素人童貞ピンサロ


投稿者はこんな方 

【同志名】 マスゾエ
【年齢】 30代
【職業】 その他
【ピンサロ暦】 約1年
【主戦場(地域)】 千葉
【流儀】 その時々
【属性】 普通
【嬢選びの重点】 相性
【希望(可能)年齢】 30代中盤まで迄
【ストライクゾーン】 一般的
【好みのタイプ】 基本なんでもOK
【趣味嗜好(3つまで)】 アナル舐め・即尺・ごっくん

同志の皆さまと有益な嬢報を共有できましたら、これに勝る喜びはございません。


店舗基本情報&店内環境など

【利用日】 2017年4月後半
【利用地域】 荻窪
【利用経験】 初めて
【利用方法】 フリー
【待ち時間】 すぐ
【割引使用の有無】 イベント割
【料金】 30分4000円
【受付接客度】 非常に良い
【生理告知】 パネルにて
【シート】 フラット
【店内の明るさ】 普通
【遮蔽率】 前後◎
【全裸の可否】 可


葛藤渦巻く短編小説、一気にお読みください

荻窪。

下北沢には遠く及ばない。高円寺・吉祥寺にも勝てない。でも何となくオシャレなイメージがある。

俺には全く縁のないサブカルの雰囲気が漂う街。

そんな荻窪を想像しながら電車を降りる。

改札を抜け、そこに広がっていたのは…普通の風景。走っている車も牛丼屋もうるせーガキどもも至って普通だ。

俺の地元と大して変わらないセンスのカケラもない街。でも、なんか落ち着く。なんか既視感がある。

村上春樹が嫌いな俺はこの街が気に入った。

出だしは好調だった。しかしすぐに道に迷った。村上小説ならこのあたりで浮世離れした出逢いがあるのだろうが、リアリストの俺に運命の女神さまは微笑んでなどくれない。

全て村上春樹が悪い。

結局スマホでググって目的地到着。猫が道案内などしてくるはずがない。ノーベル文学賞など大川隆法にでもくれてやればいい。

目的の店、荻窪『ナックファイブ』は分かりづらい場所にあった。細い路地に人目を避けるように入口があり、地下へと続く階段を降りる。

パネルの前では慣れた感じのボーイ氏が笑顔でお出迎えだ。

ボ「ご指名はおありですか?」
マ「新規割で…おすすめとかあります?」

ボ「それでしたらこの子ですね」
マ「え?でもこのハートマーク生理ってことですよね?」

ボ「ま、まぁそうなんですけど、どうします?」
マ「・・・フリーで」

ボ「はい。それでは新規割で4000円になります。そしてこれが次回以降使える割引券です。すぐのご案内ですのでそのまま奥へどうぞ」

全て俺の狙い通りだ。

新規の恩恵を最大限に享受するために、当初は指名するつもりだった良客を装った。おすすめを尋ね、返って来た答えが何であろうと、「でもこの子XXXですよね?それはちょっと、、フリーで」とぬけぬけと言う作戦成功だ。

「ご新規フリーの恩恵」

俺は未だかつてそれにあずかったことはない。

千葉『バズーカ』を初めて訪れた際、オドオドしていたら伝説の地雷をぶっ込まれた。そんな幾多の経験を経て俺は強くそして狡猾になった。

案内されたのは1番奥のシート。完璧だ。ボーイ氏が飲み物を置き、俺の手にスプレーをして去る。

全ての準備は整った。そして待つこと5分ほどで現れた嬢。

マナーの良い新規客に店側が用意した誠意、それは…

「さっきの生理嬢!?」

どういうことだ?理解が出来ない。計画は完璧だったはずだ。一体どこに詰めの甘さがあったというのか…

しかもこの嬢の第一声、、

「初めまして、こんにちは~、今日生理なんだ~(笑)」

早えぇ(゚Д゚;)

だが、よく見るとなかなかの美人だ。年齢は20代後半くらいだろうか。ギャル風メイクと派手なアクセサリーが印象的で、点数をつけるなら10点満点中7点だ。

こちらから会話を振ってみる。

マ「美人だね!芸能人の◯◯◯に似てるね!」
嬢「う、うん。まあ・・・」

明らかに反応が悪い。

後から分かったことだが、嬢のプロフィールにそのものズバリ「似ている芸能人◯◯◯」とその名が記載されていた。

どうやら俺は事前にプロフィールを読み込んできた策士と判断されたようだ。策士との認識それ自体は正しいのだが、因果応報というやつか。。

とにかく出だしでいきなりの大失点だ。

何とか挽回を図りたいところだが、何も思いつかない俺は苦し紛れに「イチャイチャしたいな~」とキモオジサン丸出しのフレーズに全てを賭ける。

するとこれが功を奏したのか、嬢のほうから「それならば」と距離を詰めてきてくれた。
そしてキス。だが濃厚とは程遠い。

続けて上に乗ってもらい、胸を露わにするが、予想を上回るちっぱいがお目見えだ。

この嬢の売りは「美尻」 それを客が堪能できない生理というタイミングであてがってくる店側の対応に憤りを禁じ得ない。

誠意って何かね?新規客ですよ?

嬢の淡白な攻めはなおも続く。だが、乳首は率先して舐めてくれた。その流れに期待を込めて、俺は右腕を挙げ、無言でワキ舐めを促すが軽くシカトされた。

ツンデレではない。明らかに地雷客と認識されている。

そして嬢に促されるまま俺は下半身を露わにする。当然のように嬢からのアシストは無しだ。

ウェットティッシュに多めにスプレーを吹きかけ、俺のモノを清めはじめる嬢。

「冷たくてごめんね~」と全ての客に言っているであろうお決まりフレーズが切なさを加速させる。

そしてフェラ開始だ。

これは、、上手い!ゆっくり、ねっとり系の熟練の業だ。

弱い刺激では通常びくともしない俺のモノが脈を打つほどいきり立つ。そしてフェラに務めるその横顔は美しく淫靡だ。

これが人気嬢の実力。ボーイ氏が生理でも推してくる理由。

結局、遅漏変態オジサン5分と持たずに発射。後処理は客優先でこの辺りはそつがない。

余った時間は他愛もない会話をする。

嬢はこの仕事を初めて2年程とのこと。それはおそらく、この店での在籍期間のことであろうが、深くは聞かず。

フラワータイムで席を立つ嬢。約5分後、お時間終了のコールとほぼ同時に戻って来る。俺は名刺を受け取り感謝の言葉を述べる。

特別なことは一切ない。いち客と嬢のごく普通のやり取りだ。

手を繋いで出口に向かう。お見送りのキスは無しだ。それでも笑顔で手を振って送り出してくれる嬢に俺も笑顔で応える。

階段を上り地上に出るが、来た時と同じように人通りは無い。当初の計画は何一つ上手くいかなかったが、人と人の距離感が心地良い街。

そんな荻窪にまた来よう。割引券ももらったしね。


再訪率

【女の子評価】 普通
【店舗総合評価】 再訪確実

管理人より

いつもの「マスゾエ節」とは打って変わっての春樹節!?

いや私、実は村上春樹を読んだことがないので分からないのですが、もしかしたらこんな感じなのかなと思ってしまいました。

だとしたらハルキストも嫌いじゃないかも。。。

なんてのは余談で、お店の意図が見え透いた案内でしたね。おそらく次のフリーは彼女で決まりだったのでしょう。

本当であれば人気嬢、しかし生理のため普段ほど指名がつかない。本来、彼女のお客である方さえ、生理ゆえ別の女性を指名する。とはいえ、生理とはいえ人気嬢、オススメする確たる理由もあるし、なおかつお店としてのプライドもプレッシャー(嬢からの圧力)もある。

そこへ現れた策士。。。これだ!とお店が思ったかどうか。

本来、風俗において「新規フリー」は大事にされるべきでしょうが、最近はあまりそんな様子は見受けられないですね。特に回転率を重視するピンサロはそう。新規だろうが、会員だろうが、常連だろうが、フリーであれば余程のことが無い限りバンバン無作為につけていく。

その結果、地雷嬢にあたったとしてもそれは致し方ない。だってフリーだもの。。。と「お店も」思っているような気がします。

事実、一度や二度の地雷ぐらいでは徹底しない方が多いように思います。お店の評判を勘案し、店内の雰囲気を感じ取る。そして、ワンチャンを試みる最たる理由は、店内で見た他の女の子たちでしょう。

今回がたまたまだった…そう思わせる実体験が残像として残るのですから。

だからお店側は新規フリーをざんざいに扱うとまではいいませんが、そこまで注視しないのだと思います。もちろん紳士的なお店もあるにはありますけどね。

私も今回の出来事と同じようなことが最近ありました。またそれは追って愚痴にしてみたいと思います。きっと賛同いただけると思いますので、お楽しみください。

「マスゾエ」さん、ありがとうございました。とっても伝わってきて面白かったです!!


記事の評価にご協力ください。

記事の感想をお聞かせください
面白かった
新規フリーは危険
新規こそ指名すべき
フリーは生理が多い
フリーは何も言えない、言っちゃいけない
QuizMaker


~面白ブログと役立つサイトが盛りだくさん。各種ランキングサイトのアップにご協力オナシャス!~

にほんブログ村 大人の生活ブログ
その他ブログ村

スーパー風俗ランキング

FC2ブログランキング