素人童貞ピンサロ

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

俺は地下への階段を降りたと思ったら、流れるように金を払っていた。このときはまだ冷静で、割引を伝えることも怠らなかった。しかし問題はこの後だ。

黒レザーのベンチシートに腰を掛けた後だ、、予想にも想像にもしないことが起こったんだ。

な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何が起きたのか分からなかった…頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ。



みんなが泣いた あの夏の夜

あれは暑い夏の夜だった。そこには誘い込まれるように入っていった。思えば数十分前、池袋の人気店に入ろうと思ったら、ラーメン屋の長打の列に臆して素通りしたっけな。

なのに、なぜあそこへはすんなりと入れたのだろう。やはりサロン前にはオヤヂが必要だ。自然な形で誘引してくれる。非常に心強い。

いまとなっては悪魔の誘いとしか思えないが…

地下は湿気で少し蒸れていたが、店内にはほどよい冷房がかけられひんやりしていた。いつリニューアルしたのか、内装及びシートが全て改装されて綺麗になっていた。

シートは黒のベンチ。サイズは並。それが不規則に、しかし配置良く並べられ、各席の間仕切りには薄いすだれのようなもので目隠しされていた。

テンポの速いBGMが往年のピンクサロンを醸しだし、暗闇を照らすカクテル光線が緊張と不安を和らげてくれる。

ボーイがお茶を持ってきた。ガラスのコップだ。もちろん手はつけない。メスには手をつけさせてもらうが、フフフ。。

ふと店内を見渡す。だれもいない、というか気配がない。おそらく、いや間違いなく店内には俺一人。待機嬢は、2名、多くても3名だろう。

店の規模、地域性、時間帯、なにをとっても期待できる要素はない。が、フラっと誘われるように怪しげな入り口を降りるのが好きだ。ほとんどが予想通り、時に期待はずれ、まれに逃げ出したくなるような事件に遭遇するが、当たりを引いたときの感激はひとしおだ。

それに最近はピンサロのレベルも上がっていて、場末サロンとはいえ、予想の範疇を超えるモンスターはそういない。。。

あくまでも私の中での考えだが。

これから現れる嬢も良くて30代、悪くて40代、その上は、、、さすがにない、、、かな。。。

と思ったら、あった!あったんだ!まさか、まさか、そのまさかが起こったんだ!

昨今のピンサロでは考えられない、まるで昭和50年代にタイムスリップしたかのようなあの衝撃、ハレー彗星が衝突するかのようなディープインパクトっ!!

目が点になるとはこのことかぁぁァアアァ!!!

いいか、あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何が起きたのか分からなかった…頭がどうにかなりそうだった…人妻だとか熟女だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。

あれは…ババァだ!お婆ちゃんだ!よぼよぼの高齢者だ!

後期高齢者(75)まではいかないだろう、しかし、間違いなく60は超えている。あの肌質、シワ感、祖母なる愛おしさ。

俺は甘くみていた。現代サロンのレベルの高さ、昨今のピンサロ事情に安堵していたのかもしれない。しかし、そんな思いは一瞬で消し飛んだ!

やはり風俗は怖い、場末突撃はリスキーだ、HPが整えられていない店でのフリー宣言は何が起こるかわからない。

もっと恐ろしいもの、生粋の場末サロンの片鱗を味わったぜ。

ここからは、その対決を語っていこう。といってもナニするわけじゃない。ナニされただけだ。

結果だけ先に伝えるが、勝負には負けたが内容には勝った、、、いやそんなカッコいいものじゃないな。。。

ただ後味の悪いものだけが残ったよ。俺も、婆ちゃんも、お店も、、、全てだ。

みんな心では泣いていただろうよ。


ごめんよ、、婆ちゃん。

出会いは突然だった。ふいに現れたんだ。いや正確に言うなら、突然に現れたが、動きはノロかった。暗い店内に足をかけぬ様に、転ばぬよう、シートの手すりを確かめ、ゆっくりとゆっくりと背後から近づいてきたんだ。

「オマタセーシマシタ~♪」

甲高い声で登場したと思ったら、スローな動きで近づいてくるだろう。

やっちまったァァァアアアァアァ!!!

叫んだよ。

だってシワシワなんだぜ。手とか足がシワシワなんだぜ。しかも歩くたびにプルプルしているし、ていうか、なんでそんなに可愛いランジェリー着てるのさ。

腕も足もさ、肩も背中も丸見えじゃん。お婆ちゃん、寒くない??ていうか、杖いる!?持って来ようか?

髪も綺麗にアップしてさ、しかもゴム紐じゃなくて、シュシュなの。可愛くしてるの。こういう仕事だから少しでも可愛く、女を頑張ってるの。

メイクもいいよ。顔なんて真っ白に塗っちゃってさ、まつげもビシッとあげて、アイラインもグロスも綺麗にひいてるんだ。でも悲しいかな、シワは消えないのって。。。

ばぁちゃんよぉ~、もう言葉がでてこないよ。

努力は認めるけど、こういう仕事だからせめて可愛くねって、それも分かるけど、問題はそこじゃないんじゃない。いくら場末サロンと言ったって、60超えたらさすがに不味いでしょ。お店もなんで採用したのさ。

これ酷使だよ、高齢者酷使。超ブラック。だってプルプルしてんじゃん。こんな身体でなにができるっていうのさ、身を屈めるのも辛そうじゃん。狭いシートに横になって、身体を片手で支えながらフェラができる?この身体でさ。

でもやる気なんだよね。こっちの不安も気にしないでさ、ボロリと乳をほっぽり出してさ、、、

おっおぉ!意外にパイオツ大きいね、張りもあるし、Eはあるんじゃない!

ってオイオイ、なに下着まで脱いじゃってんの。調子に乗っちゃダメ。舐めないって!手マンも絶対にしないって!てかフリーだよ。サービス良すぎない?生理宣言でも気にしないよ。

あっ、、ごめん、あがっちゃってるか。。。だよね、さすがにね。
  
ゴメン、婆ちゃん。言い過ぎたよ。そんな顔するなよ、ちゃんと脱ぐからさ。

俺もやることはやるから、、さ。

さてと、こうなったら仕方ない、覚悟は決めた。息子にも挨拶をさせるか、、ってあれ?

ありゃりゃ~息子が照れてるよ、珍しいこともあるもんだ。いつでもどこでもね、ズボン脱ぐときにはちゃんと表に出て挨拶できるのに、なんか今日は奥に引きこもってるな。

おい、おいって、婆ちゃん来てんぞ。久しぶりだろ、数年ぶりだろ、出てきて挨拶しろって!

えっ?なに、気分が悪い。ダメだよ、そんなこといっちゃ。婆ちゃんやる気なんだから、せめて挨拶ぐらいしろって。困るよぉ。

ちょっちょ、婆ちゃんなにやってんの、強引。ちょっと待って、待てって、いまの時代のガキは強引にやっても逆効果。誉めて宥めて、優しくしてやんなきゃ。

ほらね、余計にひっこんじまったよ、、ダメだよ強引にしたら、意地はっちまうよ。

ん?なに!とりあえず婆ちゃんに任せとけって??

はぁ~だからそんな問題じゃないんだっ、、、

ニゅルぅ~っ、ポンっ

はぅっ、な、な、なんだこれ、、なんだこれは、、、う、宇宙?

んん、あれ、あれれ、なに、なにこれ、なんだこのヌメヌメ感は、ねっちょりと言えばいいのか、ぬっちゃりと言えばいいのか、不思議な心地で、、、き、きもちぃ?もしかして、キモチィィ??

あっアァ、あわわわわ、ちょちょっ!婆ちゃんナニしてんの、息子が、息子が笑ってるよ!喜んでるよ!

おっおぉーースゲー、ついに息子が婆ちゃんと対面したよ!!いったい何年ぶりだよっ!ババァに起こされるのは…

さすがババア、老いてなお盛ん、積み重ねてきたテクは伊達じゃない!

…… ...

…… ...

でもね、やっぱりだめだったんだよ。最後まではダメだったんだよ。

だって婆ちゃんが、婆ちゃんが、もたないんだよおぉ。もう身体が泣いてるんだよ。支えられない、体勢が辛い、身体を起こせないって、顔は笑ってるけど、身体が哭いているんだよ。

支点にする右手に力がはいらないから、おっぱいごと全体重を俺にあずけちゃってさ。顎だけを上下させて、口でパクパク吸い込むんだ。

まるで、陸に挙げられて必至に息を吸い込む鯉みたいにさ、口をパクパクさせてさ、亀頭とカリ先の数センチだけをなんとか上下させるんだ。

それも勢いが良かったのは、初めの1、2分かな。あとはもう…ね、見てられなかったよ。

それは息子も同じ気持ちだった。強引に起こされ、挨拶したけど、すぐに奥に引きこもっちまった。その後は、婆ちゃんに起こされた自分を恥じたのかな。。。もう起こしてくれるなって感じで、、、

動きもスローだし、動く範囲内が極々限定的だし、つらそうだし。。。

見たくなかったんじゃないかな。衰えた婆ちゃんを、こんな婆ちゃんを見たくなかったんじゃないかな。

一瞬、ほんの一瞬だけむくりとしたけど、そのあと機嫌が良くなることはなかった。

でもね、それでもね、婆ちゃんは息子に話し続けた。

ほら起きろ、婆ちゃんだぞ。おめぇの好きな好物もってきたからおぎろぉ、太郎、婆ちゃんだぞって。。

もうね、涙がでそうだったよ。婆ちゃんの横顔。責任感じちゃってさ、焦りがみえてさ、必死なの。動きは変わらず超スローだったけど。。。

でさ、俺もう いたたまれなくなっちゃって、言ったんだ。

婆ちゃんもういいよ。今日は難しいみたい、もう休もう...って。

そんときの婆ちゃんの顔をさ、いまでも思いだすんだ。

そうかぁ、そうがぁ~だめかぁ~、ごめんな、ごめんな~婆ちゃんでごめんなぁ。ってね、なんていったらいいのかな、安堵と悔しさと恥ずかしさが混ざり会うような表情がさ。

このあとちょっと話したんだ、婆ちゃんと。

婆ちゃんの名前は「萌(もえ)」、萌婆ちゃん。歳は聞かなかった、いや聞けなかった。

萌婆ちゃんは、アルバイトで週一回の勤務。今日はたまたまその1日、だからこの出会いは奇跡なんだ。

お昼は違うお仕事してるみたいで、夜職は初めて、、未経験の素人さんだ。

この夜には他にもう一人女の子がいたみたい。その子も婆ちゃんかな?

よかったら呼んで来ようか?まだ時間あるじなぁ、その子ならできるかも…って言われたけど、丁重に断ったよ。これ以上、萌婆ちゃんに恥かかせられるかってんだ。

最後は、心からのありがとうを伝えてお別れしたよ。

まだまだ時間あるから…という萌婆ちゃんの静止を振り切ってね、駆け足でお店を出たよ。

その時さ、受付の親父が、「あっ、ちょっ、えっ??ありがとうございました」って小さく呟いた。湿気がこもる階段を上がると、俺を誘因した親父も申し訳なさそうに会釈した。

別に文句を言うつもりはない。苛立ってもいない。怒ってなんかもいない。ただ悲しかった。

イケない悲しさとか、なんでこんな目にとか、そういう悲しさじゃない!

萌婆ちゃんを悲しい気持ちにさせたこと。萌婆ちゃんのような年寄りを採用しなければならないこと、そして、萌婆ちゃんをつけたことをお店が申し訳ないと感じていることに、とても悲しかった。

ばばぁだろうが、ヨボヨボだろうが、干上がっていようが、仮にもピンクコンパニオンとして採用したんだ。だったら嘘でも自信を持て、申し訳なさそうにするな、悪者を貫け、それが風俗店というものだし、なによりも萌婆ちゃんへの礼儀のはずだ。

悪人になりきれない店と俺、そして、ピンクコンパニオンとしての限界を悟った老婆、、、

そんな小心者と傷心者と焦心者たちが、ただただ悲しかった。


この日、この夜、勝者はいない。あるのは敗者だけ。ピンサロの神様は時に残酷なことをする。

久しぶりに神を恨んだ、、夏の日の夜だった。。

おしまい。

※この物語は残念ながらノンフィクションです。ただし、公開したときの影響を考慮し、店名は非公開とさせていただきます。この話は夏の怪談として、皆さまの心の中に留め置いていただければ幸いでございます。


再訪率

【女の子評価】 萌が悪いわけじゃない
【店舗総合評価】 もっと求人に力を入れろ!あと自信がないなら案内するな!


記事の評価にご協力ください。

記事の感想をお聞かせください
婆ちゃんに罪はない
一応ヤッたんかーい!
女に恥をかかすな、手マンもキスもしろ!
で、お店の名前は??
バカイチはひっこんでろ!
build quizzes


~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング