ピンサロバカ一代~素人童貞のピンサロ紀行~

素人童貞だけど女好き。だから風俗へ行く。でもお金がない。だからピンサロ1本勝負!

素人童貞だけど、そんな事を悲観せず前向きに生きる男の生き様を描いた物語。主にピンサロに関する体験、妄想、思考を基に、その地域情報を含め、くだらない話から役立つ情報まで広く浅く網羅していきます。
ピンサロ探検隊

西川口

埼玉・西川口でNK流復活の噂を辿るッ!その参

素人童貞ピンサロ
 
 その弐はこちら。 

 つづき。 

 それから約30分後、私は大宮にいた。
  
 JR大宮駅。ここは北関東と東京を繋ぐ玄関口。在来線だけでなく新幹線の発着駅も兼ねるメガロポリスだ。街のサイズも街の規模も、さっきまで居た西川口とは比べ物にならない。

 特に今宵は祝日の夜。駅のコンコースは多数の人で賑わい、私が今から向かう東口遊楽街も沢山の若者で溢れていることが容易に想像できた。

 そもそも、なぜ大宮へ来たのか??

 この理由から説明しておこう。といっても大方予想のつくことだと思われるが…

 まず結論から言うと…西川口・NK流復活の噂は、案の定ガセネタだった。

 実はあの後、諦めきれずにもう一度だけ銀行裏手に向かった。次は客引きに見つけられるというよりも自ら見つける!怪しいと思しきビルに自ら探りを入れる。そのつもりで、街を回った。

 しかし、怪しいと思しきビルに何の違和感も雰囲気もなく、当然に客引きにも出会わなかった。

 また、最後の手段として、現存している無料案内所にそれとなく尋ねるという案も思いついた。だが、西川口の案内所は、今はどうか知らないが、昔はワンドリンク注文して、各お店のアルバムを見るだけという簡易なもの。だったら、ガセネタ確認のためにワンドリンクを注文するのもどうかと思い、寸前で思いとどまった。

 私は、ガセネタである!と最終的に確認するため、最後に西口だけでなく、東口もかつてNK流があった域歩までくまなく歩いた。

 その結果…

 人通り少なく荒廃した街、空きテナントばかりのビル、一向に声の掛からない寂しい状態、その他諸々の現状を鑑み、その上で…

 「埼玉・西川口にNK流復活の狼煙なしッ!」

 との解を導き出した。

 残念ながら、噂はガセネタ。恐らくこれは間違いないだろう。現にこの噂をネットで検索してみても、『花』『アンデルセン』『ヌーディー』というキーワードは出てくるものの、その後の情報が一切出てこない。

 それもそうだ。なぜならガセネタなのだから。

 今回、私が街を徘徊した限りでは、噂どころか今後向こう十年以上、いやこの先もずっと西川口に風俗店は根付かないだろうと思えた。

 あの栄華を誇った西川口風俗は、もはや過去の遺物。あの頃はよかったなぁ~という所詮、昔話なのだ。

 今回のNK流復活か?の噂も、恐らく昔の西川口を懐かしむ昔話から出たものだろう。それに尾ひれ背びれが付いてNK流復活か??との噂・情報になったのではないだろうか…。

 荒廃しても未だなお話題を振りまく西川口…などと思いながら一路家路につこうと足早に駅に向かった。がしかし、このムラムラした気持ち、特に今回は(もしかしたら…)の期待が強かっただけに、かなり悶々としていた。

 かといって、西川口に現存する風俗にはどうも興味がわかない。また、NK流に成り代わり、現在幅を利かせつつある大陸系のエステもどうにも苦手だ。

 そもそも、言葉が通じない相手とナニしても、全然楽しくない。昔タイのバンコクで、色んな女性と夜を供にしたが、どうも意思の疎通が出来ないと興奮しない。やはり心を通い合わせてこそのプレイ。心と身体を共鳴させてこそのセックスだろう!!

 …と素人童貞だが言ってみる。

 ということで、このムラムラした気持ちをどう処理するか??

 そこで、閃いたのが、西川口~大宮間を結ぶホットライン-京浜東北線だ。これに乗って大宮に行けば、かの誉れ高きフラ系新店がある。しかも、嬢、店内環境、すこぶる評判がいい。

 時刻は午後7時。まだ十分である。

 そうして、私はここ大宮に辿りついたというわけである。目的は大宮ピンサロ『ガールズコレクション』。

 西川口・NK流復活の真相を辿る目的で旅立った今回の遠征。散々歩き回った結果、残念ながらコトの真相に辿りつくことは出来なかったが、その代わり、『ガールズコレクション』でここ数年で一番の嬢に出会った。まさに天使、いや、堕天使だったかもしれない。

 今思えば、これは如何わしい目的ながらも、真相究明に努力と研鑽を重ねた私へのご褒美だと思う。それぐらい彼女のプレイは本当に衝撃的なものだった…。

 このお話は次回、改めて大宮ピンサロ『ガールズコレクション』のお店紹介でお話させていただこう。

 今日は最後に…

 調査の結果、「西川口・NK流復活の噂はガセ!」とだけお伝えしてお別れさせていただく。

 3部作に渡って長々とお付き合いいただいたが、恐らく皆さまも心の何処かで期待しつつ、心の何処かでガセなのであろう…と予想していたことだと思う。

 実際、私もそうだ。期待していたとはいえ、中々本当の情報は入ってこない。もしかしたら、本当に地下で営業しているお店があるかもしれないが、こうも簡単に情報が漏れてはやっていけないだろうし、逆に情報が漏れなすぎても…

 ん~難しい。

 ひとつ言えることは、この手の噂はほとんどがガセ。だが、中には本当の情報もある。その情報を当てたときの快感と興奮。 それは大変なものだ!ということ。

 皆さまも無駄と思うかもしれないが、この手の噂を入手したとき、真相を辿る旅に出てみてはいかがだろう。結果として何も得れなくても、その真相を究明している最中は、きっと童心のころに還り、思いのほか楽しいはずだろうから…。

 それでは…

 いつの日か在りし頃の西川口を夢見て…

 アディオス アミーゴ。 


にほんブログ村 その他ブログへ
ガセネタでした

でも私の努力に

ボタンを押してください

埼玉・西川口でNK流復活の噂を辿るッ!その弐

素人童貞ピンサロ
 
 その壱はコチラ。 

 つづき。

 私は駅前で缶コーヒーを飲み、一息ついてから歩を進めた…。

 西口駅前のロータリーを三菱東京UFJ銀行を右手に見ながら道なりに歩く。すると、西口遊楽街のメインストリートに辿りつく。

 とある情報筋によると、噂のお店は三菱東京UFJ銀行の裏手、線路沿いのどこかにあるらしい。店名は『花』そして『アンデルセン』『ヌーディー』だそうだ。

 私はこの情報を耳にしたとき、やはり半信半疑。どうにも信用できなかった。当然だ。だいたいこの手の話のほとんんどがガセ情報なのだから。

 ただ、NK流が壊滅して3年ほど経つだろうか…。もうそろそろ地下に潜った怪しくも訝しげなお店の噂が出てきたとしても、決して可笑しくない。しかも、噂には珍しことに店名まで明らかに?なっている。本音を言うと、半信半疑と言いながらも、実は心のどこかで結構期待していた。

 メインストリートに着いた。

 …… 

 人ひとり歩いていない。通路脇に並ぶビルは、明らかに空きテナントばかり。予想していたとはいえ、全盛期の姿からは考えられないほど、街は廃れ寂れていた。

 気付けば空からは完全に夕日がなくなり、周囲は真っ暗に…。それも影響してなのか、街はとても寂しげにみえた。

 私は誰もいない通りを、ひとり真っ直ぐ歩く。無料案内所が見えた。まだ営業していることに驚いた。

 目的地は三菱UFJの裏手あたり。しかし、私はそこには向かわず、真っ直ぐ歩き、角を左に曲がり、かつてNK流が存在した街の端まで歩いた。そして、そこから来た道とは異なる通りに入り、駅前を目指して街をぐるっと歩いた。

 まるで昔を思い出すようにゆっくり、そして何かを探すように、周囲に目を配りながら歩いた。
 
 駅前に戻ってきた。  

 この往復ですれ違った人は数人で、その内訳は、イメクラで働いているであろう嬢とその客(手にセーラー服を持っていた)、恐らく近隣住民、そして、中華料理のデリバリースタッフだ。

 一見して客引きと分かる人物、もしくは客引きであろうと思われる人物との遭遇・接触は、まだなかった。

 まだ一往復。しかも、肝心のエリアに足を踏み入れていない。街の荒廃、復興の進み具合は残念ながら想像以上。そして、人通りの少なさも予想以上であるが、確実に客引きはいる。いるはずだッ!

 そう信じ、私は2往復目に入った。

 恐らく私が向こうを発見できていないだけで、向こうからは私が見えているはずだ。仮に客引きが存在していると仮定すれば、何かを探すように歩き回る私をみて、次こそは声を掛けてくるはずだ…

 そう思い、再び街に入った。相変わらず人通りは少ない。これでは同じルートを通っても結果は見えている。そこで、今回は噂の方向へ進んだ。三菱UFJ銀行の裏手に出て、道なりに左に曲がる。

 線路沿いに出た。

 スグ左には過去何件もの風俗店が入っていたビルがある。しかし、それらしき店はないし、テナントが入っている雰囲気も感じない。無人。廃墟ビルだ。

 目的地に入り、いきなりなぜこのビルに着目したかというと、私は噂を聞いたとき、瞬時にこのビルの存在が浮かんだ。銀行裏手の線路沿い。恐らく風俗があるとしたら、このビルだろうと予測を立てた。しかし、どうやら違ったようだ。

 私は視線を線路に平行して真っ直ぐ並ぶ正面通りに送った。

 40,50㍍先に見えるラブホの灯り。そして、いくつかの街灯。それ以外、何も見えなかった。街から人が消えたのか?そう思えるほど誰もいなかった。

 私はまた歩く。真っ直ぐ。いつ声を掛けられてもいいようにゆっくりと歩いた。しかし、声は掛からないし、掛けられない。というよりも寧ろ、誰にも会わない。更に言うならば、風俗が存在する気配が全くしない。

 ラブホテルを超えて更に先に歩く。しかし、誰もいない。来た道を戻る。当然誰にも会わないし、当然声も掛からない。

 日が落ちたとはいえ、まだ残暑。かなり汗をかいた。喉もカラカラだ。体力と時間を浪費しているわりには、全く成果のないこの現状に、少しイライラしてきた。このイライラの中には、(もしかしたら…)と期待していたということも少なからず影響していた。

 三度駅前に戻ってきた。次は缶コーヒーではなくスポーツ飲料を口にした。

 少し冷静になり思ったことは、やはりガセネタだったのか…という落胆と、変わり果てた西川口の姿に対する絶望。

 よく締め付けすぎると地下に潜ると言うが、この西川口の姿をみるに、地下にも潜れないのでは…と思ってしまう。それは、当局の監視の目が厳しいというよりも、地下に潜ったところで、集客が期待できない。営業していけないのでは…という根本的な原因からだ。

 祝日の夕方とはいえ、あまりにも少ない人通り。街中のビルも空きテナントばかりで、これでは隠れて営業していても目立つ。それゆえ客引きがいないのも当然といえるだろう。 

 私はスポーツ飲料を飲み干すと、最後の力を振り絞り、再度、西川口の街を歩いた。もうほとんど諦めている。諦めてはいるが、確信を持つため、後悔を残さぬため、最後にもう一度だけ歩いた。

 ……

 ……

 ……

 それから約30分後、私は大宮にいた。

 つづく。

 To Be Continued.


にほんブログ村 その他ブログへ
驕れる者久しからず

西川口の栄華は

永くは続かなかったのでしょうか?

埼玉・西川口でNK流復活の噂を辿るッ!その壱

素人童貞ピンサロ
 

 9月も中旬を過ぎたというのに、まだまだ暑い。だが、秋は確実に近づいており、日のお落ちる早さでその到来に気付く…。

 今、まさにその刻限だ。

 空から夕闇がなくなり、街が本格的な闇に覆われようとしている。いや、もとい、この街はもう数年も前から“闇”に覆われっぱなしなのかもしれない…。

 いったいその闇とは何か?そして、この街とは、どこを指すのか??

 まず街を覆う闇。

 それは、ここ数年の間、この街を包み込む負のオーラのことだ。かつてこの街は、某県の一地方都市ながら、大小100もの風俗店が軒を連ねる一大風俗都市であった。そして、ただ多数の風俗店が乱立しているというだけでなく、その地名を冠したご当地流のプレイが、非常に人気を博した。

 街は平日でもムラムラした男達とそれを狙う客引きでごった返し、週末にもなると県内外からバスを貸切、団体で現れては集団で抜いて帰るツアー客など…その街は風俗により栄華を極め、換言すれば、風俗によりその街は成り立っているといっても過言ではなかった。

 しかし、街はいつしか自分でも気付かないうちに大きくなり過ぎてしまった。

 噂が噂を呼び、増え続ける利用客。そして、それを狙う風俗店。いつしか、各風俗店たちは客の取り合いをはじめるようになり、店頭での客引き行為に力を入れるようになっていった。

 風俗街に一歩足を踏み入れた男は、利用客に限らず住民、ただそこを散歩しているご老人ですら…、男であればお構いなしに声を掛けられる状況になった。最盛期は10㍍程度歩くだけで、10人以上の客引きに声を掛けられるほどに…街は客引きで溢れた。

 もし風俗街における客引きの人口密度を計算したならば、この街は圧倒的に一位。恐らく全盛期の歌舞伎町を遥かに凌駕するぐらいの客引きがいたであろう。

 増えすぎた客引きは街の景観を乱し、店同士、客引き同士、または客引きと通行人など、大小の小競り合いが頻発するようになった。そして、街にはボタンを押せばスグに警察が飛んでくる!といった警戒ボタンが、そこかしこに設置された。

 さすがにこうなってしまっては、いくら風俗の街とは言え、近隣住民も黙ってはいない。その頃には完全に定着した「風俗の街」というレッテルの解消、そして、街の治安維持、更には客引きの一掃を計り、とうとう自治体と一緒に風俗店の一斉摘発に乗り出した。俗にいう浄化作戦である。

 それから数年。今その街は、過去の栄華が夢のごとく、廃墟といっても言い過ぎではないぐらいに寂れ、廃れ、負のオーラという闇で覆われてしまった。

 近年は寂れた街を復活すべく、B級グルメを招致しようと色々と計画しているようだが、悲しいかな、現状を見るにその計画は成功しているとはいえない。

 なんの因果であろうか…。

 風俗により発展した街が、風俗により街を浄化するはめになり、風俗により街が廃れてしまうとは…。

 ここまで話せばもうここがどこかお分かりだろう。

 禁断の禁じ手を解禁し、「NK流」というご当地プレイにて、一躍関東屈指の大歓楽街を築いた街。ご存知…西川口だ。

 私は今、その西川口にいる。街は荒廃し、人通りもまばら。目に見える少数の風俗店は、皆全て??ごく真っ当なホテルヘルスとソープランドのみ。

 そんな寂れた街-西川口-になぜ今、ピンサロをこよなく愛する私が足を踏み入れたのか??

 読者の方もその辺には大いなる疑問を抱くと同時に、もしかして…という得もいえぬ期待感を持っていることと思われる。

 この大いなる疑問と得もいえぬ期待は、相反するようで、実は直結する。  

 -疑問- 

 なぜ荒廃し、もはや風俗は廃れたといっても過言ではない西川口に足を踏み入れたのか?

 -期待-

 もしかしてNK流が復活してのか? 

 疑問を抱く裏には何かしらの期待がある。そして、それが西川口という曰くつきの街であるならば、その期待の答えは自ずと「NK流復活か?」との解が導き出されて当然だろう。

 事実、その通り。

 私が西川口に足を踏み入れた理由は…

 「西川口にピンサロ復活の(あくまでも)噂あり。しかも当然にNK流!?」

 との情報を耳にしたからだ。

 当然ことながら、この情報に私は色めき立った。ピンサロをこよなく愛する私であるが、実は私と西川口との因縁は深い。

 若かりし頃…といっても30代前半だから数年前だが、多いときには週4日以上、足繁く西川口に通ったものだ。特にオキニがいたという訳ではない。西川口東口に出てすぐにメインストリートに入り、客引きに声を掛けられては写真をチェック。ぐるぐると何週もしてから、その日遊ぶ店を選ぶ。

 素直に、街の雰囲気と女子と合体するというNK流に、ただただ魅せられていた。

 短期間の間にあまりにも通ったので、なじみの客引きもでき、超人気嬢にキャンセルが出たからと、特別に案内してもらったこともあった。

 今思えばいい時代だった。

 素人童貞である私が、まず普通に生活していては出会えないような極上の美女とそう高くない料金で、コトを構えることができたのだから。もちろん、逆の体験も多数経験した。考えられないようなおデブさんの相手もしたし、予想の遥か上をいく、糞ババァとも相手をした。
 
 ただ極上の美女であろうと、今ならまず起たないであろうと思える空想上の生き物だろうと、有無を言わず戦った。

 若かかった…。勢いがあった…。でも辛いこともあった…。

 そんなこんなで、あくまでも噂。真偽は全く闇の中であるが、NK流復活の噂は私の心を躍らせ、そして、私を数年ぶりの現地に辿り着かせた。
 
 これから私は昔を思い出し、西口のメインストリートに向かう。恐らく客引はいないだろう。栄華を誇ったビルも空きテナントばかりだろう。しかし、噂が本当であれば、周囲を巡回する私をみて、恐らく誰が声を掛けてくるだろう。

 その時が勝負だ。

 私は駅前で缶コーヒーを飲み、一息ついてから歩を進めた…。

 つづく。

 To Be Continued.


にほんブログ村 その他ブログへ
果たして西川口で

私を待ち受けていたものは

何者でしょうか??
嬢報共有投稿 クエスト申請書 同士BBS
相互リンクも随時受け付けております。お気軽にご連絡ください。
最新コメント
twitter / pinsarobaka

ピンサロ体験談

最新ピンサロイベント情報

セレクション

新人名鑑

フラットシート特集

回転特集

割引募集掲示板

お願い!ピンサロランキング

ピンサロランキング

Q.第120回:ホワイトデー動向調査2017

お返しをする
貰ってないけどお返しをする
会いにいくのがお返し
普通に抜くだけ
敢えていかない
その他

ブログ内の検索はこちらから
ピンサロ情報の仕入先
スーパー風俗ランキング
口コミ風俗情報局!
にほんブログ村 その他ブログへ


エログ-(エログランキング)
  • SEOブログパーツ


更新確認は⇒RSS
Subscribe with livedoor Reader
My Yahoo!に追加
Add to Google

livedoor プロフィール
無料アダルトサイト検索 A-Pagerank
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ