内ではかなり早くにおんなを知った。しかし、このときの経験が尾を引いたのか、わたしが大人の男になったのは、仲間のなかでも、もっとも最後だ。

さらに言うなら、いまも現役の素人童貞だ。脱するチャンスはあった。しかし、そのときも射精できなかった。そのあと何度かのチャンスもなぜか射精できなった。

要因は色々ある。オナニーのしすぎや、早くから風俗にハマった代償など、、考えられる線はいくつかある。

しかし、最大の要因は緊張してしまうこと。初体験の記憶がトラウマになり、もしイケなかったりとか、期待に応えられなかったらどうしよう、と不安になる。不安になると、余計にイキにくくなる。そうなると相手も必死になるし、こちらはもっと追い込まれる。

負の連鎖、これではイケるものもイケない。だからまだ半人前なのだ。

16歳の春。私の初体験は人生に大きな影響を与えた。しかし、いまはもう後悔はしていない。

あの日、『リッチドール』が教えてくれたことは、人生の教訓としていまも生かされているし、あの日桃色天国駅には行けなかったが、その後は何度もそこへ導かれた。

もしあの日パチンコに勝っていなかったら、いや、あの日パチンコへ行かなかったら、いまどうなっていただろうか。

先の見える人生なんてつまらない。だからこそ僕たちはいまを、与えられた30分という時間に命を燃やすのだろう。

満足のいく射精をするため、悔いのない人生をすごすため、毎日を楽しく輝かせるために、、強い意志を抱いて。。。

おわり。



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

【性春プレイバック】16の春 僕はおんなを知った~便意~ 

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

はじめてのパチンコからはじめての風俗まで。

高校一年生の春に起きた突然の大人デビュー。男バカイチ性春プレイバック。

物語は『リッチドール阿倍野店』の受付から再スタートする。

それまでのあらすじはコチラを参考に。



阿倍野駅から桃色天国駅へ

おぼろげながらも記憶を辿っていく。

路上から伸びる螺旋階段を上ると、左手にアーゲードゲームと大量の漫画が陳列された部屋があった。

店舗入り口はその右側にあり、扉に『リッチドール』と記されている。タクローがドアノブに手をかけ、わたしを率いる形で入店した。

店内には男がふたり立っていた。ひとりはすぐそこに、もうひとりは受付内に起立しており、わたしたちの姿を見るや訝しげな表情を見せた。その直後には男同士で目配せをするような仕草もあったかと記憶している。

おそらく未成年(18歳未満)とバレていただろう。しかし、それは黙認された。

受付内の男が切り出した。

初めてですか?」と。

黙って頷くと、「おひとり様8000円です」とだけ言われた。

机には下着姿の女性が10名ほど並べられていたが、写真を見る余裕はなく、コースや禁止事項を説明されることもなかった。

いわゆる、今でいうところの強制フリー。選ばせてもくれないというやつだ。

だが、未成年であることを考えると利用させてくれるだけで有難い。それに何かを尋ねる余裕なんてないし、指名ができるという知識すらもなかった。

風俗へ行く!おんなを知る! 目的は単純であり明確だった。

料金を支払うと番号札を渡され、受付横の待合室へと通された。

番号札には番号のほかに、こう記されていた。

阿倍野駅から桃色天国駅へ

この言葉は今後数年、我々仲間内でヌキへ行く際の合言葉となり、今も後輩に伝承されているとの噂だ。


悪意なき便意

待合室には学生風のお兄さんからリーマン、ドカタの団体、初老の紳士がスケベ心を隠すように澄まし顔で待機していた。

皆一様に落ち着いており、雑誌や本を読んでいたが、我々が入ると舐めるような視線が送られた。その中には「若造が色気づきやがって」といった敵意すら感じるものもあった。

わたしとタクローは寄り添うように端の席に座り、心を落ち着けるように深い深呼吸をした。

思春期真っ只中の高校1年、ファーストキッスもまだなら、乳もマンコも生で見たことがない。それどころか、オンナというものをまったく知らない。しかも、明らかに場違いで周囲からわたしたちだけが浮いている。けれども、料金も払ったし、もう後戻りはできない。

こうなったら、なるようになるだけ。おんなを知ることに集中するだけだ。そして、現にそれがいま手の届くところまで迫っている。

パチンコに勝った勢いだけで風俗へとやってきた。しかし、いざコトが目の前に迫ると、とてつもなく不安で、尋常じゃないぐらい緊張する。

緊張を和らげようと、手元にあるエロ本を手に取った。

ダメだ、ぜんぜん勃たない。グラビアアイドルのヌードを見ても、ピクリともしない。

雑誌を持つ手が震える。隣を見ると、タクローもそうだった。タクローも漫画を手に小刻みに震えていた。

ただこの震えが、おびえなのか、緊張なのか、興奮なのかはわからなかった。ひとつ確かなことは、得も言えぬ感覚が人体のとある意識を呼び起こしたことだ。

その意識とは、便意。しかも大いなる便意


便意その後

タクローが立ち上がり呟いた。

トイレいいですか?」と。

続けざまにわたしも立ち上がり、「僕も…」と呟いた。

男がトイレの場所を教えてくれる。一度店を出て渡り廊下の向こうにあるようだ。そこは入店前に見たアーケードゲームと漫画が陳列された部屋だった。

そこにはトイレがひとつだけあり、その奥には簡易シャワーがいくつか据え置かれていた。

後々の話だが、我々がリッチマンの常連になった頃、、ある者はゲームをして待ち、ある者はシャワー(抜いたあとすぐ寝るために髪まで洗う)を浴び、またあるものは漫画を読んで待機した。

そして、皆が皆ここへ来ると必ずウンコをしていた

いまは風俗へ行っても便意はおろか尿意すら催さないが、当時は必ずといっていいほど便意を誘発していた。

あれはいったいなんであったのか。答えはいまだ謎のままだ。


リッチドールとは

さて、ここで『リッチドール』とはなにかを伝えておこう。

リッチドールとは大阪風俗界の老舗中の老舗。府内の至る所に店舗型ヘルスを構えるキング オブ ヘルスの異名をとる日本を代表する風俗グループだ。

当時は『リッチドール』以外にも『太郎と花子』他(名前忘れました)といったフランチャイズを多数構え、全盛期には30を超える店舗が傘下にあったといわれている。

いまはグループの細分化が進められているようで、『リッチ』の看板を背負う店舗は少なくなっている。

阿倍野店はHPにもあるようにファッションヘルスを呼称しているが、形式的には「ピンサロ」に近いものだった。

コースも30分からロングコースまであり、別途オプションも用意されているが、わたしたちは30分以上を利用したことはない。

シャワーも併設されているが、あくまでも希望する者のみ10分500円(コインシャワー、値段は記憶違いもあり)で浴びることができた。プレイ前のシャワーは強制ではない。

プレイルームは扉つきの個室で、各部屋 天井から20~30cmほど空けて壁で区切られている。わずか壁一枚の隔たりなので、覗こうと思えば覗けるし、となり近所の声も普通に聞こえた。

ルームの広さは約2畳。ピンクの照明の下、布団一枚のみで行われる ザ昭和の風俗店。

総合的にはヘルスとピンサロのいいとこどりのようなお店だ。

参考URL⇒大阪の老舗風俗『リッチドールグループ』 

参考URL⇒『リッチドール阿倍野店』 


時は来た!

便を済ませ待合室に戻る。入れ替わり立ち替わりお客が現れ、待合室は常に混雑していた。

番号札が呼ばれると皆の動きが止まる。自分の番号ではないのに、確認するのは男の性か。

我々の順番はまだ来ない。そういえばどのぐらい待つのかも聞いていない。もしかしたらウンコをしてる間に呼ばれたのかも…と不安になるも、それを尋ねる勇気もなかった。

わたしたちは自分の番が呼ばれるまで、緊張と不安、後悔と期待を胸に秘め、ひたすらに、ただひたすらに待ち続けた。

週刊誌やエロ本を次々と手に取り、勃つか、勃たないかを、幾度となくチェックする。不思議なことにまったく勃たない。タクローも勃たないと不安げだった。

そうこうして、およそ1時間近く待っただろうか。。

ついに呼ばれた。

先にわたしからだ。番号札を確認され、注意事項を説明されると、受付奥へと通された。

人ひとりがすれ違える細い廊下。その左右に扉が数枚並んでいた。

男が○番と書かれた扉の前に立ち、ノックした。次の瞬間、ガチャリと明けられたそこには…


つづく。

to be continued

※不定期連載です。次回まで今しばらくお待ちください。



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

【性春プレイバック】16の春 僕はおんなを知った~契機~ 

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

阿倍野駅から桃色天国駅へ。

16歳の春、僕はおんなを知った。

それはあまりにも突然のことで、朝起きたときには、そういうことが待っているなんて、まったく思っていなかった。

降って湧いた僥倖、いや偶然の産物といっていいだろう。

ただ、不思議なことに初体験の記憶はおぼろげだ。そこへ至る過程はとても鮮明に覚えているのに、行為自体は不鮮明で、だけどもいまなお残像が夢にでてくる、、そんな初体験だった。

今日は少し想い出を語りたい。


春休みの何もない日常

わたしがおんなを知ったのは、高校一年生の春。早生まれのため、まだ16歳であった。

オナニーとアルバイトに明け暮れた高校生活、春休みの何の予定もない暇な一日。いつもであれば兄の部屋からエロ本を物色し、オナニーをして、飯を食って雑用を済ませ、またオナニーをして過ごす、、、

どこにでもある高校生の一日だったろう。

そうあいつが家に来るまでは...


運命の歯車はこの一言から始まった

昼過ぎだったろうか、友人のタクローが突然家に来た。そしてこう言った。

パチンコ行こうぜ!

急にどうしたのかと思ったら、共通の友人であるマサヤンが先日パチンコで大勝ちしたらしい。

3000円が50000円以上にもなったと聞いて、タクローは居ても立ってもおれず、俺もとなったらしい。悔しいやら羨ましいやら、あいつはケチだ(何もおごってもらえなかったようだ)と連呼していた。

このとき、わたしもタクローもパチンコの経験はない。それもそうだ、まだ16歳、高校一年なのだから。しかし、地元の友人たちの多くはすでにパチンコデビューをしている。

悪いことに憧れる少年時代。地元のワルたちは、原付をニケツし、タバコを吹かして、堂々とパチンコ屋に出入りしていた。

タクローの言葉からは、マサヤンが羨ましい以上に、ブーム乗り遅れたくないという真意が見え透いていた。いや、それよりももっと大きな理由があるのをわたしは見逃していなかった。

別にええけど、金は自分持ちやで

そう、タクローは文無しだったのだ。そこで、パチンコデビューという餌を撒き餌にアルバイトをしていて小遣いに余裕のあるわたしを巻きこもうとしていたのだ。

金の無心を兼ねて。ギャンブル依存症によくある、「勝って返す!」というあの言葉をもって。

結局のところ、なんだかんだでするこのなかったわたしは、タクローの絵図どおりパチンコへ行った。

するとどうだろう、、、なんとビギナーズラックが爆発

わたしは4万勝、タクローはなんと10万をも超える換金を成し得た。しかも投資金はふたり合わせても1万にも届いていない。。

パチンコデビューは、2人合わせて純利益13万を超える大勝利の上に終わった。


大勝利と友情

驚くような大金を手にした高校生ふたり。初めて手にする10万近い諭吉様を地元ヤンキーからのかつあげを防ぐため靴下の中に震える手で避難。財布のなかには1、2万だけを残した。

その後は、、豪遊だ。

といっても高校生のすること、焼肉を食べ、ゲーセンに行き、友人にカラオケを奢って、、宵の闇。

タクローと家路につき、靴下の中から諭吉様を救出する。あれだけ豪遊してもまだ8万円近く残っていた。

この日、利益が出たら折半だと決めていた。勝とうが負けようが出玉は折半、後腐れなし。金を貸す前に念押しして約束していた。

よもやの大勝にタクローは不満げだったが、軍資金はわたしの金だ。それにもしかしたら逆のパターンもあった。

最終的にタクローは納得して折半に応じた…と思っていた。

あの言葉を聞くまでは。


そうだ風俗へ行こう!

「ックショー、これじゃ丸損やんけ。ほとんど俺のお陰なのに。」

「仕方ないやん、元は俺の金やねんから。それに約束したやろ始めに、お前もバイトせーや」

「せやなー、せやなー、もうあぁーーあ"あ””””、、 なぁバカイチ、、あのなぁ、…… ..……」

「??なんやねん、早く言えや!!」

…っぞく行こうぜ!

「ん?なに?なんて??」

「だからー残った金で、ふーぞく行かへん!?

「フ、ふ、フーゾク??」

そう風俗、ヘルス

「あぁフーゾクか、、、へっ???風俗、、えっヘルス??もしかしてあそこ??」

「そうそう、あそこ、リッチマン、、、リッチドール行こうぜ!」

「まじか、キクチ先輩御用達のリッチマンか!!」

「いまならまだ間に合うし、チャリを飛ばせば15分も掛からへん、行こうやバカイチ!」

「お、、おぉおう、おうよ!!そうや行こう風俗、金ならある。行こう!リッチドールへ行こう!」

声をそろえて、、、

風俗へ行こう!

ということで、昼間叫んだ掛け声、「パチンコへ行こう!」が、その日の夜には「風俗へ行こう!」とへと変化していったんだ。

いま冷静に考えると、なんてバカだったんだろうと思う。完全にギャンブル依存症の考えと行動だ。

ここから数年後、わたしはギャンブルと風俗で数百万円の借金をつくるのだが、おそらくこの時の体験が、その原因であることは間違いないだろう。

ついでに余談をもうひとつ。

ビギナーズラックが爆発したパチンコ屋だが、ここも数年後、遠隔操作が判明し数ヶ月の営業停止に追い込まれている。


そして僕たちは駆けだした…

こうして、パチンコデビューは先を越されたが、風俗デビューは友人たちに先駆けて経験することになった。

わたしたちは、ほぼ立ち漕ぎのまま全速力で大阪は天王寺にある「リッチドール阿倍野店」へと急いだ。

このときの高揚感はいまもって忘れない。まじりっけひとつない心からの純粋。裸がみたいとか、舐めたいとか、舐められたいとか、そんなことじゃない。

これから何が起こるのかも分からずに、ただ闇雲に「風俗店」という天国へと向かっていた。女を知るという目的よりも、初めて風俗店へ行くという目の前の現実に陶酔していたんだと、いまそう思える。

『リッチドール』へは予想よりも早く着いた。

店の手前でチャリを止め、いざ階段を上るときには、さすがに躊躇した。しかし、タクローと目を会わせ、互いの意思を確認したら自然と階段へ足がのびた。

一段一段 踏みしめるように、一歩一歩 大人の階段を上るように…


つづく。

to be continued

※不定期連載です。次回まで今しばらくお待ちください。



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

シリーズ【変態】足の指から耳の先まで舐めるド変態 後半

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

自らの手でクリを掻きむしり始めた。

途端に海中の水圧が増した。奥から奥から液体が溢れ漏れてくる。指が溺れる。指が液体に侵食されていく。

女は喘ぎながらフェラを続け、自らを慰め、そして、、店内にこだまする大絶叫を発し、イッた。

⇒「シリーズ【変態】足の指から耳の先まで舐めるド変態 前半

⇒「シリーズ【変態】足の指から耳の先まで舐めるド変態 中半」


四つん這いという畜生道

f2f7aea8


気持ちよかった」と、女は言った。

体を伝う珠のような汗、下半身からポタポタと垂れる液体を見る限り、おそらく嘘ではないのだろう。

女は再び私の指をフェラで拭い、「四つん這いになって」と言った。続けて、「頭を壁側に、お尻をこっちに突き出して」と笑って通路を指差した。

このフルオープンのシートで尻の穴を通路にさらして四つん這いだと、、ゴクリ。。

hentai1

さすがに逡巡した。

四つん這いということは、、あれがある。ないわけがない。となると、声もでる、おそらくかなり大音量の。そうなると尻の穴を見られるだけでなく、オヤヂのヨガリを見られるということになる。

女が笑っている、さー早くと急かされているようだ。

わたしは成った。犬に。畜生に。頭の下で手を組み、そこへ頭を乗せて、尻を高く突き出した。


菊門は時に緩く、時にキツメに締め付けるべし

945f7cb2-s


女は下処理を施し、手慣れた動きで、菊門を舐めた。

濡れた。濡れまくった。渇くそばから濡れていった。上下に横に、時に門を刺すように舐めてくる。

あまりの気持ちよさに腰がくだけ、尻がふるえ、女のような声が上がる

少しの休みをはさみ、幾度と無く襲われた。

冷たい舌先が触れると、ヒャッと押し出されるように尻が前へと動く。しかしすぐに追撃されるものの、その追撃を待っていたとばかりに尻を後ずさりさせた。

出会い頭の菊と舌、これほど相性のいいものはない。

じゅるるるるぅぅぅぅ。。。

尻肉を左右に広げられ、筋に添ってレロンレロン。門は舌先を尖らせてツンツンペロン。舐めながらの手コキ、さらには下に潜りこんでのフェラに、指挿入。

こんなことがフルオープンのシートで行われてもいいものか。いいや、あるまじき行為。そもそもここはピンサロ、ヘルスでもソープでもない!!

だが、気持ちいい。快感の前にモラルは無力だった。


M男の本懐

あり得ないことはまだまだ続いた。

次は仰向けを指示された。

同じように頭を壁に向けて、足は通路側へ。バックに比べて視界が広がるから断然恥ずかしい。見上げた先にはドスケベな顔をさらにテカらせ女が興奮している。

女は通路側に降り立ち体を低くして、菊門をひと舐め。そこから体を起こし、息を大きく吸ったと思ったら両手で両足を持ち上げ、逆Y字バランス。

あられもない姿に、いやっ、いやん、、と猫なで声。しかし女は知っている。

M男のいやはイヤじゃないことを。

ニタリと笑って、抱えた足を押し倒す。

出ましたっ、ご奉仕痴女の代名詞、、、ちんぐりバスタァァァー!!

1503a769


よもやピンサロのリングサイドで見れるとは!!

攻撃はこれからが本番だ。

バスターからの菊門舐め。玉も竿も同時に舐める、このままではふやけてしまうのではないだろうかっ、、10カウント、ノックアウト寸前。

M男は恥ずかさのあまり顔を手で覆い隠している。だが、気持ち良さそうだぞ。これは男の恍惚だ!! ひと舐めごとに体をよじらせ女のような声をあげているっ!!

おおっと、、ここで、なんだ、あぁっと女が靴下に足をかけた。いったいなにをするだぁー、男の最後のプライドまで剥ぎ取ろうとでも言うのかぁーー??


取ったぁー!!

男はなぜ?? という顔をしている。手でノーノーと遮っているようだ、、が、とまらない!!

hentai6

まじかっ!!

a1ae3f54-s


ま、まさかの足指舐めだっ!! 靴下を剥ぎ取り、足を抱えて貪るように舐めている。しかも適当じゃない、指と指の間も丁寧に舐めているっ!!

な、なんだこれは、、もはやルール無視、なんでもありのオクタゴン!!


レフェリーストップ、TKO負け、強制終了のシナリオも…

fdb4c337


男のほうはもはや息も絶え絶え、射精寸前、、いやその前にレフェリーに止められるかもしれません。なぜならこの席のすぐそばに居るのですから。止めようと思えば今すぐにでもレフェリーストップがかかる状況なのですが…

とまらないっ!! もう片方もいったー!! 靴下を剥ぎ取り舐めたぁぁーー。

その姿もはや舐めダルマのごとし。

足の指だけでなくふくらはぎ、膝、内腿も舐めている。まさに足の指から頭の先までの全身リップ、、いや、もはやこれは全身奉仕といっていいでしょう。

M男でなくても気持ちいいこと間違いありません。

おっと、ここでさらなる体勢のチェンジのようです。

ではマイクを現場に預けましょう。。


変態ラストフィナーレ

9e78da4b-s


最初の体勢に戻って
う、うん

背もたれに腰掛け普通に座る。散々責められた後なもんだから、腰を掛けると同時に力が抜ける。しかし、あそこはギンギン。

疲れマラに似ているようで少し違う。焦らされたわけでもないので、それとも違う。ただ純粋に快楽だけを与え続けられた成れの果て、苦しそうなちんこだった。

裏筋の血管は膨張し、玉はパンパンに膨れ上がり、鬼頭からは我慢汁が絶え間なく出続けている。

はやく、はやく介錯してくれ、そうちんこが啼いているようでもあった。

それを察したのか、女はそっとちんこに手をかけて、ふたこすり、みこすり、、そしてガバッと咥えこみ、ゆっくりゆっくりと深く咥えこみ、ゆっくりゆっくりと浮上した

0e243f83


さっきまでの過激さとは正反対の癒すようなフェラ。激戦の戦いから帰ってきた息子を労るような優しさに溢れるも、、悲しいかな、息子は五体満足では帰って来なかった。

母は帰ってきた嬉しさのなか、非常な決断をしなくてはならない、、トドメを刺すという過酷な仕事を。。


とめどなく流れ落ちる涙のように…

5552c661-s


優しさに包まれたフェラが、少しずつ少しずつ速度を上げていく。本当に少しずつ、本当にゆっくりと、1段1段ギアを上げながら、同時に圧を高め、舌の動きも加えていく。さらに唾液と胃液を増量し、いやらしい音をシートに響かせていく。

ゴバッジュゴッ、ゴッバジュゴッ、ゴッッハジュッゴ、、ジュヂュジュッジュヂュ、、、、

あああァぁーーくるくるくるくるぅー!!!

海底からマグマが上昇し、海綿体を押し上げ、その圧力に耐えきれず、隆起、そして破裂っ!!!

シートを震わせる痙攣を交えた射精が起こった。ドクンドクンとほとばしるものが内から飛び出し、一瞬が数秒にも感じる、100回に1回あるかないかの射精

hentai11

まさに大噴火。

大量ということは自分でもわかった。女はそれを一滴残らず最後の最後、底にある絞りカスまで絞り上げ、受け止めた。


お掃除を開始します

d7a15941-s


その後、手短に処理をしたのか、飲んだのか(余韻に浸りすぎて確認できていません)、すぐにお掃除フェラの開始。

急激に萎みつつあるちんこを起こし、尿道を舌先で高速回転。敏感状態のなか、ことさら鋭敏なところへ急刺激を加えるのだから、くすぐったいなんてものじゃない。

あひゃひょぉぅ、、、あっダメダメ、いっいや、いやん。。

声を上げ体をよじらせなんとか脱出を試みるが、女はそれを許さない。腕で足を押さえつけて、下半身の動きをホールドしながら、ちんこを口から離さない。

悶絶すること、約1分近く、、、


アッアー! もうダメ、ほんとダメだめ、許して、、ゆるしてくださあーい!!

店内にも響くであろうM男からのお許し願い。

今日はここまでにしようか」ニッコリ。

こうして短いようで長いような変態の時間を終えた。


変態 事後

hentai15

最後は5分ほど時間をあましていたのか、全身をくまなく拭き取りながらトークをした。

話した内容は、プレイとは裏原にごくごく普通のことばかり。ジムにいってるとか、オナニーはするのかとか、彼女、彼氏はいるのかなど。

そのなかで、このお店にも冠する特殊な事情について尋ねてみた、その答えは…

わたしは全然気にしない、拭いても拭かなくても、気にならない、、ということだった。

こうして時間を迎え、お別れ。過激プレイであったぶんだけ体はすっきりと、まったく名残惜しさのない清々しい退店であった。

外にでるとそこは商店街の真っ只中、まだ明るい夕刻の時間。帰宅を急ぐ人々と、これから帰宅するであろう方のための夕飯の買出しなど、街はいつもと変わらない景色。

そのなかを、ついさっきまで全裸で喘ぎまくっていたおっさんが、普通のおっさんとして町にとけこんでいった。。。

おしまい。


あとがき

シリーズ【変態】いかがだったでしょうか。店名も地域も非公開にすることの意味をご納得いただけたと思います。

ここまでくるとピンサロというレベルじゃありません。人気ヘルス嬢の奉仕をピンサロで受けているのとまったく同じです。しかもそれをノーリクでしているのですから、なんと言っていいのか。

私と同じようにマグロに徹することができる方ばかりなら公表しても問題ありません。ですが、そうじゃない。ここまでしてくれるのならと、強行に出る方がいる。だから困っちゃうんですね。

今後、常軌を逸する変態を見つけるつれ、シリーズ物として【限定公開】にてご紹介していく予定です。まぁ次はいつになることかわかりませんが、、、

長々とお読みいただき誠にありがとうございます。記事についてご質問やご感想などあれば、ぜひぜひコメントくださいませ。それが次作のモチベーションになりますので。

では次なる変態の登場をお楽しみください。

※完結が6月に入りましたので、今作品の登場人物とお店を6月の嬢名リストでも配信いたします。ご希望の方は「オリジナリティに富んだ素敵な体験談」をお届けください。



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

首都圏ピンサロ動静・2018年皐月 池袋西口『ハニーパラダイス』再始動のお知らせ

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

暑い暑い5月が終わり、ジメッとした梅雨空がすすむ6月へ入りました。

最近は幾分ましですが、早くも夏が来たのかという温暖な気候、梅雨が明けた後はどれだけ暑くなってくるのか、、いまから末恐ろしくもありますね。

さて、2018年 上半期最後の6月。振り返れば平昌オリンピックの感動も薄れ、様々な事件が世間を賑わせてきました。そだねー。

印象に残っているだけでも、、相撲に始まりモリカケ、それ絡みの財務省セクハラ、そういえばセクシーヨガなんて話題もありましたね。ないすぅー。

ポジティブスターヨガ「PSY」これは勘違いしますよね。。

調べてみると、「当店は風俗店(を匂わせておりますが)ではありません」という消費者庁もびっくりのヨガで...うん、いいと思うー。

その後は、山口メンバーの強制わいせつに、日大アメフト問題。

アメフト問題は、当事者が除名されたということで一応の収束をみせつつありますが、スポーツは違えど青春時代を体育会系で育ってきた自分と被るところがあり、なんとも複雑な気持ちです。

当時はあそこまでとは言わずとも、あれが普通。殴る蹴るの暴力は強豪校であれば少なからず存在しており、強豪校でなくとも上下関係が厳しいところであれば、なにかしらの「かわいがり」があって当然でした。

ですが、日大問題と大きく異なるところは、愛があったこと。

練習や指導は逃げ出したくなるほど辛かったですが、みんなが一致団結し、スポ根をしていた。精神的に追い込みを掛けるようなことや、反則を仕向けるような指導はなかった。。。

あの問題をみていて普通に思ったことは、例の監督はアメフトが好きだったのかな…ということです。

彼も元選手だったそうですが、好きであれば絶対にあんなことは命令しないはずなのに、、そう思いました。

好きであれば常軌を逸した指導や、逸脱した暴力、ルールやマナーを守らない行為の強要、それらは絶対にしない!! してはいけない!!

これは全ての物事に通じると私は思っています。

一寸先は闇、起きた事件の数々を見ていると、この言葉が浮かんできます。順調に人生を過ごしていても、ひとつのことがきっかけで人生が転落することにもなりかねませんので、みなさん気を付けて毎日を生きていきましょう。

さて、余談が長かったですね。

2018年上半期最後の6月、今年も残すところあと半分です。

今日は月初恒例となりました「ピンサロ動静」をご紹介いたします。5月前後に起きたピンサロ店の動きをまとめてみましたので、どうぞご参考ください。


休業&リニューアルしたピンサロ店

☆新宿『ピンキー』6月1日より休業
pinky
⇒休業期間中は同ビル下の『ミルキー』にて合同営業中!!

milky
⇒合同営業お得イベント乱発予定!!


☆赤羽『レインボー』5月中旬より休業
rainbow


☆立川『キャンディーガール』5月上旬より休業
candgirl
⇒在籍嬢は吉祥寺『SGR』と『ムンバリ』へ分配移籍

※『ムンバリ』6月1日一周年記念開催。
munbari


☆池袋『ポパイ』5月上旬より休業
popai
⇒同日より池袋『ピース』へ移転リニューアルオープン


☆池袋『トロピカーナ』5月中旬より休業
tropicana
⇒同日より池袋『キャラメル』へ移転リニューアルオープン


これからオープン予定のピンサロ店

☆大宮『Gスタイル』6月1日よりグランドオープン
gstyl
⇒大宮『ラブメイト』の嬢が完全移籍


☆大塚『艶女別館』6月1日(金)グランドオープン
adejosabu
⇒姉妹店『旧昼顔』跡地にオープン。人妻店と思われる。


☆大塚『れいんぼ~』6月上旬オープン予定
rainbo
⇒かつてない場所にオープンする新規店。HPのつくりから系列店と思われるも、情報不足により詳細不明


☆新宿『キララ』6月20日グランドオープン
kirara
⇒おそらくは「レモン系」のいずれかの店舗の移転。こちらも情報不足により詳細不明


池袋『ぷりまじ』休業⇒西口『ハニパラ』再始動

hanipara

突然ですが、池袋東口の人気ピンサロ『ぷりまじ』が休業するとの情報を得ました。休業予定日は、6月3日(日)。この日まで営業し、翌4日を休み、5日より西口で再始動するとのことです。

5日よりの営業先は、皆さんご存知の西口『ハニーパラダイスすでに店舗発表もされており、リニューアル記念も公開済み。

hanipara1

約2ヶ月未満の再始動とあって割引こそ超大型ではありませんが、フリー最安4000円なら十分すぎるお得です。

メルマガによると、なんでも在籍数が100名を超える大型店になるそうなので、後日もしかしたらどこかの店舗との合同営業になるかもしれません。

いずれにせよ、6月5日からの利用は西口『ハニーパラダイス』になります。メルマガの登録、HP、ピン探の新着情報などのブックマークの変更をお忘れなく。


以上、現在調べがついている5月前後の首都圏ピンサロの動きでした。情報の誤りや抜けがございましたら、ぜひコメント欄よりお教えください。


追伸

個人的なことではございますが、無事手術を終え、いま順調に回復しております。お待たせしておりますシリーズ【変態】は近日完成を迎えます。また赤羽本サロ調査が近年まれに見るスマッシュヒットでした。ありがとうございます。

そこで、今月も都内近郊にある怪しげな噂を潜入調査したいと思います、、、が、なにぶん情報に乏しい状況です。もし噂だけでも大丈夫なので何かご存知でしたらぜひそちらもお教えください。

その際の情報はコチラからお願いします。

216c11cf-s

あまり公にできないことなので...イッヒヒヒ。もしかしたら一緒にご同行願うかもしれませんよ、ホホホッホ。。。



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

シリーズ【変態】足の指から耳の先まで舐めるド変態 中半

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

おぉそうだ、良いこともあったんだ。嬢を確認できたこと。おそらくその時間帯出勤していた全員を見た。

希望していたエースを見た。最終的に悩んで外した女を見た。端から除外していた女もみた。ビジュアルは一番よかった。次指名したいと思った。エースは写真と全然違った。ルックスもスタイルも雰囲気も。でも近いうちに指名したいと思った。

だって聴こえてくる声がすごいんだもの。情愛、慟哭、慈しみ、、あんなの聞いたことがない。

まあ今回相手した女も全然負けてないのだが… 

⇒「シリーズ【変態】足の指から耳の先まで舐めるド変態 前半


求めるがままに貪りあう

4440c4df


フルオープンの晒し者シート。まるで忘れられたかのようにぼっち待機が続くこと5分…

現れた、襲われた、食べられた。

耳を、口を、心を。

入ってくるなり足を絡ませ半身を膝上へ乗せて身体を預けてくる。顔が近い、いきなりのフェイス to フェイス。

キスまったなし!!

と思ったら耳をがぶり。そのまま手で顔を押さえつけて強引なキス。当然ハード、しかし甘く、優しい。

キスを終えた後で、「初めまして。指名してくれてありがとう」と超至近距離で挨拶。

表情がエロい。ドスケベの顔をしている。体はやや崩れ気味でぽっちゃりしているが、そんなものは関係ない。

なんたってエロに全ポイントを振り分けているのだから


性欲と情欲のマーキング

6e5c72e1-s


プレイは続く、体と体でスキンシップをはかる。ちんこを触りながら、片手でシャツをたくしあげ、乳首を舐めながら聞いてくる。

ここは好きか、と。

言葉で答える前に体が応える。

女のスケベ顔がさらにエロくなった。M男だと確信したのだろう。ここから言葉は不要になった。

コスチュームの前部をはだけ、生乳を露出。それをベロチューさせながら触らせてくる。乳首に触れると好き者のそれとされる大きな喘ぎ。反応した反動で体を預けてくるように密着し、片ひざを私の膝上に乗せて、お股オープン、すでにノーパン。

ズボンに染みる冷たい感触、はやくもダダ濡れのようだ。

天然のものか、ローションか、、やめてくれ、ズボンは汚したくない。が、止まらない、女も俺も。

0baa8588-s


ベロンベロンのベロチュー、耳、首、顎、口回りに舌を這わせてくる。顔が犯される。うがい薬の薬品臭が唾液の据えた匂いを緩和してくれる。

シャツをたくしあげて乳首、胸板、脇、横腹、へそをリップサービス。体を上下させ、床下に着けた片足を重心に巧みな体重移動。半身をよじらせ、体重を預けながらも片足で床を蹴り上げ、円を描くように上半身をくまなく舐め続けられる。

もうなにも考えられない。次々に新しい快感が襲ってきて、うめくように喘ぐだけだった。。


ドスケベには誠意をもって応えるべし

518f8e56


ズボンに手が掛けられた。ベルト外し、ボタンを緩ませ、ゆとりができたら隙間からそっとインサート。

パンツの上から手探りでこねくりまわす。上半身へのリップサービスも止まらない。

体勢を変える流れで、ズボンに手を掛け一気に脱衣。ズボンを引き下げられ、すべて脱ぎ捨てるようにとの無言の圧力を感じた。

靴を脱ぎ、靴下だけを残して丸裸、合わせて上も脱いだ。

1メートル先にはスタッフが居て、入退店するすべての男女から丸見えになるオープンシート。そこで四十を越えたオヤヂが丸裸とは…

hentai5

実に清々しい!! それに靴下だけというのがいかにもピンサロらしい。

女は脱ぎ捨てた衣服を拾い、ハンガーに掛けると、横へ座り直し、肘を私の股の間に置き、体の半身をこちらに向けて大股を開き、口から分厚い舌を出して、ベロンと鬼頭をひと舐め、、ふた舐め、、、

そして再び舌を大きく伸ばして、次は根本から鬼頭にかけてを"べロ~リ"と魅せるように舐め上げ、舌先でチロチロとカリを周回し、"ゴバッ"と咥え込んだ。

無論、拭いてない。拭かない、なにも拭きとらない、気にするそぶりもない。一度舐めたらもう止まらない、、口も手も。  


ディープスロート×のど輪締め

hentai6

根元のキワまで咥えたら首を曲げて喉元へとすべらし、そこで一時待機、そこから胃液と唾液とが混ざりあったぬめりを含ませたまま身体を起こしながら"ぬべぇ"と亀頭へホールドアップ!! 上部で息を吸い込んだら、また"ぬべぇ"と最深部へと潜航。

亀頭先端で呼吸する際に、ゴパァーと音を発し、そのままコォーと沈下していくそのさまは、まるでマッコウグシラのごとし。

hentai7

動きも絶妙なゆるさで、吸い付くような快感がいつまで同じ感度で永続してような刺激。緩慢というわけでもなく、早くもなく、焦らされるようでもなく。

官能という大海原の流れに身を任せて潜航と上昇を繰り返すかのような雄大な快感

あぁぁ… という漏れる声で一緒に堕ち、ううぅアァ…という高まりで一緒に上ってゆくような。

fc61f59f-s


手も止まらない。滴り落ちる交配液を潤滑油に乳首を刺激、玉も優しく包み、蟻の戸渡りも絶妙なフェザータッチ。

快楽という大海原へ堕ちていく、その刹那、大きく開かれた股が呼んでいた。


ヌル壺カルビ

1f66fd96-s


ぷっくりと膨らんだ蕾に手を添えてみると、そこは愛液の表面張力。もはやこぼれ落ちる寸前。

筋に指を当て、肉厚なビラビラを左右に擦り、愛液を周辺に散らながらクリらしき突起物を刺激すると、、ビクンと大きく波打った。

瞬間フェラの手が止まるも、すぐに始まる、しかし刺激を強めるとさすがの女も虚脱する、、

攻め一辺倒のドSかと思ったが、意外にも受けに弱い。生粋のスケベのようだ。その証拠に濡れがすごい、何もしていないのにもはや決壊間近である。

e5cc41af-s


どうするべきか。ちんこへの雄大な快感を持続させるべきか、クジラを吹かせるべきか。

個人的には快感の海に溺れ続けたい。それに吹かせられる自信もないし、攻めが止まるのはできれば避けたい、、と思っていたら女がまさかの行動に出た。


快楽を求め続ける求道者

0a2dbb3d-s


クリに添えていた私の手を奪いとり、その手を口へと突っ込み、そのまま口内で怒濤の指フェラ。4本指の周囲を舌が躊躇なく這う。口から取り出すと1本1本丁寧にしゃぶる。

まるで私の指が最高の美食かのように頬張りじゅるじゅるよだれをたらし舐める。

そうして…

いれ(挿入)てぇ、なかに入れて掻き回して・・

奪い取った手を中へと導いた。

344ec8ee


もはや海中であった。洞穴内は全方位がヌメリを帯びており、少し指を曲げるだけで、じゅっぽじゅっぽと液が染み出てくる。

女は喘ぎながらちんこを舐める。さっきまでの雄大さはなく、何かを耐えるように一心不乱に口と手でちんこを虐める。

女がさけぶ!!

クリも、クリも一緒にいじって!!

(えっ、片手で中もクリも同時に??

やばい、パニックった、、咄嗟に言葉が出た。

どどどどうすればいいのの??

えっ!?
えっっ!?

瞬間の間を悟らせぬように、女が動いた。

こうするのよ!!

6589ccdd-s


自らの手でクリを掻きむしり始めた。

途端に海中の水圧が増した。奥から奥から液体が溢れ漏れてくる。指が溺れる。指が液体に侵食されていく。

女は喘ぎながらフェラを続け、自らを慰め、そして、、店内にこだまする大絶叫を発し、イッた。


~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング
嬢報共有投稿 クエスト申請書 同士BBS
最新コメント
twitter / pinsarobaka

ピンサロクチコミ体験談

最新ピンサロイベント情報

読んで学ぶピンサロまとめ

新人ピンサロ嬢一覧

フラットシート採用サロン特集

回転サロン特集

割引募集掲示板

お願い!ピンサロランキング

ピンサロランキング

Q.「ピンサロやめれますか?やめれませんか?」

止める覚悟ができた
将来的に止めようと思う
やめる気がない、やめない!
やめたいけど、やめれない
もう卒業している

ブログ内の検索はこちらから
ピンサロ情報の仕入先
プロフィール

ピンサロバカ一代

無料アダルトサイト検索 A-Pagerank
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ