素人童貞ピンサロ

上野『マジックバナナ』の6月イベント衣装が凄かった!

火木土のみではあるものの、なんと用途が限定される「童貞を殺すセーター」で嬢がシートに現れるというものでした。

_UX385_

横乳全開!背中は丸見え!!もちろんノーブラ!!!おしりまでも見えちゃうかも!!?

なんという煽り文句でしょう。

これはぜひとも1度は行っておかねば、、、ということで日程を調整し、6月の土曜日に突撃してきました。


投稿者はこんな方 

【年齢】 40代
【職業】 リーマン
【ピンサロ暦】 約25年
【主戦場(地域)】 東京メトロ全域(主として上野、新橋、新宿)
【流儀】 その時々
【属性】 普通
【嬢選びの重点】 相性
【希望(可能)年齢】 20代中盤迄
【ストライクゾーン】 一般的
【好みのタイプ】 お姉さん・OL系・清楚・巨乳・美乳・モデル・むっちり・美脚・美尻・ロリ・パイパン
【趣味嗜好】 トーク・ディープキス・フェラ

わかりやすく、正確に、内容を濃く、この3点をモットーにして投稿しています。


店舗基本情報&店内環境など

【利用日】 2017年6月中旬
【利用地域】上野
【店名】 マジックバナナ
【利用経験】 5回以上
【利用方法】 フリー
【待ち時間】すぐ
【割引使用の有無】 メルマガ割
【料金】 30分4500円
【受付接客度】 良い
【生理告知】 なし
【シート】 フラット
【店内の明るさ】 普通
【遮蔽率】 前後◎
【全裸の可否】 可


童貞を殺すのに武器など必要ない

「童貞を殺すセーター」

この衣装を纏うということはある程度のおっぱいが必須です。

出勤嬢のプロフィールをチェックすると、夕方くらいであれば巨乳、爆乳も含めて嬢が揃う、それに店も営業に余裕が出てきているはずだ。もしかしたら店が空いていれば「パルプンテ」を唱えて電マが使えるかもしれない。

※パルプンテとはドラゴンクエストの呪文で、唱えるまでなにが起こるかわからないものですが、『マジックバナナ』では同様に、割引、チケット配布、電マ使用許可など突如中身不明のゲリラ特典が実施される傾向にあります。

今日は土曜日、もしかしたらなにか起こるかもしれない…

いろいろな期待を抱き、狙いを夕方に定め、『マジックバナナ』を訪問しました。

店に入ると2人の同志が受付中。2人ともランク外のかわいい感じの嬢を指名していましたが、その嬢はノーマークだったので問題なし。

フリーで受付済ませると、「間もなくいけます」とのことで、料金を支払い、番号札をもらい、待合室に通されました。

この日のメルマガ割は「フリー、指名の区別なく2000円引または1000円引+10分延長の選択制」となっています。

フリーだし、安いほうがいいやと2000円引を選び、4500円の支払い。すぐに札の番号が呼ばれ、シートに案内されました。

このとき、同時に3人の名前が呼ばれたので、コールがよく聞き取れませんでした。そのため、どの嬢がシートに来るのかを把握できず、不安と期待に胸をドキドキさせながら嬢が来るのを待ちました。

その間も通路を通る、「童貞を殺すセーター」着用の嬢をチラ見。背中、横乳を露出させ、シートに向かう後ろ姿を数人見ましたが、、、これはなかなか凄い!

そして、私のシートにも嬢がやってきました…


童貞も殺すが、時に女も殺す

・・・

・・・・・・・・・

あれ?え~と、、ここって巣鴨?あれ大塚でしたっけ?!確か私の記憶では、上野の人気店で若い嬢と遊べると評判の店だったはずですが?!あれれ??

なんと、私の前に現れたのは、お世辞にも若いとは言えず、若く見積もっても30過ぎであろうと思われる、細身のおば・・・おねえさん。

見た目にも疲れた感じがするのを否めません。

それになによりも、どこにおっぱいがあるの?という貧乳。。。

横乳など皆無で、せっかくの「童貞を殺すセーター」も、背中から見るしか楽しみがない挙句、シートに来たばかりの初対面の嬢に後ろを向いてなどとは言えるはずもなく、仕方なく横に並んでトークタイム。

それにしても腕を組んで密着しているのに、まったく柔らかさを感じません。

それとなく「スレンダーでスタイルいいね」なんて思ってもいないことを口走ると、「おっぱいぜんぜんないんだよ。横から見てわかるでしょ?」と横から確認させてくれました。

ザ・まな板、見事なまでのまな板。ただ乳首が付いている、そんな感じです。。。

彼女に非はありませんが、、、これは残念です。残念すぎます。せっかくの衣装も単なる露出度が高いというだけのものになってしまっています。

いたたまれなくなったのか、彼女は、童貞を殺すセーターを何を言うこともなく無言で脱ぎ、Tバックのみになりました。

が、その姿を見ても、まったく魅力を感じません。生物学上の性別が女というだけです。

これから、このおば・・・おねえさんとプレイするのか。勃つのだろうか、楽しめるのだろうか、明るい未来が見えず、ただ気落ちする私でしたが、このあとまさかあんなことになろうとは。。

熟練の経験を生かした圧巻ともいえる怒涛のサービスが、このあと控えているとは、目の前の貧相な身体を見る限りでは、まったく想像も出来ませんでした。。。


性の権化、好きこそものの上手なれ

嬢はおもむろに私の衣類をパンツだけを残して脱がせてきました。

そして、横から抱き着き、片手で背中を撫でつつ、もう片手で乳首を触り、さらに耳を舐めてきました。それだけでなく、足で股間も刺激してきます。

全身を使った老獪な四点責めに、私の愚息は早くもフル勃起。

嬢は「おにいさん、感じやすいほうだね。あたしエッチ好きなんだよね~。いっぱい楽しみたいからゆっくりやるね」と言うや、私に跨り唾液たっぷりにディープキス。

さらに腰を振って私の愚息を刺激してきます。

この合わせ技にガマン汁が大量に滲み出てしまいました。それに気づいた嬢は…

あれ?本当に感じやすいな~。ぬるぬるの透明の汁を舐めるの好きなんだから、パンツ穿いたままでそんなに感じちゃだめだよ

と、私のパンツを脱がせ、亀頭の先をペロッと舐めました。

そして、自分もパンツを脱ぐと、壁に背を向けて座るようにと指示を出して、再び跨ってこようとしてくるのですが、これは完全にNG行為

パンツを履かない男女の跨りなど、ピンサロではあってはならぬ禁止事項、それを率先して行うというのでしょうか。

と、ちょうどそのとき、巡回スタッフがシート横を通り、私と目が合いました。叱責も覚悟しましたが、なんと微笑むのみで注意や警告すら一切なし!

え?もしかして店公認ですか!?


これぞ天職、これぞプロ

嬢は私の愚息を握りながら、アソコを近づけて「入っちゃうよ~。どうする?どうしたい?」と挑発をしてきます。

ダメなことだと理解しつつも、「入れていいの?」と聞くと嬢は「ダメ~。種くれる人はいるからね」と私の太ももに座ってきました。

エッチ好きなんで、プライベートでならすぐに入れちゃった人は何人もいるけど、このお店じゃ無理だしね、ごめんね~

それにダンナいるしさ、さすがにいまは他の人とは無理なんだ。酔うとわかなんないけど、この前も危なかったんだよ

と普通に話してくるので、あやうく聞き逃すところでしたが、、、ん?ダンナがいる!?

まさかの人妻でした(笑)

よくよく聞くと、この店では最年長で結婚はしているけど子供はいない。エッチは好きだけどダンナとはほぼセックスレス。妊活のためだけに不定期にセックスをするのみ。

いままではセフレも数人いて普通にエッチしていたけど、さすがに年齢を考えてもいつまでもそんな遊びをしてられない。でも、趣味と実益を兼ねることが出来るのでピンサロは最適、本番はないのでダンナへの裏切りにはならないし、実際に飲食の仕事をしているので仕事と言って出てきても怪しまれないしね~

ということでしたが、、、なんということでしょう。

学園系ヤングサロンに分類される人気店の一角に、熟女店にいてもおかしなくスペックの人妻が実在していたのです!!

さすがに「ダンナさんに内緒のバイト」という時点で裏切りにはなると思うのですが、利用客からすれば、それは不問。

さらに、挑発されるのみでもちろん挿入はしていないのですが、嬢は私の太ももに跨ったままで秘部を直にこすりつけています。

私も嬢の腰に手を回し、乳首を舐め回しました。乳首はかなり感じるということで、その間、嬢は再び私の耳を舐めていました。

さらに私の太ももから降りると、大量の唾液を愚息に垂らし、ローション代わりにしての手コキ。これがまたかなりの気持ち良さ。

私は早くも絶頂を迎えそうになり「やばい、出ちゃう、出ちゃう」と思わず口走ってしまい、嬢に笑われました。

嬢は「手だとすぐに気持ちよくなっちゃうんだね、じゃあ、ゆっくり口でするね」と言うといまさらながらに愚息を拭き始めました。

数分前には亀頭から滲み出ていたガマン汁をそのまま舐めていたのだから拭かなくてもいいようにも思うのですがそこは嬢に一任しました。


エロさと愛情のこもったオンリーワンのおもてなし

フェラが始まります。さすが経験を積んでいるだけに熟練した圧巻のテクニックです。

普通にしゃぶったかと思いきや、カリ部分で吸い込むように圧をかけてくる。このパワー系テクニックと、ゆっくりねっとりを適度に織り交ぜ、愚息はフル勃起をずっと継続しています。

さらに併行してアナルをフェザータッチしてくれました。怒涛の責めに私は呼吸が荒くなります。

おにいさんは責められるほうが好きそうだね。あたしも興奮して濡れてきた。なにかされて嫌なことはある?

嬢からそんな質問をされたので「ないよ。なんでもして」と答えると、嬢が私にシートに寝るように指示をしてきました。

言われた通りにシートに寝ると、嬢が私の顔に跨ってきて、秘部を顔面に押し付け、さらにこすりつけ、「濡れてきた」と言っている通りに秘部はヌレヌレだったため、私の顔面は秘部より湧き出た淫らな液体でベトベトになってしまいました。

そのまま69へと移行すると、、、あっ!という間に昇天されられてしまいました。

嬢は私から降りて、後処理をするのかと思いきや、プレイ前に店員が持ってきたお茶を飲もうとしています。しかし、お茶を飲むことなく、氷を口に入れたかと思うと小さく噛み砕き、そのままお掃除フェラ

さきほどまでの温かい体感のフェラと違い、今度は一転、冷感フェラ。

私にとって氷を用いてのフェラなど初めての経験であり、冷たさと気持ち良さの融合に、果てたばかりの愚息が再びフル勃起。

オマケ的なお掃除フェラがもはや特別オプションのような、彼女独自の「おもてなし」になっていました。

しかも、これだけではありません。嬢の「おもれなし」はまだまだ続きました。

今度はお茶を少し口に含み、再びフェラかと思いきや、愚息を咥えてうがいをする要領でくちゅくちゅとやっています。これが先ほどの氷の冷たさとは違い、嬢の口内の温度とお茶の冷たさの両方を感じることができて、これまた気持ちいい。

その後は、冷たいお茶も徐々に温かくないき、先ほどの氷による冷感フェラで冷えた愚息を常温に戻してくれる効果もありました。

この一連のおもてなしは、この嬢が開発したとかで、「お茶シャワー」と名付けたそうです。

ここでフラワータイムのコールがかかってしまいました。もっとサービスを受けたかったのですが、料金をケチって10分延長を付けなかったのが痛かった。

しかし、着衣をするにしても童貞を殺すセーターというのは意外と着ずらいものらしく手間取っています。ようやく着たときにはお時間終了のコール。

嬢が急いで名刺を書きに離席し、その間に私はシート清掃。氷とかお茶をプレイに使ったのでシートが濡れてしまってましたからね(笑)

その後、嬢が戻り、出口付近まで手を繋いでお見送り。

最後に嬢は「また来てくれたらもっと楽しませるよ。最年長のサービスはまだまだあるからね」と、『マジバナ』にオキニ不在の私は再訪を約束しました。

学園系ヤングサロンにまさかの熟女。しかし、熟練のテクニックで完成されたサービスをさらにレベルアップさせようとする姿勢。

ま・さ・に・・・プロ。

基本的には若い嬢とイチャイチャするのが大好きなのですが、たまには熟女にめちゃくちゃにされるのもいいものですね~。


再訪率

【女の子評価】 良い
【店舗総合評価】 再訪確実


管理人より

こ、こいつはヤベー!ヤバすぎる!

開けっ広げに人妻を公言するところも、セックス好き、セフレ複数、酔うとヤリマンビッチになるなんていうこともそうですが、それ以上にプレイがすごい!

店公認?の素股から老獪なテクニック。百戦錬磨の勇者を手のひらで転がす神接客。しかも期待はずれのマイナスからのスタートなのに…

好きこそものの上手なれ。

まさにこの言葉がふさわしい風俗嬢の鏡といえる存在ですね。

人妻好きの私には我慢できない神妻です。ゴクリ。。。

「ポケットモンスター」さん、ありがとうございます。とても嬉しい嬢報でした。興奮しました。


記事の評価にご協力ください。

記事の感想をお聞かせください
ぜひ遊んでみたい
エロすぎ!エロ妻最高
ちっぱいはちょっと
やっぱり若い嬢がいい
quotes 2 know


~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング