ピンサロバカ一代~素人童貞の激安ピンサロ情報~

素人童貞のピンサロ紀行。志を誓いあった同志と共に、神奈川、千葉、埼玉、東京のピンサロ店を日々開拓。神奈川は川崎から小田急相模原、本厚木、平塚方面まで。千葉は西船、千葉栄町など総武線上のピンサロをメインにその周辺地域。埼玉は草加、川越、大宮その他点在する全域のピンサロ。そして東京は、現代ピンサロ最激戦区の池袋、五反田、新宿をはじめ、大塚、巣鴨の場末サロンもきっちりフォロー。ピンサロ専門ブログとして日本一の情報量と珠玉の口コミ、フラ系やナック系の大手ピンレポからピンサロの遊び方に用語や知識、その他性病対策までをまとめたピンサロ情報の決定版。

素人童貞だけど、そんな事を悲観せず前向きに生きる男の生き様を描いた物語。主にピンサロに関する体験、妄想、思考を基に、その地域情報を含め、くだらない話から役立つ情報まで広く浅く網羅していきます。
ピンサロ探検隊

都内ピンサロを二分する二つの大きな主戦場。 中央線と総武線 あなたの好みはどっち?

素人童貞ピンサロ

 どーも。素人童貞です。今日はお店情報をお休みして、ピンサロ考察のお時間と参りましょう。

 
 今日の議題は…

 
 「中央線?それとも総武線?あなたはどっち!?」です。

 
 では、せっかくのお休みですし…マターリヽ(´ー`)ノといきましょう。

 
 いきなりですが、ピンサロを愛好する方は、マメでフットワークの軽い方が多いです。

 まず手始めに片っ端からピンサロ情報を仕入れる。そして、少しでも気になる情報があったら、とりあえず遊びに行く。仮にそのお店が遠くても、仮に行列ができていても、気になったら遊んで帰る。

 情報を集めるマメな性格も去ることながら、少々の距離を厭わないフットワークの軽さ。そして、待てる!という忍耐力を、ピンサロ愛好家は備えていると思います。
 
 それは美味しいとの評判が聞こえたら、どれだけ辺鄙な場所であろうと食べに行く、「ラーメン愛好家」と通じるものがあるような、ないような…。とりま「ピンサロ愛好家」は、フットワークが軽いという特徴を持つということです。


 しかしながら、そんな軽さをもっていたしても、人それぞれ「主戦場」を持つのも事実。私、童貞なら池袋・練馬・高円寺方面。具体的には会社からの帰宅経路+自宅近隣です。


 皆さまも、遠方のピンサロへ遊びにいくこともあるでしょうが、普段よく利用するエリア=主戦場を持つ方も多いでしょう。私のように自宅近郊や帰宅経路、もしくはオキニがいるなど、理由はどうあれ個々、思い入れの強いピンサロ地帯があると思います。 

 
 そんな中、都内ピンサロ愛好家の中で都内ピンサロ界を二分する大きな主戦場があります。それは、高円寺・吉祥寺に代表される「中央線派」と錦糸町・小岩・西船橋など派内に数件のピンサロ地域が乱立する「総武線派」。この二つです。

 
 先ほども言いましたが、中央線派の代表格は、高円寺と吉祥寺、そして立川です。ピンサロの件数、質、内容ともに豊富で、都内を代表する人気店がゴロゴロする沿線でもあります。皆さまの中にもお世話になっているピンサロが域内にある方、多いのではないでしょうか。

 
 片や総武線派。主なピンサロ地域は、錦糸町に西船橋…と、中央線派の代表格と比べると、数、質で多少見劣りするかもしれません。しかし、中央線派とは異なり、沿線の各駅、そして沿線近郊に小規模のピンサロ地域が無数に乱立します。

 沿線近郊を含めたピンサロの件数は、およそ40近く。また件数もさることながら、その種類も豊富で場末のスナックから昭和、平成、地元の穴場サロンまで多種多様!総武線沿線では実に様々なピンサロを楽しむことができます。

 
 例えるならば中央線派の「王道」に対して、総武線派は「邪道」。ん~ちよっと違うか…「正攻法」に対する「奇襲」。いや、「直球」に対する「変化球」そんなところでしょうか。

 
 ここで両者の線路図について語りたいと思います。

 皆様もご存知のように中央線と総武線は兄弟のような間柄で、一部区間に関しては同じ駅を使用します。名称に関しても中央・総武緩行線(ちゅうおう・そうぶかんこうせん)と言われるぐらいですから、二つで一つ。同じ区間を両者が手分けして運行しています。

 
 なので、「中央線派」or「総武線派」と言っても、ここでは新宿を基点に西が「中央線派」。東が「総武線派」と考えていただければと思います。もっと簡単に言えば、西東京方面or千葉方面といった感じです。

 いかがでしょうか?

 
 冷静に見比べてみると、本当に東西でここまでカラーが変わるものか…と、感心させられはしないでしょうか。

 若くて可愛い新時代のピンサロが多い中央線に対して、新時代のピンサロと旧時代のピンサロが混在する総武線。公式OHPを持たない地域に根付いた地元サロンも多く、穴場的なサロンも見つかる総武線。

 中央線派の各お店が、こぞって若い女の子を雇う学園サロンに転換しているのに対し、総武線派の一部お店は、そんなことはまったく気にせず泰然自若。あるがままの姿で営業を続ける。

 土地柄っていうんですかね?路線が一部被っているぶん、似ているところもある反面、まったく異なるところもある、都内ピンサロ愛好家を二分する大きな主戦場。

 中央線派か?それとも総武線派か?あなたのお好みは、一体どちらでしょうか!?

 
 自宅や、活動範囲の違いはあれど、もし単純に好みだけで考えるなら、どちらの主戦場に惹かれるのか?お時間のある際に各派のピンサロ情報を読み返し、両者の違いを探し、どちらが自分好みなのか?一考してみるのもピンサロ好きとして、乙な時間ではないでしょうか?

 遊びに行くだけでなく、ピンサロにまつわる色々な事を考える。想像する。興味を持つ。これもまた面白い時間だと、私は思います。

 ということで、今日はピンサロ考察「中央線?それとも総武線?あなたはどっち!?」でした。

 それでは今日はこの辺で。ちゃんちゃん♪



にほんブログ村 その他ブログへ
中央線、扉シマリヤァ~ポチッ

総武線、ダッシマリッ~ポチッ

突撃となりの学園サロン~上野ピンサロ『めちゃLOVE学園』神速報告の巻~

素人童貞ピンサロ

 ちわーす。素人童貞です。今日23日は、先日紹介した上野ピンサロ『めちゃLOVE学園』のグランドオープン初日でしたが、あいにくの雨。朝から肌寒く、天気予報などでは「寒の戻り」などと言われておりましたが、皆さん遊びに行かれましたか?

 
 ん!?私ですか?(´ー`)┌フッ 愚問ですね。

 
 もちろん行きましたよ。雨なんて関係なし。なんたって待ちにまった新規店なんですから。

 
 どんな内装?どんな席?そしてどんな美少女がっ…と、期待に股間を膨らまし、仕事が終了すると同時にレッツピンサロ~♪です。
 
 そんなに急いでドコ行くの?という上司、同僚、後輩の奇異の目をかいくぐり、私は無事降り立ちました。上野駅。そこから歩いて5分程度。たどり着いた先は、目的のニューショップ・上野『めちゃLOVE学園』です。

 
 では基本システムの紹介から。


☆完全マンツーマン
☆平成生まれ多数

 
 さて何からお話しましょうか…。結論から先に言えば、予想通りのピンサロでした。若く可愛いと思しき少女がAKB風の制服を着て、ニッコリ笑顔でお出迎え。その後、ほぼ個室風の席内で、お互い全裸になってぇ~のチョメチョメ。

 
 私が前もって想像していたものとほぼ同じ内容で、期待していた通りか?と尋ねられたら…期待通り!と即答するでしょう。嬢、席、環境。実に素晴らしいものでした。

 ただ、何十件ものピンサロを遊び尽くした私からすれば、残念ながら期待以上とまでは行かなかったのも事実。
 
 しかし、店内環境や席種に関しては、想像以上に満足度の高いものもありました。

 
 新規店ということで、まだ情報がない中、恐らく皆さまの気になるところもその辺りでしょうから、今日はその辺を中心に体験談風?に上野『めちゃLOVE学園』を紐解いていきましょう。

 
 まず細長い入口を入るとスグ、受付。そこは待合室にもなっています。ELTのいっくん似のスタッフに前金5000円(キャンペーン価格)を支払い少々待機。

 
 やはり雨のせいなのか、そこまで混んでいないもよう。待合室には1名ほど老齢の紳士がおりました。
 
 紳士が案内された後、5分程度で私の出番。立ち上がり奥へ進むとスグ右へ。思わずビックリ(ノ゚⊿゚)ノ階段です。
外観からは予想だにしない…地下でした。15段ほどの階段を下りると、いかにもって感じの兄ちゃんスタッフと遭遇。両手を差し出し、消毒液をぶっかけられ、席へ案内。

 
 店内は、やや暗め&大音量のBGM。天井には小型のミラボール。席は、通路を真ん中に左右各5,6席。計10~12席といったところでしょうか。
 
 席は入口にカーテンが掛けられており、入るとスグ正面に黒のベンチシート。大きさは普通です。シートの両サイドは、2㍍ほどの壁で覆われています。

 横は壁。正面はカーテン。席内はほぼ個室といって問題ないでしょう。シート自体は大きくありませんが、覆われている空間自体は決して狭くないので、窮屈な感じはしないでしょう。
 
 席に入るとスグ、嬢が現れます。

 名前は伏せますが、年齢は20歳。小柄。制服が似合う愛嬌のある少女です。

 普段はトークもほどほどにサッサとプレイに入る私ですが、今日はオープンということもあり、色々と情報を仕入れます。

池袋にもお店がある。⇒『カワイイハイスクール』ですね。
上も下のタッチもOK。
服を全部脱がしてもOK。男もOK。
クンニも69も大丈夫。

 まとめるとこんな感じです。要はある程度のサービスは基本プレイということです。これらを聞いて安心した私は早速、全裸になり、嬢のカワユスな制服を脱がしにかかります。脱がし途中に、乳舐め、指入れで感度を確かめ、全裸になると同時にクンニに移りとぉ~

 濡れておりました!

 殿、コヤツめ濡れておりましたぞ( ̄Λ ̄)ゞ

 私のテクニックも中々です。
  
 その後は、クンニから座位状態でのフェラに移り、5分前のコールが掛かると同時に発射。最後の一滴まで綺麗に絞りとられ…「ファクサンフェファネ(たくさん出たね)」と笑顔でニッコリ。私もニッコリでした。

 やはり、隣人の目が気にならないのはいいですね。私は見られても気にならないのですが、嬢が言っておりました。

 「人の目を気にしなくていいから、思い切ってデキル」と。

 その言葉通り、トークもサービスも受けも、とても一生懸命に対応してくれました。ホント感謝です。
 
 しかし、ちょっぴり不満な点もあり。それは、私と嬢の二人っきりの空間を覗くスケベーがいることです。せっかくの個室風空間なのに、この覗き魔のせいで集中できません。

 このスケベーな覗き魔。犯人は誰だかわかりますよね。そうです。プレイ中にスタッフがカーテンを少し開け、悪さをしていないかチェックしてくるのです。

 プレイに没頭している時は気付かなかったのですが、クンニから座位フェラに移ったとき… 
 
 カーテン|д´)チラッ 

 目が合いました。気まずいです。その後も定期的に…

 カーテン|д´)チラッ

 
 仕方ないとは分かっているんですが、これホント何とかなりませんかね。ぶっちゃけクンニしてる時とかメッチャ見てる訳でしょ。

 (うわぁ~めっちゃ舐めてるや~ん)

 とか思っているんですかね?正直、あの巡視にどこまで意味があるのでしょうか。私はいまだ理解ができませんが…見るな!とも言えず。ん~気にしないのが一番なんでしょうね。

 ちょっと話が外れました。戻ります。とぃっても、もぅ終わりなんですが…。

 で、射精後、名詞をいただき、手をつないで退転。最後に「いっくん」に会釈をして地上に戻りました…とさ。

 ということで、今日は体験談風?でお届けしましたが、伝わりましたでしょうか?

 
 普段は結局、女の子しだでサービス内容が変わる、利用する男の主観で内容が異なる、という観点から、プレイや嬢にはスポットを当てず、店内情報をメインにそのお店の客観的内情をお伝えするようにしています。

 
 が今日は、新規店ということもあり、まだ諸情報が不足しているかと思い、いつもとは違った形での報告と相成りました。

 
 まとめますと…店は地下。席は全部で12席程度。個室風の空間にベンチシート。嬢の全裸OK。お客の全裸もOK。スタッフのチラ見あり。

 
 とまぁ~こんな感じでしょうか。女の子は接客してくれた子以外、まったく見ることができませんでしたが、恐らく悪くはないでしょう。スタッフの愛想も全然問題なしです。
 
 キャンペーン価格がいつまで適用されるのか分かりませんが、もしこの週末に予定がないようでしたら、上野『めちゃLOVE学園』に行かれてみてはどうでしょうか。


注意!)上野エリアにぼったくり地域あり。

 では今日はこの辺で。よき週末を…。   

-追記-

2014年5月10日、店内環境に変更がございました。現在はカーテンなどが取り外された状態です。同士曰く「立ち上がれば全てを見通せる状態」とのことなので、遮蔽率は30%前後とお考えくださいませ。
 

 

にほんブログ村 その他ブログへ
参考になった方はポッチ

参考にならなくても読んだ方はポッチ

巣鴨・御三家『安全地帯』→『恋するヴィーナス』として復活 巣鴨ピンサロ情報

素人童貞ピンサロ

 んちゃ。素人童貞です。何でも日本では12年ぶりに春一番が吹かなかったそうなのですが、ではこの前の強風はいったいなんだったのか?と思う今日この頃の素人童貞です。

 
 冬将軍が粘り腰のため、桜の開花時期も大幅に遅れているらしく、今年は花見の時期もずれ込む予定。私は毎年この時期、巣鴨ピンサロですっきりの前後、隣駅の駒込まで足を伸ばし、桜の名所「六義園」へ行き、しだれ桜を観覧して帰るという一人花見を行うのですが、どうやら今年は4月に入ってからになりそうですね。

 
 ということで、今日は巣鴨つながりでコチラのお店の紹介です。
 
 巣鴨ピンサロ『恋するヴィーナス

 
 昨年の6月頃にオープンした比較的新しいピンサロになりますが、往年のピンサロマスターの方には『旧安全地帯』といった方が分かりやすいかもしれませんね。

 
 では基本システムのご紹介から。


☆2回転or3回転or指名の選択式。
☆嬢は年配多し。
☆昔からの熱烈なファン多し。

 
 何度かお伝えしたと思いますが、巣鴨には御三家と呼ばれるピンサロがあります。


 『安全地帯』(閉店)
 『ビックワン』(生存)
 『マドンナ』(生存)

 
 の3つです。

 
 この御三家の中で、唯一惜しまれながらも閉店してしまった『安全地帯』の生まれ変わりが、今回紹介する『恋するヴィーナス』というわけです。経営者は変わったようですが、嬢とスタッフは、ほとんど新店舗に継続されたようです。ですから、新店舗である『恋するヴィーナス』も「御三家」と呼んで問題ないのではないでしょか。

 
 そもそも、なぜこの3店舗を御三家と呼び始めたのでしょうか?巣鴨にはこの他にも沢山のピンサロが存在します。なのに、なぜこの3店舗だけが「御三家」と呼ばれ、巣鴨ピンサロを代表するような扱いなのでしょうか?

 
 確たる理由は分かりませんが、恐らくこの3店舗が他の店舗に比べて激しいからだと推測されます。口で言っても…(いつもクチでイッてるんですが(笑))伝わりにくいので、実際遊びにいってもらえたらと思うですが、この巣鴨御三家の各店舗、とにかくサービスが過激なんです。

 
 立ちクンニに始まり、キス、タッチ、手マン、クンニ、69、素股。あくまでも噂ですが、『旧安全地帯』では、嬢によっては独自のオリジナルサービスがあったとか、なかったとか…。

 
 とにかくサービス濃度は、他店に比べて抜きん出ています。

 
 もちろん、その代償として嬢の年齢は高めです。40代超のオバちゃんも珍しくはありません。ですが、それを補って余りあるほどサービスは超過激です。

 
 恐らくこのサービスの過激さが、この3店舗を「御三家」と称し、優良サロンの多い巣鴨ピンサロの中でも各上の存在として、崇め奉られたのだと思われます。

 
 先ほどもお伝えしましたが、サービスは実際に体験してほしいところ。ですが、ちょっと恐怖心のある方は、巣鴨の過去記事を読み返していただければ、少しは想像できると思いますので、ぜひ参考ください。 

 
 でっ、肝心の『恋するヴィーナス』のお店情報です。

 
 店内はちょい暗め。席は横3列縦4段?5段?、全部で12~15席程度。シートは普通のベンチシート。BGMは大音量で、店内は活気あるスタッフと嬢とお客の熱で充満しており、一歩足を踏み入れると、額に少し汗がにじみます。

 
 気になる遮蔽率は低く、他御三家と同様に隣人の目が気になります。しかし、隣人もプレイに必死ですので、実際のところそこまで気にならないでしょう。

 
 では総括です。

 
 巣鴨ピンサロ『恋するヴィーナス』旧店舗『安全地帯』に比べたら、若干サービス面が落ち着いたかな?という印象ですが、それでもまだまだ過激です。嬢は年配のベテランがですが、決して手抜きはなく、容姿が劣るぶん、逆にプレイでカバーするタイプが多いですね。

 
 店名は変わっても御三家は御三家。まだまだ現役です。ぜひご参考にっ!


-追記-

 2013年11月下旬現在。悲しいことにあまりいい評価を聞きません。営業停止明け以降、かつての姿は影を潜めているようです。

 お遊びの際は最新の同士体験談も参考にお店を選択してくださいませ。


にほんブログ村 その他ブログへ
上のタッチ

下のタッチ
嬢報共有投稿 クエスト申請書 同士BBS
最新コメント
twitter / pinsarobaka

ピンサロクチコミ体験談

最新ピンサロイベント情報

読んで学ぶピンサロまとめ

新人ピンサロ嬢一覧

フラットシート採用サロン特集

回転サロン特集

割引募集掲示板

お願い!ピンサロランキング

ピンサロランキング

Q.「ピンサロやめれますか?やめれませんか?」

止める覚悟ができた
将来的に止めようと思う
やめる気がない、やめない!
やめたいけど、やめれない
もう卒業している

ブログ内の検索はこちらから
ピンサロ情報の仕入先
プロフィール

ピンサロバカ一代

無料アダルトサイト検索 A-Pagerank
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ