ピンサロバカ一代~素人童貞の激安ピンサロ情報~

素人童貞のピンサロ紀行。志を誓いあった同志と共に、神奈川、千葉、埼玉、東京のピンサロ店を日々開拓。神奈川は川崎から小田急相模原、本厚木、平塚方面まで。千葉は西船、千葉栄町など総武線上のピンサロをメインにその周辺地域。埼玉は草加、川越、大宮その他点在する全域のピンサロ。そして東京は、現代ピンサロ最激戦区の池袋、五反田、新宿をはじめ、大塚、巣鴨の場末サロンもきっちりフォロー。ピンサロ専門ブログとして日本一の情報量と珠玉の口コミ、フラ系やナック系の大手ピンレポからピンサロの遊び方に用語や知識、その他性病対策までをまとめたピンサロ情報の決定版。

素人童貞だけど、そんな事を悲観せず前向きに生きる男の生き様を描いた物語。主にピンサロに関する体験、妄想、思考を基に、その地域情報を含め、くだらない話から役立つ情報まで広く浅く網羅していきます。
ピンサロ探検隊

神田

【場末突撃日記】好奇心の向こう側へ 神田ピンサロ『ルックルック』後編

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

20代の若者が場末サロンへ行く!という。

手に握ったその札にあと1、2枚上乗せするだけで若くて可愛い女を抱けるというのに、なぜか場末に行く!と息巻いている。

いったいなぜか?なぜ彼は安定を捨てて危険に飛び込むのか??

好奇心か?怖いもの見たさか?まさか希望を抱いているとでもいうのか?それとも、趣味か、性癖か?自殺志願者か…

決して自暴自棄になっているわけではない。念入りにリサーチをし、何度も下調べをしたうえでの突撃だ。

ある者は無謀と罵るだろう。ある者は英雄と崇めるかもしれない。またある者は興味すら示さないだろう、、が見ている人は見ている。

若者の勇気を、英断を、心意気を…

神田『ルックルック』彼の地に飛び込んだ彼はいま何を思うのであろうか。。

衝撃の後半をどうぞお楽しみください。



あんた何が聞きたいのさ

目の前に現れたのは…

アラサーほどの、金髪で巨乳でとても太い、いやものすごくふくよかな女性でした。

ですが、意外にも若いではありませんか!

このレベルの場末であれば、平均年齢は桁違いに高いだろうと考えてたので、思ったより若い方が在籍していることにどこか安心感を覚えました。

この女性を「金さん」とします。

金さんは若いとはいえ、私のストライクゾーンからは大きく外れています。普通のピンサロで出てきたらガッカリしてしまいます。

ですがここは場末ピンサロ、並外れた迫力のあるモンスターに遭遇すると予想していたので、むしろ当たりゲット…でしょうか。

おそらく最初に見た巨体シルエットの正体が金さんだったのだと思います。ということは、お店のスペース的にも空いているソファシートが女性の待機場なのでしょう。

淡々と挨拶を交わし、上着をハンガーにかけてもらうという気配りを見届けてた後、15分しかありませんが、まずはトークを試みます。

場末を全然知らないフリをして…

「ここって結構人気なんですか?」
「あれ?お名前何さんでしたっけ?」

などを聞いてみたところ、私の質問攻めに少し腹が立ったのか…

何が聞きたいの?」と不機嫌そうに言われてしまいました。

よくよく考えればそうです。客が私しかいないのに、人気店とは言い難いでしょう。さらに、黒服のコールでお名前も呼ばれていましたし、そもそも指名という概念が無さそうでしたので、名前を聞いてくる客なんていないのでしょう。

少し気まずい雰囲気になりましたが、金さんは「もっと詰めて座ってください」と私をソファの隅へ促しました。

狭い、、とにかく狭いです。シートと壁までの距離が近すぎですw

ソファやベンチシートのピンサロでは、お客さんは座った状態で、女の子が横向きになってフェラをする往年のスタイルが基本です。したがってこの狭いソファでは端に詰めないと金さんの巨体が収まらないのでしょう。
近距離パワー型 馬力あるフェラチオ

金さんはワンピースの紐を下ろし、ブラジャーとパンティーを剥ぎ取ります。

ガッツリと刷り込まれた大胆なタトゥー、そして豊満すぎるおっぱい、それもFカップぐらいありそうな爆乳が目の前に飛び込んできました。少々垂れ気味ですが、乳首は茶色く、意外にも乳首の大きさは小さかったです。

思わず舐めたくなりましたが、機嫌を損ねる可能性を考えやめておきました。

私もズボンとパンツを脱ぎ、元気の無い下半身を曝け出しました。

金さんは「痛かったら言ってくださいね」という感じでおしぼりで結構強めに拭いて下さり、準備が整ったところでいきなり強めのフェラチオスタート。

さすが場末ピンサロ、「とりあえず抜く」ことだけを想定したフェラです。これこそ ザ・ピンサロ!

ジュポッ!ジュポッ!ジュポッ!

ワンピストンの度に意図的に音を出してきますが、全然気持ち良くありません。作業感が強く、大分単調に感じます。

大きなおっぱいを揉んだり乳首を弄ったりしていると、柔らかい感触で少し興奮が高まり、気づいたら私の肉棒は大きく怒張していました!

すると金さんは「揉むように触って」と機嫌が悪そう。。乳首を弄るのはやめて乳房を揉むことにしました。

女の子って客に乳首を触られたり舐められたりするのを嫌がる傾向にある気がするんですが、どうなのでしょう?

以前学園ピンサロで、自分の手に唾液を付けてマンコや乳首を触ったらギャルにマジギレされたことがあり、大変でした。しかも、その後の空気がどんどん悪くなるもんだからもうプレイどころではありませんでした。⇒当然です。そんなAVみたいなことをしたら女の子も気分が悪くなるでしょう。猛省してください。

とにかく、おっぱいは揉むだけにしとけば女の子に嫌われない!と個人的に思っています。

さて、それは置いといて、金さんのフェラは手でしっかり押さえて激しく上下するタイプだったためか、フェラが続くうちにだんだん痛くなってきてしまいました。

乳首舐めをお願いすると、全裸はNGのため服を捲り上げる形でしてくれます。

手コキも併用してくれますが、どうにもイク気配がありません。段々と私のチンコも萎えてきてしまい、もはや戦闘不能状態…

正直金さんのフェラはもう終わりでもよかったので、イクことに集中するよりも早く時間がくることを願い、目を瞑ってその時を待ちます。

私にとっては随分長く感じましたが、遂に交代の時間がアナウンスされました!

せっかくなのでもうちょっと場末トークしたかったのですが、私のコミュ力が無く心を開いてもらえませんでした。

外見が気持ち悪いので話したくなかったというのもあるかもしれません。フリーでピンサロへ行くと、塩対応ばかりされてしまいます。

おしぼりでチンコ再び念入りに拭かれ、息子にタオルをかけられて1人目の金さんとはお別れとなりました。


場末のイメージそのまんまの熟女

待つこと約2分…

2人目の女性が姿を現しました。

私の目に飛び込んできたのは、黒髪ロングで年齢はおそらく50歳前後、いやもっといっているだろうか、この方もやはり樽さんで、場末のイメージにぴったり当てはまるようなぽっちゃり熟女でした。

この2人目を「黒さん」と呼ぶことにします。

もうここまでくると、アタリとかハズレとかどうでもよくなってきますw

この方もまた巨乳、いや柔らか爆乳でした。ワンピースを脱がなくても分かる、重力の影響をモロに受けたかのような垂れパイがぶら下がっております。

鶯谷の熟女デリヘルなんかで出てきそうなイメージです。

ルックスはまたもやストライクゾーンを大きく外れており、暗くてはっきりとは見えませんが、間違いなく美熟女ではないです。

ここは性格重視に切り替えていきましょう。


鍛え上げて20数年 匠の技術

軽くピンサロトークを交わしたところ、黒さんは元々は巣鴨ピンサロ出身で、今は2年ぐらいこの『ルックルック』で働かれているベテラン嬢でした。

場末経験が長いこともあり色々聞きたかったのですが、2回転ですのでトークタイムはこれ以上長くは取れなさそうな雰囲気です。

私「さっきフェラしてもらいすぎて、今チンコが少し痛いので軽くでお願いしていいですか?」

黒さんは嫌な顔ひとつせず、おばちゃんらしい渋い声で優しく笑い…

あらそうだったの?じゃあソフトな感じのフェラにしよっか、どこ攻められるのが好きとかある?

と一切嫌な顔はせず、親切に私に合わせてくれました。

竿の方が気持ちいいので、亀頭は控えめにしてほしいということを伝えると、希望に沿った優しくて温かいフェラをしていただきました。

これが、めちゃくちゃ上手い!!

フェラの達人でしょうか?さすが、長年場末ピンサロをやっているだけあってか、かなりのテクニシャンです。

片方の手は玉袋を絶妙なタイミングでフェザータッチし、もう片方の手は根元に添える程度で、舌で息子を歯磨きするかのようなフェラ技のレベルの高さは一級品です。

なのですが、、目の前を見ると、ふくよかなオバさんにフェラされている光景がどうしても私の興奮をすり減らし、せっかく硬直した息子がふにゃふにゃになっていくのがわかります。

ストライクゾーンの狭さが悔やまれます。あと、どうしても熟女には抵抗があります。

女の子が年下客を嫌う傾向があるように、男の私は超年上(40オーバー)の嬢が苦手なのでしょう。

ですが目を瞑って好きなピンサロ嬢とベロチューしていることを考えて、本気でイクことに集中してみた結果、黒さんの高度な口技もあって最後の最後で射精達成です。

私「あーいくっ!ダァ!ダァ!ダァァ!

視覚的にはどうしてもエロいとは思えませんが、息子だけは快楽を極めたようです。

私が果て終え賢者タイムに突入してからも、黒さんはしばらく尿道先から溢れ出るザーメンを口で吸い取るように絞り出してくれました。

それから黒さんティッシュに精液を手際よく出し口を拭いてから…

黒さん「イケてよかった〜イカないだろうなーって思ってたからぁ(笑)

と笑顔で言ってくれました。

性的興奮は黒さんに対しほぼ沸き起こらないものの、人情味があふれていてとても心がほっこりしました。

その後も身支度をしながら残りの少しの時間で軽く世間話をしてくれたのですが、久しぶりに会って成長したムスコ(?)に接する母親のような、心の広い母性溢れる温かみが感じられました。

お客さんの扱いにも慣れていそうでした。この時点で、私の心に緊張というものは一切消えていました。

ピンサロの伝統はやはり場末から受け継がれたものか、名刺は無いですが黒さんは一旦退散です。
まとめ

最後まで8シートある店内に客は私ただ1人、レトロな内装に昔のユーロビートが流れ、赤く薄暗い光が灯る場末を象徴したようなその店内は、30分前の私の印象とは違い、まだ、もう少し「生き残り続けなくてはならない場所」だと認識させられました。

黒さんが戻って来ると「忘れ物はない?」と確認してくれ、せっかくなので最後にお茶を少し飲み、『ルックルック』を後にしました。

階段を上った先は昭和の世界ではなく、確かに平成30年現在の世界に戻っていました。

場末(いや超場末と言っても過言ではありません)の昭和旅から無事に生還するという目標を達成することができました!

人によってはこんなことは楽勝でしょう。ですがストライクゾーンが激セマで場末に怯えていた私は、今回の体験により場末へのハードルが大きく下がったような気がします。

それは、まだ完全にではないですが場末ピンサロの良さを実感できたからです。

バカイチ隊長がシリーズ場末として先日突撃された北千住『セブンスター』もそうですが、今回の場末ピンサロ体験も見事ハッピーエンドに終わりました。

昭和を長く生きてきたおじさん(黒服)やおばさん(黒さん)はとても親切で、風俗とは思えない優しさがあります。

ただし、場末では必ずしも上手く事が運ぶとは限りません。皆さんご存知の通り、何が潜んでいるかわかりませんから…

以前大塚の10分1000円の場末ピンサロへ行った際は、そこへ突撃できたという事実には満足しながらも、場末の良さについては全くわかりませんでした。10分では場末を知るのにはあまりにも短過ぎます。

そして、今回の『ルックルック』への訪問で、花びら回転の良さも同時に知る事が出来たと思います。

これが本来のピンサロだったのか、、と。

頻繁には行けませんが、私の場末旅はまだまだ続くでしょう。

長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。


再訪率

【女の子評価】 普通
【店舗総合評価】 静観

☆店舗情報☆
神田『ルックルック』


管理人より

「ファイベン」さん、お疲れ様でした。そして、おめでとうございます。また一歩大きくなられましたね。

超場末である『ルックルック』の体験を経て、このような答え導きだせるとは、男として一枚も二枚も大きくなった証だと思います。

正直、見た目なんてどうでもいいんですよ。スタイルや胸の大きさもそうです。大事なのは、楽しめるかどうか。いかにして自分を高めていくか、相手どうこうじゃなく、まず自分が楽しむこと。

そういった意味では、今回の体験は、「場末に突撃する、そのうえで学園サロンでは得ることができない経験を積む」目的が一貫していてとても良かったと思います。

また、自分の欲望は置いといて、読者の方を楽しませようという配慮も感じ取られました。場末突撃をひとつの作品に仕立てあげようという意気込みも感じました。わたしとしても、いたずらに煽ってしまった責任もございます。

これらのことを踏まえて誠意ある謝礼をご用意しましたので、どうぞお収めください。

おそらくこの後に行く、学園サロンは天国にも思えるでしょう。女の子にも今まで以上の思いやりと優しさをもって接することができると思います。

まだまだ若いですから、色々な経験を積んで立派な男になってください。これからも応援しています。ピンサロを味わいつくしてください!



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

【場末突撃日記】好奇心の向こう側へ 神田ピンサロ『ルックルック』前編

ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

今もなおひっそりと生きのびる昭和の性風俗店…

人呼んで、場末のピンサロ

場末サロンといえば大塚、いやむしろ大塚と聞いて多くの方が真っ先に思い浮かぶのが場末ピンサロというほどに、大塚の場末ピンサロは有名でしょう。

それ故大塚のピンサロは利用者も多く、その分体験談などもたまに投稿されているのを見かけます。

ですが本当の場末ピンサロ、末端ともいえるレトロ感満載のピンサロの「底」への探究心から、都内各地の場末ピンサロを調べ、そして偵察に足を運ぶという行為をここ数ヶ月繰り返していました。

そして、当ブログにて場末開拓使の募集が開始されました。

各地の場末を調査、潜入し、レポートをまとめていただける団員を広く浅く求めます
216c11cf-s

という内容であり、条件を満たせば調査費の一部を管理人のバカイチ隊長に負担していただけるというのです。

お金に困っているけどピンサロに行きたい方はどうか場末開拓使にご参加下さい!(場末同士を増やしたいという個人的な希望です。)

もちろん私もこの企画に参画しようと意気込んでいたわけですが、そこはやはり場末、、ビビってしまい悩んでいるうちにズルズルと時間だけ過ぎてしまいました。

私の普段の体験談の中でもほぼ毎回場末のネタを挟み込んでいるのですが、結局全然行かないのかよ!と思っていた方もいるかもしれません。

そうです、現に私は平成のヤングサロンで若くて可愛い女の子達に頻繁に抜いてもらっていて、場末から逃げていたのです。

しかし、このままではいけない…

当ブログに体験談を投稿すると、アップされた記事の最後に「管理人より」という欄があり、バカイチさんが色々とコメントしてくださるのですが、最近のコメントで

そろそろ場末でしょうか!?

というメッセージをいただき、これ以上引き伸ばしては諦めることになる。突撃すべき時がきた!!

ということで、これを機に本当に突撃するという決心がつきました!


投稿者はこんな方 

【同志名】 ファイベン
【年齢】 20代
【職業】 学生
【ピンサロ暦】 約1年
【主戦場】 池袋
【流儀】 その時々
【属性】 S
【嬢選びの重点】 ランカー
【希望年齢】 20代中盤迄
【ストライクゾーン】 一般的
【好みのタイプ】お姉さん・OL系・白ギャル・清楚・美乳・ちっぱい・ロリ・パイパン
【趣味嗜好】乳首舐め(♂)・乳首舐め(♀)・トーク

実体験に基づく体験談を投稿いたします。どうかお読み下さい。


店舗基本情報&店内環境など

【利用日】 2018年11月上旬
【利用地域】 神田
【店名】 ルックルック
【利用経験】 初めて
【利用方法】 フリー
【待ち時間】 すぐ
【割引使用の有無】 なし
【料金】 30分5000円
【受付接客度】 非常に良い
【生理告知】 なし
【シート】 ベンチ
【店内の明るさ】 暗闇
【遮蔽率】 丸見え
【全裸の可否】 否


場末の底を目指して

皆様お待たせいたしました。(←誰も待ってない)

ホームページも無い(この前まであったみたいですが、閉鎖されたようです)、ネットの情報もほぼ見当たらない、謎に包まれた昭和の場末ピンサロへ突撃して参りました!

場所はもうお分りの方もいるかもしれません、、そこは、、

「神田」

神田と言えば東京、秋葉原、御茶ノ水など主要な駅と隣接するまさに都会!のはずが…

駅周辺には栄えているように見える場所もありながら、神田駅には広範囲に渡り、はるか昔に出来上がったであろう昭和の街並みがひろがります。

街を歩いていると、スナックや外国人系のパブ、そして大量の飲み屋が至る所に見られます。

灯のついていないボロボロのバラック(一時的に建てた粗末な家屋)や営業中なのかどうかの見分けもつかない薄暗い老舗の飲み屋などが違和感なく街に溶け込んでいて、場末ピンサロも3軒ほど現存しています。

(ピンサロは栄えている方にあるので、違和感が半端無いです。)

そのうちの1つ、『ルックルック』へ意を決して突撃して参りました。

なぜ『ルックルック』に決めたかと言うと、場末度合い、入りにくさ、名前のインパクトなど全てが最高ランクだと以前から感じていたからです。

蒲田も迷いましたが、蒲田だと実は若い子もいたりするそうなので、神田の方が場末っぽい体験ができるだろうと考えました。

神田以外にもまだまだ末端の場末ピンサロが現存する地域は沢山あります。

西荻窪『ピーチ倶楽部』や三鷹『モナリザ』、巣鴨『アカデミー』などが場末界のトップに君臨すると思います。外観からして恐怖を感じずにはいられない方も多いでしょう。
平成最後の冬に昭和へタイムスリップ

さて、『ルックルック』です。オープンはおそらく昭和後期でしょうか。開店してから長い年月が経った外観はかなり不気味です。お昼時は特に...

古さで黒ずんだ、『ルックルック』という店名のフォントが薄く浮かび上がる赤いパラペット看板と、場末ならではの専門用語。

完全バック前金制

と表記されたスタンド看板、無駄に大きく存在感のある突出看板に、異空間へと誘われるかのようなその入り口は、何度見ても私の不安を増幅させるのには十分すぎるほどでした。

例えるならレベル1の雑魚が、いきなりボスと対戦するようなものでしょうか。危険にもほどがあります。

無謀に突撃して生きて帰ってこれるのだろうか、どれほどの精神的後遺症を負うのだろうかと恐怖を感じずにはいられません。帰ってこれても、もしかしたらピンサロが嫌いになってしまうかもしれません。

店の入り口から少し離れたところで客引きのおじいちゃん(黒服)が、道を彷徨う雄を見極めながら獲物を待ち構えているかのようです。

駅前の人通りが多い中で、ましてや場末ですから、キャッチに声をかけられて店内へと向かうのは非常に恥ずかしいと感じてしまい、黒服の目を盗んで『ルックルック』へ飛び込みました。

昭和の世界へいざタイムスリップ!!


昭和の怪人

まるでお化け屋敷のような、赤とオレンジの薄暗いライトで照らされたその異様な階段をゆっくりと一歩ずつ進んでいく最中、再び私の心の中に「どうしよう」という迷いが生じました。

ですがもう後戻りはできません。

暗い、、普通のピンサロと違い、明るさが暗いだけでなく闇を抱えていそうな空間は、ドラクエならいよいよラスボスに近づいている所のようなイメージかもしれません。

階段の先の真っ直ぐ行ったところには開きっぱなしの洋式のトイレ、やや右側に受付のようなカウンター、さらに右には2列になった2人掛けの場末らしいソファシートが合計8席あり、1番奥の左は物置のように使われていました。

音楽は昔ながらのユーロビートっぽい曲が小音量で静まり返ったプレイルームへ流れていますが、人の気配がほとんど無く、不気味としか言いようがありません。

これ、音楽無かったら相当怖いと思います。心臓の鼓動が収まりません。。。

それにしても、、声が掛かりません。受付と思しき場所にも誰もいません。

(あれ?おかしいな…)

周りを見渡すと、1番後ろのシートに気づかれまいと体を伏せた巨体のシルエットを見つけました。

おそらく嬢だと思われますが、まさかワンオペ!?たしか2回転だったはずですが...

ヤバイよ、ヤバイよ、、、

背中が凍りつきそうな恐怖が走ります。

ここでようやく気づきました。受付はおそらく先程呼び込みをしていた黒服であることを。であれば、利用するにしろ止めるにしろ一旦階段を上がり、黒服を呼びに行く必要があります。

その場から逃げるように階段を上り、黒服が目を向けていない左方向に本能的に3歩ほど早足で歩きましたが、心の声が「逃げるな!」と私を強く引き止めます。

そうです、今回は場末になんとしても突撃するという覚悟を持ってここまで来たのです。何もせずに帰るわけにはいきません。

死なば諸共、、です。

ブレーキをかけるようにUターンし、自ら黒服に話しかようとしたところ、近づいてくる私の気配に気づき、目を見開いた笑顔で私の元へ向かってきます。

罠に引っかかったな、ヒッヒッヒッ… とでも考えていたのかもしれません。

しかし、とても穏やかで、威圧感などは一切なく、いかにもいい人そうな雰囲気で話しかけてくれました。

黒「どう?お兄ちゃん、さあ入って入って」

私「今の時間って5000円で大丈夫ですか?あと、女性今何人ぐらいいます?」

黒服は少々躊躇ったあと、こう言いました。

「うん、今、、2人いるよ。うちは回転だから15分15分で2人と遊べるから、さあ入って入って!」

一度罠にかかった獲物は何としても逃すまいと私を店内へ招き入れたのでした。

再び階段を降りた先で、「はい、じゃあ5000円ね」と言われ、ダメ元で…

「写真見れますか?」 と聞くと…

「うちは写真ないよ」 と言われました。

予想通りです。素直に5000円を支払い、1番奥の右側のソファシートに通されました。
開かずの扉を開けたら...

大きさは狭めで、薄っぺらい座布団が2枚敷かれたソファの背もたれには、パーテーションの機能を果たす高さは全くありません。振り向けば全シート丸見えです。

私以外にお客は1人もおらず、人の気配がありません。

遂に来てしまった、、

目の前には小さなテーブルと灰皿、そして壁が一部鏡になっており、後ろの様子がわずかに見えますが、部屋の暗さと鏡の汚れでよく見ても何が起きているのかは殆どわかりません。セロテープで貼られた「爪を切って下さい」のような張り紙があったような気がします。

ほどなくして黒服が大きなグラスに入れたお茶を持ってきてくれました。

そのときも笑顔で「はい、じゃあ楽しんできてね」というようなことを言われた記憶があります。

彼は60代ぐらいでしょうか、ピンサロ界を数十年営んできたような貫禄が感じられました。

女性が来るまでのあいだ、心臓の鼓動はピークに達していました。

(2人いるって行ってたけどさっきチラッと見えた大型シルエットの他にもう1人いるということか…)

一体どんな怪物と対戦しないといけないのか、失礼ですがこの時点ではこんな風に考えておりました。

すると、「○○番○○○さんお願いします」

という黒服による小音量のマイクアナウンスが聞こえ、いよいよ1人目のお相手が私の元へ向かってきたようです。

一体どんな女性が来るのだろうか。最初に誤って入ってしまったときの巨体のシルエットの正体が明らかになるのか、いや、別の何かでしょうか…

お婆さんだけはやめてください。本当に無理なんです。

このときの私の頭の中は帰りたいということでいっぱいでした。

後ろの方からノソノソと足音が聞こえます。

目の前に現れたのは…


<後編へ続く>coming soon



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

【他業種体験談】人妻・手コキ 神田『乳ビーナス』痴女の世界にようこそ-その弐

素人童貞ピンサロ  

 その壱はコチラ

 つづき

 ピンサロに比して三割ほど割高であったが、久しぶりに味わう他業種の興奮に財布の紐も緩くなっていた。が、このあと愚息の紐まであんなに緩くなるとはこのときは思いもしなかった。。。

 電話受付完了後、名前と服装を聞かれ、
女の子が迎えに行くからと指定の場所で待つようにと指示。

 駅前から通り一本入るとはいえ、さすがにオフィス街。雑踏が激しい。他のお店か?それとも同じ店を利用する同士?だろうか、指定の場所には明らかに風俗待ちであろう男性が隣にいた。

 そのまま待つこと10分弱。隣の同士が街並みとは一線を画すギャルと手を繋ぎ去っていった。そこから約5分。

 「○○さん…ですか?」

 ふいに掛けられる声の主。ちいさい。ショートヘア。顔も小さい。可愛い。確かに目尻などを見れば年齢は隠せない。しかし、十分である。

 想像していたキレイ系ではなく、どちらかと言うとロリ系。アニメやゲームが好きであることが容易に想像できる。服装も個性的だ。

 予想外の外見に素直に驚きの反応を伝える。嬢は照れたような、はにかむような表情をみせ…

 「年甲斐もなくこんな姿ですみません」

 と、恥ずかしげに語り「コチラです」と、雑踏とは反対の方向へ歩みを進めた。

 プレイ場所となるレンタルルームはすぐ近くにあった。

 入室するとすぐに受付。嬢が『乳ビーナスから来た旨を告げると、券売機にてチケットを購入するよう言われる。

 部屋代は1500円だった。

 部屋は事前に予約されていたようで、すぐに案内。

 ルーム内は、奥に簡易ベッド。その周辺に鏡が配置され、簡易的なシャワーに化粧台。そして、テレビが備えつけられていた。

 部屋は決して広いとは言えない。だが、ナニするぶんには十分すぎる。衛生的で臭いもない。壁が薄いことを除いては、特に気になる店はひとつもなかった。

 それにしても、久しぶりの他業種。数年ぶりのレンタルルーム。女の子と密室で二人きりになるなんて何年ぶりのことだろうか。

 ベッドに座り落ち着かない私をみて嬢が声を掛ける。

 「緊張していますか」と。

 私は無言で頷く。すると、嬢は私の前に座り、手を握り…

 「私も緊張しています。今日はたくさんエッチなことしてあげますね」

 と、微笑をうかべた。

 この外見でこんな言葉をしれっと言うのか!

 早くも愚息が反応する。密室ゆえの期待感が興奮を加速させる。

 嬢はコート、シャツを脱がせるとインナーの上から乳首を触ってくる。

 「ここは嫌いじゃないでしょう。あれ、くすぐったいの?そうじゃないよねー」

 顔を近づけ、囁くように、言い聞かせるようにつぶやく。私は押し殺したような声をあげる。それを見て嬢が手を早める。インナーの中に手をいれ生の乳首をスリスリと…。そのまま両手で乳首をつまみ…

 「バンザイ」と甘く囁く。
 
 またたく間に衣服がはぎとられ上半身が露わになる。そして私の乳首をみて嬢が一言。

 「遊ばれてますねΦωΦ)フフフ」

 なんとも例えようのない笑顔、いや微笑みだった。

 その後、全裸になるように指示される。嬢は脱衣をアシストしながら、自らも下着姿になる。今回のコースは生乳タッチつきなので、下はTバック、上はノーブラタンクトップという個人的に大好きなスタイル。

 ただ悲しいかなおっぱいはとても小さかった。

 プレイは仰向けでスタートした。

 つづく。
 
 To Be Continued. 

*書き溜めていないので続きが遅くなるかもしれません。ご理解ください。

  
~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~
にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング

【他業種体験談】人妻・手コキ 神田『乳ビーナス』痴女の世界にようこそ-その壱

素人童貞ピンサロ  

 こんにちわ。バカイチです。

 今日は先日、一部同士にて話題に上がりました【他業種体験談】をご紹介させていただきます。

 業種はオナクラ?もとい手コキといったほうが適切でしょう。それも人妻(若妻)の。

 今回のお店には以前から注目していました。過去オナクラには何度も行ったことのあるものの、満足こそすれど何か物足りない。

 いったいこの物足りなさは何か?

 キスか?タッチか?リップか?それともフェラか?いや相手が素人すぎるために乗りきれていないのか?

 可愛い女の子に自慰を見られる、手コキをされる。

 正直嫌いじゃない。嫌いじゃないが、できることならいやらしく責めて欲しい。口汚く、蔑みながら罵られたい。それが30歳前後のきれいな人妻であればなおいい。

 ということで選んだお店がコチラ。

 神田オナクラ&手コキ『乳ビーナス

 なぜこのお店をチョイスしたのか。まずコンセプトがベストマッチであること。そして、お店の評判がとてもいいこと。某掲示板は言うに及ばず、とあるサイトをみてもすこぶる評判がいい。

 常にタイミングが遇えば、遭えば、逢えばと思いながら、その時が突然やって来た。

 たまたま仕事でアキバへ。しかし、アポが突発的に順延になり、空白の2時間が生まれる。

 どうする?どうする?さぁどうする?

 抜くことは確定している。問題は場所。

 近隣の上野へ行くか?それとも総武線を下るか?時間的に池袋にも行ける。逆方面はどうだ。近場のサロンエリアは新橋、いや神田…そうだ!神田っ!

 今日こそあそこへ行ってみよう!!

 ということで、秋葉原から神田へ。

 ホームページの指示通り西口から電話をする。

 「もしもし乳ビーナスです」

 野太い声が迎えてくれた。

 私は初めてであること、そしていま神田駅西口にいることを伝え、すぐに案内できるかを先に確認した。もし待ちが1時間強あれば、予定を変更してピンサロへダッシュせねばならない。が、幸いにもスムーズに案内可能。

 であれば…と、嬢を指名する。このお店はネット指名料が無理である。であるならば遠慮なく甘えなくてはならない。

 なんたってM男は我儘でなければならないのだから…。

 気になっていた嬢を数名あげる。その中の二名がすぐだった。一度電話をきり、プロフィールを睨めっ子。

 片や20代前半の巨乳。お客の評判も上々。だが、まだ経験が少ない印象。片や20代後半のチイパイ。しかし、細身でキレイ。身体のラインもエロい。

 だが、それよりもお客様の評判がヤバイ。とりわけ興味を惹きつけた言葉が、紹介文にあるこの言葉。

 兎に角エロい!

 この言葉の多投に熱い期待を込め、断をくだす。

 再度電話をかけ直し、指名する。そして、初めてであるためシステム、コース説明を受けて、生乳タッチ(ノーブラキャミ)のあるコースを選択(コース内容はここでは割愛させていただく。気になる方は公式HPを確認ください)。

 時間はこの後の予定も考えて45分。

 締めて総額10500円なり。

 ピンサロに比して三割ほど割高であったが、久しぶりに味わう他業種の興奮に財布の紐も緩くなっていた。が、このあと愚息の紐まであんなに緩くなるとはこのときは思いもしなかった。。。
 
 つづく。
 
 To Be Continued. 

*書き溜めていないので続きが遅くなるかもしれません。ご理解ください。


~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~
にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング
嬢報共有投稿 クエスト申請書 同士BBS
最新コメント
twitter / pinsarobaka

ピンサロクチコミ体験談

最新ピンサロイベント情報

読んで学ぶピンサロまとめ

新人ピンサロ嬢一覧

フラットシート採用サロン特集

回転サロン特集

割引募集掲示板

お願い!ピンサロランキング

ピンサロランキング

Q.第129回:姫日記を嬢選択の参考に…

大いにする
ほどほどにする
参考程度
あまりしない
見ない

ブログ内の検索はこちらから
ピンサロ情報の仕入先
プロフィール

ピンサロバカ一代

無料アダルトサイト検索 A-Pagerank
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ