素人童貞ピンサロ
 
 こんばんわ。素人童貞です。

 お陰様で【同士体験談】も順調に集まってきております。中身も、全店紹介から個別店舗紹介、オキニ自慢、プレイ紹介など…実に様々な内容のレポが次々と届けられています。

 皆さま本当に…

 アザースヽ/・□・\ノ

 これら頂戴した【同士体験談】は随時、吉日をみて公開させていただく形になりますが、一つ一つのレポに目を通して思うことは…

 やはり人ぞれぞれ楽しみ方が違う!

 ということ。
  
 それは、店選びの基準から嬢選び、またプレイ内容まで、十人いれば十通りのこだわりがあるということです。

 中には私の頭では考え付かないような“こだわり”を持つ方までおり、体験談が届くたびに新たな発見をし、更にそれを切欠に今以上、ピンサロに興味を抱く状況にありますッ (`・ω・)ゝ

 やっぱりいいもんですね。ピンサロって…。仲間って…。いやホント「素敵やん♪」って感じです。

 それでは今日は、多数頂戴する【同士体験談】に感謝して、私-バカイチ-のお店体験記をお届け致しますッ。あまり【同士体験談】ばかりを続けても、サボっていると思われても…アレですしね(´-ω-`)

 紹介するお店はコチラですッ!

 新橋ピンサロ『ティアラ』ご存知の方も多いと思いますが、先日紹介した『新橋女学園』とは系列姉妹店。つまり同じ「エースグループ」ということです。
 
 両店の違いを簡単に言うならば…
 
 JKキャンパスサロンの『新橋女学園』に対して、大人の色気・セクシーさを前面に出したセクシーサロン『ティアラ

 といった感じ。

 換言して端的に比較するならば…

 “キャッキャッ”した若さ弾けるヤングを取るか?それとも、お色気たっぷりお姉系の濃厚エロスを取るか?
 
 の違い。

 これは、男性の年代や性癖で大いに好みの分かれるところだと思いますが、はてさて皆さまはどちらがお好みでしょうか?  

 私はと言うと…意外にも後者。若さ溢れるヤングも嫌いではありませんが、20代中盤から後半、酸いも甘いも知ったるお色気お姉さんの濃厚エロスは…嫌いじゃありません。というよりも寧ろ、全然大好きでーす。実はこの日も…

 完全にやられちゃいましたぁぁぁぁ~(´□`。)

 オッホン!んんっ。あーあー、あーいーぅー 

 え~それでは、参りますッ!

 「大人セクシーにもうメロメロ。新橋ピンサロ『ティアラ』濃厚体験報告の巻」

 ですッ。

 今回は臨場感を出して小説風?にお届してみます。

 
 この日も変わらず暑かった。最高気温は34度。高層ビルが立ち並ぶ丸の内方面は、ヒートアイランド現象で更に暑く感じられた。しかも、その日は給料日。更にいうなら金曜日。花金だ。

 時は8月後半。
 
 お盆休みを終え、給料日まで後何日か?と指折り数え耐えてきたサラリーマン達にとって、今日8月24日は、「待ちに待った!」といっても過言ではない特別な1日だろう。

 その証拠に、この日の新橋。今日は飲むぞぉぉ!と完全に終電を見越したであろう気合の溢れたサラリーマンと、それを狙う居酒屋の客引きでごった返している。

 とろこが、そんな慌しい夕刻の新橋にあって一人、完全に目的違いの男-四十路・独身・童貞-そう。素人童貞ことバカイチ、私である。そんな私は…
 
 言寄ってくる客引きを一瞥しては、スグに目を背け、目的の場所まで一目散に歩を進める。

 新橋駅烏森口を出て、サボリーマンの聖地「ニュー新橋ビル」を右手に見ながら信号をひとつ超える。バカでかいパチンコ屋「ビックディッパー」を超えると、スグに左に曲がる細い路地…

 着いた。

 店頭にはセクシーサロン『ティアラ』の看板と、居酒屋の客引きとは明らかに異なる黒Tシャツの男。やけにガタイがいい。

 一歩、一歩と男へ近づく。

 給料が入り、さぁ~飲むぞ!と居酒屋に向かうサラリーーマンとは明らかに違う空気を持つ私。店頭の男は空気の違いを感じたのだろう。三歩踏みだしたところで、ニコやかに私を向かい入れてくれた。

 思えば時刻は17時30分すぎ。新橋は、まさに帰宅ラッシュだ。どこかしこから額に汗したリーマンが集まってくる。しかも、今日は待ちに待った給料日。駅に向かう人よりも、居酒屋に向かう人の方が多いのではないか?
 
 そう思えるほど、その日の新橋は360度見渡す限り…リーマン・リーマン・リーマン。まさに全方位リーマンの連打であるが、幸いなことに一本路地に入ると、比較的人通り少なく、意外にもすんなりと入店できた。

 「一名様、入りやぁ~す」

 店頭の男がインカムで店内のスタッフへ入店情報を伝える。私は階段をおりた。すると、見たことのある従業員が目に入ってきた。

 誰だか分かるだろうか?

 ヒントは先日利用した『新橋女学園』と同じグループ…である。恐らくピンと来た方が多いのではないだろうか…。

 階段を降りると、そこに立つ従業員…

 ご明察。その通り。先日、『新橋女学園』体験時に紹介した、例の女性従業員だ。金髪のショートヘアーに黒Tシャツ&グレーのパンツ。以前と何ら変わらないスタイルだ。

 思わず(あっ!?)と反応してしまったが、今回は2度目とあって余裕があったのか?そこまで戸惑うこともなく、逆に“ニヤッ”と微笑してしまった。

 すると、女性従業員は、それを見て…

 (つд・ ) チラッ (つд・ ) チラッ

 とこちらを見ては、何か気付いたかのような表情。もしかしたら、私が-バカイチ-であることを察知したか?いやいや、それはない。絶対にそれはない。

 恐らく、恐らくは…

 (アレ何処かで見たことあるな…。このオヤヂ??何処だろう?あっ!この前『新橋女学園』に来たオヤヂじゃん)

 ぐらいの認識だろう。きっとそうだ。そうに違いない。

 私は、しまった!と思いつつも、どう考えても自らの身分がバレようはずもない事を冷静に分析し、心を落ち着けた。

 女性従業員は、私の狼狽を特に気にすることなく、先日と同じような注意事項を伝えてくる。しかし、心なしか、前回ほど念入りな注意ではない。これも私と気づいてのことか?と少し勘ぐってしまう。

 仮に私が-バカイチ-だとバレたところで、どうにもならないというか、正直何にも影響しないのであろうが、例えブログ上の人物であれ、性癖であれ、相手に何かを知られているのかも?という疑心暗鬼な状況は、やはり好ましくない。

 とは言いながらも、何もできず、簡易な注意事項を聞いて、手の消毒。そして、どこか不安な気持ちを感じつつも、いざ入店するのであった…。

 ここから店内環境に入る。

 店内は狭く、全部で8席のブースで構成。中央通路を中心に、左右縦4段。完璧な左右対称型だ。天井にはミラーボールが1機。店内の狭さのせいか?思いのほか、暗くない。

 そして、気になるであろう遮蔽は、この席次にしては、悪くない。席はベンチシート。大きさは普通やや大きめといったところか…。背もたれ高く、前後の関係は完全に守られている。しかし、やはり席次の関係上、左右の関係は少々甘い。とは言っても、『新橋女学園』のように、鏡が仕込まれている訳でもないので、全てが見通せるほどでもない。

 具体的には、シートからはみ出した部分が見える程度。もっと言うなら、嬢のセクシーな脚が見える程度だ。

 さて、前半・冒頭でもお伝えしたように、この新橋ピンサロ『ティアラ』大人の色気を前面に出したセクシーサロンになる。

 嬢の年齢は、私の見たところ…約25才前後だろうか。ちょうどいい年頃のお姉さんが、胸元が大きく開いたドレスに、黒の網タイツ(パンスト)+ヒールという“いでたち”で現れる。これにはテンションのあがる御仁も多いことだろう。

 入店して席に通された。少々不安もあったが、その後、女性従業員の態度に特に変な点は見当たらない。

 どうやら、杞憂。いらぬ心配だったようだ。小さいとはいえ、不安が解消されたとあって、私は珍しく水割りをオーダーした。いつもはウーロン茶なのだが、その日は給料日の雰囲気にも乗せられたのだろう。いつもと違うことをした。

 水割りはスグに届いた。

 その日は、さすがに混雑していた。私が案内された時に既に3名?4名?の同士がハッスルしていた。

 スグという触れ込みだったが、少々待たされた。が、この待ちも問題なし。なぜなら、ブースに案内されたということは、待ってもたかが知れた時間であるし、何よりも横の席でハッスルしていた同士がいたからだ。

 先ほど伝えたように、全てを見通せるわけではないが、シートからはみ出すモノは見える。私は、待ち時間の間に隣席の嬢の美脚を視姦していた。

 スラリと伸びる綺麗な脚。じっと動かないと思ったら脹脛に力が入り、急に動く。体制を変えつつ受身、責めに応えていることが容易に推測できた。

 細身の美脚に黒ガーター。

 どんなお姉さんが現れるのか?と期待に胸を膨らませつつ待つこと数分。程なく後方よりプレイ終了のアナウンス。その直後、前方にいた2名が同時にプレイを終えた。どうやら友人同士のようだ。

 大方…

 「給料も入ったし、どうだい?ピンサロ??」

 ってな感じで、来たのだろう。そしてこの後、新橋の居酒屋で反省会も兼ねつつ楽しげにオッパイ、もとい、一杯やるのであろう?

 そう思うと、たまには複数で遊ぶのもいいな。と思ったが、私は基本、一匹狼。いや、そういえば格好はいいが、簡単に言えば、共通の趣味を持つ友人がいないだけだ。

 思えば学生の頃や、まだ20代の頃は飲んだ勢いで団体でピンサロへ出向いていたが、年のころ30を境に一人で行動することが増えてきた。まぁ~原因は簡単なことで、周りの友人がほとんど結婚してしまったからだ…。

 私のように自由に使える時間もなければ、自由に使えるお金もないらしい。しかし、引き換えに“家族”という幸せ?を皆、持ったそうだ…。

 おっと、これ以上は泣いてしまう。この辺にしておこう。
 
 戻って現場。

 先ほどの2名が退席するときに、嬢を2名目撃した。一人は気持ちむっちりしたお姉さん。そしてもう一人は茶髪のロングヘアーが元ヤン風ながらもスレンダー美脚が眩しいお姉さん。

 前者は推定25歳前後。後者は30歳前後と推定される。

 私は今ブースで待っているのだから、順当に考えて、このどちらかが現れるはず。心の中で願った…

 (出来れば推定30歳前後のスレンダーお姉さんが現れますように…)

 と。

 マイクアナウンスが聞こえる。

 「○○さん。○○さん。スタンバイOK。5番シート」

 「○○さん。○○さん。スタンバイOK。7番シート」

 先ほどの2名であることは瞬時に分かった!さぁ~現れるのはどちらだッ?

 気持ちむっちりお姉さんか?それとも私好みのスレンダーお姉さんか?

 ドキドキ&ワクワク。この時間。他の何物にも代え難い。BGMが鳴り響く中、一瞬、静寂したかのような錯覚を覚えた。そして、次の瞬間…

 「お待たせしましたぁ~♪」

 の声と共に私の目に入ってきたのは、なんと……

 つづく。
 
 

にほんブログ村 その他ブログへ
お陰様でライブドアブログランキング

風俗全般部門で

一位をとりました。アザース。皆さまのお陰です