ピンサロランキング素人童貞の激安ピンサロ情報



ここからひげダルマとの会話が始まり、この会話をきっかけに物語は一気にスタートしていく。 


イメージクラブ『○○○○』関係者 ひげダルマ

足を止めたわたしを見て、ひげダルマがよそよそしく近づいてくる。片手をポケットに突っ込み、片手にはタバコが握られていた。

真横まで来たところで、「ちょっと女の子が遅刻していてね…」と少しバツが悪そうな表情を見せて、タバコに火をつけた。

tabako

わたしは、咥えタバコに嫌悪感を示すことなく、ここぞとばかりに確認した。

「ここの(お店の)方ですか?」と。

ひげダルマはあっさりと認め、続けて…

そうだよ、本当は19時には来てるはずなんだけど。寝坊したって、、」と返してきた。

寝坊って、いま20時だぞ。。生活時間はどうなってるんだ? とも思ったが、ひとまず店舗関係者を見つけたことに安堵し、相手に話を合わせる形で色々尋ねてみようと試みた。


つかぬことをうかがいますが、ところで何屋さん!?

maririn

「そーなんですか、じゃいつもならもう営業中なんですね」

そうそう、毎日18時には開いてるよ。今日はあと30分ぐらいかな、もう2、3周回って出直して来てよ、楽しませるからさ

「ははは、2、3周すか、、(もうかなり徘徊しているんだけどな、、)ちなみにここは何屋さん?ヘルス?ピンサロ?

さらっと核心に迫ってみる。この怪しげな異空間は何者なんだ...と

ひげダルマは躊躇うことなく答えた、「サロン。」と。そして顔を近づけてきて、声を落としてこう言った。

本番、最後まで。」と。

まじか!? いきなりのビンゴ!! よもやこうもあっさりとNK流の残党を発見するとは…

わたしは興奮を抑え、無知を装い、聞き返した。

「本サロ?ってやつ??」
そうそう、それ。

10000円で?」看板を指差し、再度尋ねた。

ポッキリ、1万円。」ひげダルマはニヤリと笑って答える。ヤニで汚れた歯が汚い。


赤羽本サロ現代事情

saron

「へー10000円で最後までか~。凄いね。ところで、女の子は何歳なの?」期待もしていないが、念のため確認してみた。

若い子だよ。わかいこ。
「わかいこ?? 20代とか?」
 
そうそう、20代、、へへへへ、30代もいるけどね。今日これから来る子は20代、だから後で来てよ。ほんとにカワイイ子だよぉ~

「ほんとですかー(棒)でもせっかくだからお願いしてみようかな」

そうそうそれがいいよ!! 他はダメだから、ウチがいちばん良心的で安心。あと20分もすれば来るからさ

「20分かー、ん!? 他?? ほかにもあるの、最後までのお店??


赤羽の本サロは複数店存在する!?

akabane2

利用の意思を見せたことで気分を良くしたのか、ここからひげダルマが得意げに語ってきた。赤羽本サロの裏事情というものを。

要約するとこんな感じ。

本サロ営業は数件のみ。昔はもっとあった。でもほとんど潰された。理由は、ひげダルマ曰く「良心的じゃない、真面目にやらないから」だそう。噛み砕いて言うと、いわゆるボッタクリらしい。

話の途中でとある店舗を指差して、「ここなんかもそう(本サロ)だったんだけど、もう無茶苦茶だから今はやってないんだよ」とさらに声を殺して教えてくれた。

要は、違法だから潰されたのではなく、ボッタクリで良心的じゃないから目を付けられて摘発された、、ということらしい。

その点、ひげダルマのお店は、ボッタクリじゃないし、地域に根付いているし、ちゃんと認められているから安心、、だそうだ。

あまりにも謎理論で、超嘘くさかった。


新ジャンル SMオッパブとは??

dpm

当たり前かもしれないが、ひげダルマは私になんの警戒心もないようだった。また、呼び込みに足を止める客がもの珍しいのか、会話を楽しんでいる風でもあった。

わたしは、もっと色々尋ねてみることにした。ちょうどわたしの目の前に同じく怪しげな店の看板があったので、それについても確認してみると...

ん~ここはねぇ、、オッパブみたいなもんかな。あとはSMとか、縛ったりして楽しめるとかだね

「!!? SM要素のあるおっぱぶってこと!?」

そうそうそんな感じ。ソフトだけどね、縛られたり、叩かれたり…

「縛られる?? M男ってこと?? (なんだそれもうわけわかんねぇな)」

面白いお店だけど抜きはないから、ウチにしたほうがいいよ。絶対に。女の子も若いしね、あっちはちょっと、、(口元に手で隠しながら)オバサンだから...

自店に誘導しようとしているのがミエミエだったが、それでも捨ておけないのは、看板から滲み出る裏物臭か、それとも「M男・SM・おっぱぶ」というパワーワードか、あるいは絶妙なネーミングのせいだろうか。※ここの店名も最後に記します。


出会いは運命 全てはピ神のお導きである
df26dc1b


ひとしきりの情報を入手したのち、ひげダルマとのちほどの来店を約束して別れた。

これも何かの縁だ、20代は絶対ないだろうし、もしかしたらボッタの線もあるかもしれないが、そのときはそのときで、ノーサービスで帰ればいい。最悪、初老のヒゲおやぢ1人ならどうにでも振り切れるだろう。。

と、このときはこの怪しげなイメージクラブ『○○○○』の突撃を決めていた、、、が、実はこの後に偶然の出会いが待っていた。

この出会いにより、ひげダルマとの信頼関係が崩れ、それどころか、わたしはさらに赤羽本サロの真実に近づくことになった。

つづく

to be continued


次回、お人好しの客引きと本サロ歴数十年のババアが教えてくれた「本当の赤羽裏事情」が明るみに...ご期待ください。