ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報

「れれ」でございます。

先日はわたしのわがままにお付き合いいただき誠にありがとうございます。お陰様で私の中のモヤモヤしたものが吹っ切れました。

関連記事⇒「彼氏もオヤヂのベロチューもポジティブに受け入れてくれる性格美人を寝取った男の記録(ひとりごと)」

そこで今日は、昨日お約束したように「れれ 2018年ベスト収穫嬢のひとり」をご報告させていただきます。

この嬢(以下Aちゃん)は、昨年10月の投稿時にチラッと触れた、私の理想である「本物の恋人のようなベロチュー」を何の文句も言わず受け入れてくれる素晴らしい嬢です。

本当は隠し通したかったのですが、、、断腸の思いでご報告させていただきます。
投稿者はこんな方 

【年齢】 40代
【職業】 リーマン
【ピンサロ暦】 約4年
【主戦場(地域】 池袋
【流儀】 絶対指名
【属性】 普通
【嬢選びの重点】 スタイル
【嬢選びの重点詳細】 巨乳大好きの真性星人
【希望(可能)年齢】 20代中盤迄
【ストライクゾーン】 一般的
【好みのタイプ】 清楚・巨乳・美乳
【趣味嗜好】 ディープキス・手コキ

年は重ねていますが、平成31年現在、ピン活4年目の若輩ものです。同志の皆さまの体験談が私の教科書です。


店舗基本情報&店内環境など

【利用日】 2018年9月、11月
【利用地域】 池袋
【店名】 めんこい
【利用経験】 5回以上
【利用方法】 本指名
【待ち時間】 30分~60分
【割引使用の有無】 イベント割
【料金】 30分7000円/8000円
【受付接客度】 非常に良い
【生理告知】 パネルにて
【シート】 フラット
【店内の明るさ】 暗い
【遮蔽率】 完璧
【全裸の可否】 可


2018 れれ版 TOP of TOP

Aちゃんに注目したのは初対戦である9月上旬、そこから遡ること約3か月前の2018年6月、『めんこい』へ移転前の『ぐれふる』での出来事がきっかけでした。

既に7月投稿済みの体験談にも書きましたが…

平日の12時頃、ふらっと入った『ぐれふる』、先客もほとんどいない状況で受付すると、「今ならほぼ全員即いけます」と言われて、トップランカーを指名したら、「即いけます」という言葉通りの返事

であるならばモノは試しにと、気になっていた新人のAちゃんはどうかと聞くと、「すみませんAさんだけは1時間待ちです」と言われたこと。

これがきっかけでした。

たまたまかもしれませんが、トップランカーをしのぐ新人とはどれだけのものかと、れれ版嬢名リストの上位にリストアップされました。

パネルに表示されていた☆カップのスリーサイズは確かに魅力的でした。ですが、ルックスがあまりピンとはきません。そのため、すぐには遊ばずに、ネットの口コをチェックして様子をうかがっていました。

ネットでは賛否含め色々な噂を目撃しましたが、人気爆発!といった類の情報はなく、正直あまり参考にはなりませんでした。

そうして、迎えた初対戦…


2018年9月上旬

東京出張のため前乗りで19時半頃、ホームグラウンドの池袋駅に到着。

『ぐれふる』から移転した『めんこい』は比較的簡単に見つけられましたが、周辺い客引きらしき人物がたむろしていたので一回素通りしてすぐに引き返し、タイミングをずらして階段を下りました。

計画どおりAちゃんを指名すると、約1時間半待ち。前乗りのためその後の予定はなし、即OKし、会計を済ませ、ホテルへチェックインしてからシャワーを浴びて、指定時間5分前に『めんこい』へ戻り、時間通り席へ案内されました。

すぐに「ご指名ありがとうございます」とAちゃんがバスタオルを巻いた姿で飛び込むように入ってきました。

バスタオルイベントがどのようなイベントか知らず、「いきなり何、そんな恰好で来るの?びっくりしたな~」と感嘆の声を挙げると、Aちゃんはニコっと笑って…

ノーパンだよ!ホラっ

と太腿辺りのバスタオルの端を少しだけまくり上げ、ニコっというかテヘッという声が聞こえてきそうな愛嬌のある笑顔を見せて、抜群の笑顔を振りまきました。

「何それーー!そんなイベントだったの!すごい、もうすぐにでも抱きしめたい!」

いつものように少々キモチの悪い発言をしてみたら、Aちゃんは膝立ちのまますり寄ってきて、ビターンと倒れ込むように私に抱き着いてきました。


無防備な笑顔の破壊力

第一印象は、2年くらい前に引退された人妻AV嬢の「篠田あゆみ」さん似かなと思いました。

shinoda

決してお目目パッチリタイプの美人ではないですが、妙な色気があり、男がほっとけないタイプのお嬢様です。

Aちゃんのファンには、「そんなくたびれたおばさんと一緒にするな!Aちゃんは肌もピチピチでまだ若さいっぱいの少女だろう!」と突っ込まれそうですが、全身にただよう気だるいエロエロ感が私好みでとてもそそられます。

それに会話もまだほとんどしていないのに、いきなり抱き着いてくるこのフレンドリーな応対に、一気にハートを鷲掴みされました。

Aちゃんは、私の膝のうえにバスタオルを1枚巻いただけのセクシーな姿で横になり、私を見上げながら、独特のテヘッとした笑顔で、「キスしたい~?」と挑発してきました。

なんなんだこの無防備な笑顔は!オレのベロチューでベロンベロンに舐めまくって、滅茶苦茶にしてやる!

わたしは覆いかぶさるようにAちゃんの唇に吸い付きました。


キスを制するの者はオヤヂを征服する

これまでピンサロで様々なキスを体験してきました。

私の理想とする「恋人同士のような唾液にまみれのベロチュー」をいっぱいしてくれる嬢がいるかと思うと、舌の侵入は絶対固辞する嬢や舌先だけの接触を許可する嬢、舌の絡みをOKしてもおっさんの唾液の侵入だけは頑なに許さない嬢など…

数を重ねるごとに嬢たちのキスを防ぐ努力に戦慄を覚えたこともありました。

しかし、しかしです!!Aちゃんのようにおっさんお膝の上で仰向けになり、「キスしたいんでしょう~?」と受け入れ態勢で挑発してくる女の子は初めてでした。

だって、このままキスしたら私の唾液が一方的にAちゃんに流れ込むことは明々白々です。

ここで言うのもなんですが、私の性癖はいったってノーマル(だと思っています)。なので、AVで時々みるタンツボキッスなんてしたことがないし、嬢が嫌がることは絶対したくありません。

先に「滅茶苦茶にしたろう!」と書きましたが、あくまで私なりに、嬢に嫌われないように極力ソフトに、Aちゃんに唾液が流れこまないように注意しながら、ベロチューを開始しました。

どうせ私が気にする前に、すぐに痛いとか、きついとか言って根をあげるに決まってる。どうせすぐに体位の変更を促してくるだろう。

そうとも思っていました。

ですが結果は、、、わたし史上最高のベロチューでした。これまで体験してきたベロチューのなかでも数々の最高を更新した最強のベロチューでした。

ピンサロ史上最長の接触時間
ピンサロ史上最大の唾液供給量
ピンサロ史上最高のキス体位

などなど…

時間にして約15分間近く、互いの唇がふやけてしまうくらい猛烈に舌を絡めに絡めてベロチューをし続けました。

嫌われないように細心の注意はしたつもりです。ですが、重力には逆らえません。唾液は下へ下へと落ちていきAちゃんの口内へと吸い込まれていきます。

いったいAちゃんは、おっさんの唾液をどれだけ受け入れてくれたのか!!

本当に申し訳ない。頭が下がります。


すべてを受け入れる完璧なる受身

あとAちゃんのベロチューが何がいいかって言うと、やられっ放しというか、されるがままのベロチュであること。

言葉にするなら、ノーガード戦法と言っても良いかもしれません。

私が突っ込みたいだけ舌を長く伸ばして口内を舐めまくっても決して逃げず、唇をベロンベロン舐めても閉じようともせず、唾液がこぼれ落ちるのも気にせず、すべて受け止めて、いや受け入れてくれるんです。

Aちゃんは本物の恋人のように、永遠に続くかと錯覚するかのような蕩けるベロチューを魅せてくれました。

念のためAちゃんの名誉のために言っておきますが、決してマグロではありません。

最初Aちゃんはチューしながら私の乳首を弄り始めましたが、私が丁重にお断りをし、「じゃさわんないね」と言って完全受け身になってくれたのです。

また、15分間もベロチューしっぱなしと言っても、その間チュー以外のこともしっかりさせていただきました。

Aちゃんを左腕で抱きかかえながら、秘部をまさぐろうとノーパンの股間に右手を伸ばし、中指で入口を探し、仕込みのないアソコを滑らせて、手マンを楽しみました。

手マンの最中も「ッン、、ッン、ッッッンンン、ッンン…」といった僅かに漏れ聞こえる吐息のような喘ぎ声をベロチューで吸音しました。 

時折、びくんびくんと大きく反応するので、ベロチューを中断して「痛かった?大丈夫?」と確認すると、Aちゃんは目を閉じたまま首を横にふり「痛くないよ」と小声で呟き、「もっと触っていいよ」と小声で言ってくれました。

Aちゃんのアソコは締まりがきつかった。最初、自分の思い通りの手マンができず苦労しましたが、Gスポットを中指1本で責め続けると、私の背中に回したAちゃんの腕が私をギューっと締め付けました。

様子を窺いながらさらに優しく攻め続けると、Aちゃんは身体を硬直させ、「ンゴ、ン、ン、ンゴゴゴゴ…」と喘ぎ声を漏らしました。

もちろんこの喘ぎ声もベロチューで吸音しました。その後、締めつけていた腕の力がゆるみました。昇天したようでした。

その後もベロチューしながら同じように手マンを続け、トータル4、5回昇天させましたが、Aちゃんはプレイを支配する気は全くなく、完全受け身のままでした。

流石にこのままでは私のイク時間が無くなると思い、「もう満足した?」と問うと、「気持ちよかったよ」と我に返り、ここから攻守交替となりました。

時間にして約15分近く。詳細は上記のとおりです。


お口だけでするノーハンド

すでに語るまでもなくギンギンの愚息ですが、残り時間でイケるかどうかは微妙です。慌ててズボンとパンツを脱ぎ、チャッチャッと手際よく愚息をクリーニング。

Aちゃんが、「どんな格好がいい?」と例のテヘッとした笑顔で聞いてきました。

「おじさんどんな格好でもいいや、Aちゃんがやりやすいような恰好でいいよ」

ええッ、でもどんな格好でするのが良いか教えてほしいなあ

あの笑顔を見せてきます。自分でプレイを支配する気が全くないことがわかりました。

「それじゃ…」とAちゃんの抜群のスタイルをメヒョウポーズで見てみたいと思い、脚の間に入ってもらうことにしました。

ベロチューと手マンで夢中になり、スタイルについて書くのを忘れましたが、Aちゃんは顔だけではなくスタイルも「篠田あゆみ」嬢のようにスリムボインで、普通サイズの乳輪と小さめの乳首、張りのある乳房の膨らみは私好みのオッパイでした。

完全受け身のAちゃんが果たしてどんなフェラをしてくれるのか、少し不安もありましたが、私の脚の間に入ってお尻を高々と上げ、ギン立ちの愚息を咥えたAちゃんは、意外にもノーハンドフェラで最初からガンガン素早く頭を上下させ手抜き無しで攻めてきました。

根っからの遅漏体質なので、果たしてイケるかどうかと心配していましたが、杞憂でした。

Aちゃんの舌先で攻めるポイントが私の性感スポットに合致し、1分もしないうちに射精感が込み上げてきて…

Aちゃんダメだ、もういっちゃう、いっちゃう!」と大声を発し、そのまま口内に気持ち良く射精しました。

Aちゃんは射精後も愚息を暫く咥えたまま吸出してくれ、嬢優先で処理した後、また例のテヘッという笑顔で「気持ち良かった?」と聞いてきました。

「おじさんこんな早くイッたの初めてだよ。Aちゃん見かけによらずテクニシャンだね」

「ほんと?」とまたテヘッと笑って、私の横に座ったと思ったら腕を私の首に回し抱き着いてきました。

しばらくそのまま抱擁してましたが、5分前コールが聞こえたので、「Aちゃん、そろそろ着替えないとダメじゃない?」

Aちゃんは「そう?」と答えて、別に慌てる素振りもなくタオルを巻いて、名刺を書きに出ていきました。

射精後、Aちゃんは愚息をサッサと拭いてくれましたが、シートは拭いてくれなかったので、Aちゃんが出て行った後、ティッシュで拭こうと思ったら、全く濡れていませんでした。

Aちゃんは多くの嬢に見られるように、唾液を垂れ流すような(唾液を飲みこまないような)お行儀の悪いことはしないようです。
後日談

その後、Aちゃんとはタイミングがなかなか合いませんでしたが、11月後半の上京時、念願かなって2か月半ぶりに再開することができました。

日も開いていたせいか、予想通り私のことは覚えていない様子で、適当に世間話をした後、プレイ開始となりました。

相変わらずのエバーラスティングな恋人ベロチュー三昧でした。

今回は前回やり残した嬢の乳弄りも忘れず、美乳を思う存分舐めまわし、堪能した後、Aちゃんのノーハンドフェラで気持ち良く射精することができました。

今回も射精後、抱っこして大分時間が経っても離れようとしないので、「Aちゃん、時間気にしてる?」と聞くと「あんまり気にしてない。テヘッ」と例の笑顔で答えてくれました。

5分前コールがあっても動こうとしないAちゃん。今回はタオル1枚ではなく、服を着なくてはならないので私の方が気になって

「Aちゃん場内アナウンス聞いている?」

聞いてないよ。テヘッ

この笑顔は本当に憎めません。ですが、このままでは私が怒られてしまいます。服を着ながらAちゃんを急き立て、何とか時間内にプレイを終了することができました。

いまこの体験談を書きながら改めてAちゃんから貰った名刺を確認したら、どちらも日付が書いていないことに気づきました。

こういうのは、悪く言えば「ずぼら」と言うのでしょうか?

マイペースなAちゃんに、やる気がないと思う同志の方々もいるかもしれませんが、私にはあの憎めない笑顔と恋人ベロチューが病み付きになりそうです。

2019年もAちゃんのような私好みの素敵な嬢と出会えるよう各種情報源のリサーチを怠らず、ピン活を続けたいと思います。

ご精読ありがとうございました。


再訪率

【女の子評価】 非常に良い
【店舗総合評価】 再訪確実

☆店舗情報☆
池袋『めんこい』
HP:https://men-koi.com/
時間:12時~24時迄



管理人より

「れれ」さん、ありがとうございました。

文章から伝わるAちゃんの自然体。包容力でしょうか。寛容性?感受性?すべてを受け入れてくれる優しさと表現すればいいのでしょうか。もしかしたら何も考えてないだけなのかもしれませんが、きっと根底にあるものは、お客様に尽くす「慈愛」の精神なんでしょうね。

愛のあるキスを求めてやまない「れれ」さんが、隠し通したいと願った極上のキス魔、いやキス天使。

早くも「2019年のピンサロ大賞有力候補」の登場ですね。人気者になる前に「後追い参戦」させていただきます。

次作も超期待してますね!!



~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング